意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「職員室」とは?意味や類語!「教員室」と「職員室」の違い

「職員室」とは、「学校の教職員が授業以外の校務・事務を行ったり休憩を取ったりする部屋」です。

「職員室」「意味・使い方・職員室と教員室と職務室の違い・例文と解釈・類語(シソーラス)や言い換え・英語と解釈」などについて、詳しく説明していきます。

職員室

Meaning-Book
「職員室」とは?意味や類語!「教員室」と「職員室」の違い>


目次

  • 「職員室」とは?意味
  • 「職員室」の表現の使い方
  • 「職員室に呼び出し」の意味とは?
  • 「職員室」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「職員室」の類語や関連語
  • 「職員室」の英語と解釈


「職員室」とは?意味

「職員室」という言葉は、「学校の教職員(教員・事務員などの職員という身分に分類される人たち)が、授業以外の校務・事務を行ったり休憩を取ったりする部屋」「学校における教員・事務員などの控え室」を意味しています。

「職員室」というのは、「授業がない時に学校の教員・事務員が、授業以外の事務仕事をしたり生徒指導をしたり休憩を取ったりするための部屋」を意味しているのです。

例えば、「先生たちは職員室で次の授業の準備を整えているのです」などの文章において、この言葉の典型的な意味を示すことができます。



「職員室」の表現の使い方

「職員室」の表現の使い方は、「学校環境で、教師(先生)・事務員が授業以外の事務雑務・生徒指導などを行ったり休憩を取ったりしている専用の部屋」を指して使うという使い方になります。

例えば、「一般の生徒は職員室に呼び出されることは滅多にない」「いじめられている時に、職員室登校をしたことで不安が和らぎました」などの文章において、「職員室」という言葉を正しく使用することができます。

  • 「教員室」と「職員室」の違い
  • 「職務室」と「職員室」の違い

「教員室」と「職員室」の違い

「教員室」「職員室」の違いは、「教員室」というのは「教員(先生・教師)だけが事務雑務・生徒指導・休憩のために用いる部屋」という意味になりますが、「職員室」というのは「職員と呼ばれる身分の人であれば、教員(先生)以外の事務員なども使用できる部屋」を意味しているという違いがあります。

「教員室」よりも「職員室」のほうが利用できる人の範囲が広いという違いがあり、「職員室」であれば「教師(先生)以外の事務員・関係者」も控え室として使えるというニュアンスがあるのです。

「職務室」と「職員室」の違い

「職務室」「職員室」の違いは、「職務室」というのは「教職員・会社員などが実際に仕事を執務する部屋」を意味していますが、「職員室」というのは「教員や事務員などが授業以外の事務雑務・生徒指導・休憩をしたりする部屋」を意味しているという違いがあります。

「職員室」という言葉には、「職務室」のように「その部屋の中で実際に仕事を執務する」といったニュアンスはなく、「職員室」には「休憩室・控え室」の意味合いもあるという違いがあるのです。

「職員室に呼び出し」の意味とは?

「職員室に呼び出し」の意味は、生徒(学生)の立場であれば「成績不振・素行不良・友人問題・いじめ問題・出席日数不足・先生に対する反抗的な態度」など何らかの問題があって、教師(先生)から生徒指導・生活指導のために呼び出された可能性が高くなるでしょう。

他の生徒(学生)の前で叱責しにくい内容だったり、本人のプライド(自意識)に配慮して個別に生徒指導・生活指導をしようとしたりする場合に、「職員室に呼び出し」という事態になりやすいのです。

教職員や保護者(親御さん)が「職員室に呼び出し」を受ける場合にも、生徒(学生)が非行行為やいじめなどの何らかの不祥事を起こして、校長・教頭・担任教師から呼び出しを受けるケースが多いのです。

本人に直接厳しく叱責すると「逆ギレしやすい反発する性格」をしている場合などでは、「担任・保護者を職員室に呼び出してからの対応策の協議」をすることが多いのです。



「職員室」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「職員室」を使った例文・短文などを紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「職員室」を使った例文1
  • 「職員室」を使った例文2

「職員室」を使った例文1

「数学の授業(勉強)で分からないところがあった時には、いつも職員室にまで足を運び、数学の吉田先生に教えを請うていました」

この「職員室」を使った例文は、「数学の授業(勉強)で分からないところがあった時には、いつも教職員の控え室にまで足を運び、数学の吉田先生に教えを請うていた」ということを意味しています。

「職員室」を使った例文2

「いじめの被害・ショックが大きくて通学しづらい生徒には、いじめっ子と顔を遭わさないで済むように職員室や保健室を開放していました」

この「職員室」を使った例文は、「いじめの被害・ショックが大きくて通学しづらい生徒には、いじめっ子と顔を遭わさないで済むように(いじめっ子が用事がない限りは入室できない)教職員の休憩室や保健室を開放していた」ということを意味しています。

「職員室」の類語や関連語

「職員室」の類語・関連語について、分かりやすく解説していきます。

  • 「教員室」
  • 「事務室」
  • 「控え室・休憩室」

「教員室」

「職員室」の類語・関連語として、「教員室(きょういんしつ)」があります。

「教員室」というのは、「教員(先生)だけが事務雑務・生徒指導・休憩などのために使用することのできる控え室」を意味しています。

「職員室」というのは、「教員(先生)以外の事務員・職員でも休憩などで利用できる部屋」を意味します。

それらの意味から、「職員室」と似た意味を持つ類義語(シソーラス)として「教員室」を指摘できます。

「事務室」

「職員室」の類語・関連語として、「事務室(じむしつ)」があります。

「事務室」という言葉は、「企業・学校などでバックヤードの事務業務を担当する人たちが職務・休憩などで使う部屋」を意味しています。

「職員室」とは、「学校において職員の身分に分類される教員・事務員などが使うことのできる部屋」を意味しています。

それらの意味から、「職員室」と関連した言葉として「事務室」が上げられるのです。

「控え室・休憩室」

「職員室」の類語・関連語として、「控え室(ひかえしつ)・休憩室(きゅうけいしつ)」があります。

「職員室」という言葉の意味は、「教員(先生)・事務員などが授業・業務以外の休憩のために使う控え室」になります。

そのニュアンスから、「職員室」とよく似た意味合いのある類語として、「控え室・休憩室」を指摘できるのです。

「職員室」の英語と解釈

職員室 meaning in english

「職員室」という言葉は、“the staff room”(スタッフルーム・職員室)や“teachers' room、teachers' lounge”(先生たちの部屋)、“school office”(学校の個室的な教員用の事務所)などの英語で言い表すことができます。

  • “Teachers, hurry up and gather in the staff room.”

“Teachers, hurry up and gather in the staff room.”

この「職員室」という言葉を使った英語の例文は、「先生たち!急いで職員室にまで集まってください」ということを意味しています。

icon まとめ

「職員室」という言葉について徹底的に解説しましたが、職員室には「学校の教職員が授業以外の校務・事務を行ったり休憩を取ったりする部屋」などの意味があります。

「職員室」の類語(シソーラス)・言い換えとしては、「教員室」「事務室」「控え室・休憩室」などがあります。

「職員室」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。