意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「侮れない」とは?意味や使い方!例文や解釈

「侮れない」とは、「軽視することができない・馬鹿にすることができない・甘く見られない」を示す言葉です。

「侮れない」「意味・語源や漢字・読み方・使い方・類語(シソーラス)や言い換え・例文と解釈・反対語・英語と解釈」などについて、詳しく説明していきます。

Meaning-Book
「侮れない」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「侮れない」とは?
  • 「侮れない」の言葉の使い方
  • 「侮れない」の類語や類似表現や言い換え
  • 「侮れない」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「侮れない」の反対語
  • 「侮れない」の英語と解釈


「侮れない」とは?

「侮れない」という言葉は、「軽視(油断)することができない・甘く見ることができない・馬鹿にすることができない・軽々しく扱うことができない」ということを意味しています。

「侮れない」は、動詞「侮れる(侮ることができる)」の未然形に否定の助動詞「ない」が付いた言葉で、「侮ることができない」を意味しています。

例えば、「彼の将棋の腕前は侮れないものです」「このラーメン屋のとんこつラーメンは侮れない美味しさでした」などの文章で、「侮れない」の典型的な意味を示せます。

  • 「侮れない」の語源や漢字
  • 「侮れない」の読み方

「侮れない」の語源や漢字

「侮れない」の語源は、その漢字から解釈していくことができます。

「侮」という漢字の語源的な意味は、「あなどる(人を軽視すること・人を馬鹿にすること)・あなどり(人を軽視したり馬鹿にしたりした言動)・しのぐ(耐えること)」などになります。

「侮」という漢字の成り立ちは、「横から見た人の象形」「髪飾りをつけて結髪する婦人の象形」を組み合わせた形声文字になります。

「侮」の漢字は「晦」の漢字とも意味がつながっていて、「晦」「暗いこと」の意味を継承しました。

そのことから、「暗くて視野にも入らない人(取るに足らない人・甘く見ても大丈夫な人)」を意味するようになり、「侮」の漢字は「あなどる・軽んじる」の意味を持つことになったのです。

「侮れない」の読み方

「侮れない」の読み方は、「あなどれない」になります。



「侮れない」の言葉の使い方

「侮れない」の言葉の使い方は、「相手の存在・能力・実績などを軽く扱うことができない(軽視することができない)場合」「問題状況・課題などを簡単(容易)に解決できると思ってはいけない場合」に使うという使い方になります。

例えば、「彼女は可愛い見た目をしていますが、侮れない剣道の能力を持っています」「この試験は、毎年のようにひっかけ問題を出題してくるので侮れないのです」などの文章において、「侮れない」という言葉を正しく使うことができます。

「侮れない」の類語や類似表現や言い換え

「侮れない」の類語・類似表現・言い換えについて、分かりやすく解説していきます。

  • 「甘く見られない・軽視できない」
  • 「油断できない・気を抜けない」
  • 「隅に置けない・一筋縄ではいかない」

「甘く見られない・軽視できない」

「侮れない」の類語・言い換えとして、「甘く見られない・軽視できない」があります。

「侮れない」という言葉は、「相手を甘く見ることができないこと」「相手の実力・成果などを軽視してはならないこと」を意味しています。

それらの意味から、「侮れない」とほとんど同じ意味合いを持つ類語(シソーラス)として、「甘く見られない・軽視できない」という言葉を指摘することができます。

「油断できない・気を抜けない」

「侮れない」の類似表現・言い換えとして、「油断できない・気を抜けない」があります。

「侮れない」という言葉は、「相手を甘く見て、油断することができないこと」「気を抜いていい加減に対応すると危ういこと」を意味しています。

その意味から、「侮れない」と良く似た意味合いを持つ類似表現として、「油断できない・気を抜けない」という言葉を上げることができるのです。

「隅に置けない・一筋縄ではいかない」

「侮れない」の類語・言い換えとして、「隅に置けない(すみにおけない)・一筋縄ではいかない(ひとすじなわではいかない)」があります。

「隅に置けない」という言葉は、「思っていた以上にやること(実力があり成果も出すこと)」を意味しています。

「一筋縄ではいかない」というのは、「簡単にはやり遂げることができないこと」「そんなにたやすくはないこと」を意味しています。

それらの意味から、「侮れない」の言葉は、「隅に置けない・一筋縄ではいかない」という言葉に言い換えることができます。



「侮れない」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「侮れない」を使った例文・短文などを紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「侮れない」を使った例文1
  • 「侮れない」を使った例文2

「侮れない」を使った例文1

「私の友人は能天気に振る舞っているように見えても、常に先手を打って行動しているので侮れないのです」

この「侮れない」を使った例文は、「私の友人は何も考えず気楽に振る舞っているように見えても、常に先手を打って行動しているので、馬鹿にして甘く見ることなどはできない(軽々しく扱うことはできない)」ということを意味しています。

「侮れない」を使った例文2

「やはりオリンピックだけあって、世界各国から侮れない実力・実績を持つ素晴らしい選手たちが集まってきました」

この「侮れない」を使った例文は、「やはりオリンピック(五輪)だけあって、世界各国から軽視することのできない(過小評価して油断することのできない)実力・実績を持つ素晴らしい選手たちが集まってきた」ということを意味しています。

「侮れない」の反対語

「侮れない」の反対語を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「敬えない」

「敬えない」

「侮れない」の反対語として、「敬えない(うやまえない)」を上げることができます。

「侮れない=軽蔑・軽視できない」という言葉は、「相手のことを低く評価することができない」ということを意味しています。

そして、「敬えない=尊敬・重視できない」という言葉は、「侮れない」とは反対で「相手のことを高く評価することができない」ということを意味しているのです。

「侮れない」の英語と解釈

「侮れない」という言葉は、“can't look down on〜”(〜を見下すことはできない)や“can't make light of〜”(〜を軽く扱うことはできない)、“formidable”(手ごわい・恐るべき)などの英語で言い表すことができます。

  • “We can't make light of her talent in creative work.”

“We can't make light of her talent in creative work.”

「侮れない」という言葉を使ったこの英語の例文は、「彼女の創作的な仕事に関する才能は侮れない」ということを意味しています。

icon まとめ

「侮れない」という言葉について徹底的に解説しましたが、「侮れない」には「軽視することができない・軽々しく扱えない・馬鹿にすることができない」などの意味があります。

「侮れない」の類語(シソーラス)・言い換えとしては、「甘く見られない・軽視できない」「油断できない・気を抜けない」「隅に置けない・一筋縄ではいかない」などがあります。

「侮れない」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。