意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「我ながら」とは?意味や類語!類語や例文を紹介

「我ながら」という言葉の読み方や意味を紹介します。

さらに「我ながら」を使った言葉を紹介し、「我ながら」を使った例文を紹介して行きます。

我ながら

Meaning-Book
「我ながら」とは?意味や類語!類語や例文を紹介>


目次

  • 「我ながら」とは?
  • 「我ながら」の使い方
  • 「我ながら」を使った言葉と意味を解釈
  • 「我ながら」を使った例文や短文など
  • 「我ながら」の類語や関連語


「我ながら」とは?

「我ながら」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

「我ながら、上手にできた」などと、言った経験がある人もいるかもしれません。

もちろん「我ながら」という言葉を、今回初めて知った人もいるでしょう。

そこで「我ながら」という言葉の、読み方や意味を紹介します。

  • 「我ながら」の読み方
  • 「我ながら」の意味

「我ながら」の読み方

「我ながら」「われながら」と読みます。

「我」「われ」と読み、「が」と読まないように気を付けましょう。

これを機会に、「我ながら」「われながら」と読みましょう。

「我ながら」の意味

「我ながら」には、どのような意味があるでしょうか。

「我ながら」には、「自分ながら」という意味があります。

「我」には「自分」という意味があります。

「我ながら」という時は、自分のことを客観的に見ています。

みなさんも第三者のように自分の言動を見た時に、「素晴らしい」「偉い」と感じることがあるかもしれません。

このような時に、「我ながら」という言葉を使います。

このように「我ながら」には、「(第三者的に自分を見て)自分ながら○○」という意味があります。



「我ながら」の使い方

「我ながら」という言葉の使い方を紹介します。

「我ながら」には、「自分ながら」という意味があり、第三者目線で自分を見た時にどう思うかを続ける言葉になります。

ポジティブな場合も、ネガティブな場合もあり、様々な感想を「我ながら」に続けられます。

例えば仕事でプレゼンを成功させた時に、第三者目線でプレゼンを成功させた自分の姿や、内容を振り返り、「素晴らしい」と感じることがあるでしょう。

このような時、「我ながら、素晴らしいプレゼンだった」と言います。

また恋愛の場面でも「我ながら」を使えます。

例えば告白に失敗した時、告白した自分の姿を思い出し、「ひどい告白だった」と考えるかもしれません。

このような時、「我ながら、ひどい告白だった」という感想になります。

このように、自分の言動を、第三者目線で見て感想を言う時に、「我ながら」という言葉を使ってみましょう。

「我ながら」を使った言葉と意味を解釈

次に「我ながら」を使った言葉を紹介し、意味を解釈して行きます。

「我ながら」を使った言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「我ながら情けない」
  • 「我ながら呆れる」
  • 「我ながらあっぱれ」

「我ながら情けない」

「我ながら情けない」という言葉があります。

客観的な視点で見て、自分を情けないと感じる時、「我ながら情けない」という言葉を使います。

例えば、ダイエットをしようと決めたのに、三日で挫折してしまった時、誰よりも自分が、「情けない」と感じるかもしれません。

このような時に、「我ながら情けない」という言葉を使います。

ダイエットのような小さな目標を挫折したことは、他の誰よりも自分がいちばん知っています。

そのため、「我ながら情けない」という言葉が口に付きやすくなりそうです。

「我ながら呆れる」

「我ながら呆れる」という表現もあります。

「呆れる」「あきれる」と読み、「好ましくないことに対して、驚く」という意味があります。

例えば、三日連続で寝坊してしまった時、「我ながら呆れる」かもしれません。

一日なら自分を情けないと思ったり、責めたりするかもしれませんが、三日連続となると、驚きの方が勝るかもしれません。

このように、自分のふるまいを第三者目線で振り返り、好ましくないことに対して驚く時、「我ながら呆れる」という言葉を使います。

「我ながらあっぱれ」

「我ながらあっぱれ」「あっぱれ」には「称賛すべきこと」「誰かが素晴らしい行いをしたこと」などの意味があります。

自分のふるまいに対して、後から客観的に振り返った時、称賛すべきことだと思った時に、「我ながらあっぱれ」という言葉を使います。



「我ながら」を使った例文や短文など

「我ながら」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「我ながら」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「我ながら」を使った例文1
  • 「我ながら」を使った例文2

「我ながら」を使った例文1

「今日の料理は、『我ながら』美味しく作れた」

料理をする人なら、この例文のようなセリフを口に出したことがあるかもしれません。

いつも、プロのように美味しい料理を作れるわけではありませんが、時々、客観的に味わってもプロ顔負けだと思える料理を作れます。

このような「我ながら美味しい料理」は、家族や友達に食べさせたくなるかもしれません。

「我ながら」を使った例文2

「今日は、『我ながら』よく歩いた一日だった」

仕事を終えた後などに、この例文のような思いを持つ人もいるでしょう。

歩数にして1万歩程度歩くと、このような感想を持つことができるかもしれません。

営業回りで、あるいは会社内の雑務などをして、結果的にたくさんの歩数を歩いた時、「我ながらよく歩いた」と言います。

また旅行先でたくさんの観光地を巡った結果、この例文のように思うこともあるかもしれません。

観光中は夢中なので気付きませんが、寝る前に足が痛いことに気付き、日中の様子を客観的に振り返り、「我ながら歩いた」と思うかもしれません。

「我ながら」の類語や関連語

最後に「我ながら」の類語や類似表現を紹介します。

「我ながら」と似たような言い回しには、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「自分で言うのも何だが」
  • 「本人が言うべきではないけど」

「自分で言うのも何だが」

「自分で言うのも何だが」という言葉の後で、自慢話をした経験があるかもしれません。

「自分の言うのも何だが、俺はイケメンだろ」という場合、「自分で言うのはおかしいが、俺は顔立ちが整っていると思う」という意味があります。

自慢話は嫌われがちですが、「自分の言うのも何だが」と前置きすることで、冗談のように言えます。

「本人が言うべきではないけど」

「本人が言うべきではないけど」の後に、開き直ったようなセリフをつなげることがあります。

例えば、「本人が言うべきではないけど、悪いのは、遅刻した俺だ」などです。

「本人が言う立場にはいないけれど」という意味があります。

icon まとめ

「我ながら」という言葉について見てきました。

自分のふるまいを、後から第三者目線で振り返るのは、成長につながり、将来に役立つ行為でしょう。

自分を客観的に見る癖がある人は、「我ながら」という言葉を使う機会が多いかもしれません。