意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「採算性が悪い」とは?意味や使い方!例文と解釈

「採算性が悪い」とは、「収支やコストを考えたら利益を上げにくい」を示す言葉です。

「採算性が悪い」「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類語(シソーラス)や言い換え・英語と解釈」などについて、詳しく説明していきます。

採算性が悪い

Meaning-Book
「採算性が悪い」とは?意味や使い方!例文と解釈>


目次

  • 「採算性が悪い」とは?意味
  • 「採算性が悪い」の表現や言葉の使い方
  • 「採算性が悪い」を使った例文と意味を解釈
  • 「採算性が悪い」の類語や言い換え
  • 「採算性が悪い」の英語と意味を解釈


「採算性が悪い」とは?意味

「採算性が悪い」という言葉は、「収支のバランスを考えたら利益を上げにくいこと」「コストが大きすぎて(その割に需要が小さくて)利益が余りでないこと」を意味しています。

「採算性が悪い」というのは、分かりやすく言えば、「ビジネス(営利事業)として考えれば、差し引きで利益が出にくいこと」を意味しているのです。

  • 「採算性が悪い」の読み方

「採算性が悪い」の読み方

「採算性が悪い」の読み方は、「さいさんせいがわるい」になります。



「採算性が悪い」の表現や言葉の使い方

「採算性が悪い」の表現や言葉の使い方は、「仕事・事業(会社)の収支を計算してみて利益率が低い場合」「各種コストが大きくてあまり利益が出ていない場合」に使うという使い方になります。

例えば、「採算性が悪い仕事は、できるだけ請け負わないようにしています」などの文章で、「採算性が悪い」の言葉を使えます。

「採算性が悪い」を使った例文と意味を解釈

「採算性が悪い」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「採算性が悪い」を使った例文1
  • 「採算性が悪い」を使った例文2

「採算性が悪い」を使った例文1

「採算性が悪いため、仕方なくこの商品の生産をストップすることにしました」

この「採算性が悪い」を使った例文は、「生産コストが大きくてあまり儲からないため、仕方なくこの商品の生産をストップすることにした」ということを意味しています。

「採算性が悪い」を使った例文2

「採算性が悪ければ、そのビジネスを長期的に継続することは難しくなります」

この「採算性が悪い」を使った例文は、「差し引きの収支で利益が出ていなければ、そのビジネスを長期的に継続することは難しくなる」ということを意味しています。



「採算性が悪い」の類語や言い換え

「採算性が悪い」の類語・言い換えについて紹介していきます。

  • 「利益を得にくい・利益が出にくい」
  • 「儲けにくい・儲からない」
  • 「コスト(費用)が大きくて利益がでない・差し引きで儲けが少ない」

「利益を得にくい・利益が出にくい」

「採算性が悪い」の類語・言い換えとして、「利益を得にくい・利益が出にくい」があります。

「採算性が悪い」という言葉は、「時間や仕入れなどのコストが大きくて利益が出ないこと、出しにくいこと」を意味しています。

その意味から、「採算性が悪い」と似た意味を持つ類語として、「利益を得にくい・利益が出にくい」を指摘できます。

「儲けにくい・儲からない」

「採算性が悪い」の類語・言い換えとして、「儲けにくい・儲からない」があります。

「採算性が悪い」とは、「収支が悪くて儲けにくいこと」を意味しています。

その意味から、「採算性が悪い」は率直な言葉として、「儲けにくい・儲からない」に言い換えることができます。

「コスト(費用)が大きくて利益がでない・差し引きで儲けが少ない」

「採算性が悪い」の類語・言い換えとして、「コスト(費用)が大きくて利益がでない・差し引きで儲けが少ない」があります。

「採算性が悪い」という言葉は、「コストが大きくて差し引きで利益が出ないこと」を意味しています。

その意味から、「採算性が悪い」「コスト(費用)が大きくて利益がでない・差し引きで儲けが少ない」という言葉に言い換えられます。

「採算性が悪い」の英語と意味を解釈

採算性が悪い meaning in english

「採算性が悪い」の言葉は、“unprofitable”(利益のない・採算性が悪い)や“have a poor profit”(利益が乏しい)などの英語で言い換えることができます。

  • “The president blamed an unprofitable(underperforming) unit.”

“The president blamed an unprofitable(underperforming) unit.”

この「採算性が悪い」を使った英語の例文は、「社長が採算性が悪い部門(業績が悪い部門)を非難していた」ということを意味しています。

icon まとめ

「採算性が悪い」という言葉について徹底的に解説しましたが、「採算性が悪い」には「収支やコストを考えたら利益を上げにくい」などの意味があります。

「採算性が悪い」の類語(シソーラス)・言い換えとしては、「利益を得にくい」「儲からない」「差し引きで儲けが少ない」などがあります。

「採算性が悪い」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。