意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「殿様商売」とは?意味や使い方!「殿様商売」の例文!

「殿様商売」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「殿様商売」を使った例文や、「殿様商売」の類語などを紹介して行きます。

殿様商売

Meaning-Book
「殿様商売」とは?意味や使い方!「殿様商売」の例文!>


目次

  • 「殿様商売」とは?
  • 「殿様商売」の使い方
  • 「殿様商売」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「殿様商売」を使った例文や短文など


「殿様商売」とは?

みなさんは「殿様商売」という言葉を知っているでしょうか。

同じ業界になる会社の商売の仕方が、「殿様商売」と感じたことがあるかもしれません。

一方で、「殿様商売」という言葉を、今回初めて知った人もいるでしょう。

そこで「殿様商売」の読み方と意味を紹介して行きます。

  • 「殿様商売」の読み方
  • 「殿様」の意味
  • 「殿様商売」の意味

「殿様商売」の読み方

「殿様商売」の読み方を紹介します。

「殿様商売」「とのさましょうばい」と読みます。

「殿様」「とのさま」「商売」「しょうばい」と読みます。

それほど難しい漢字は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に「殿様商売」「とのさましょうばい」と読むようにしましょう。

「殿様」の意味

「殿様商売」に使われている「殿様」には、どのような意味があるでしょうか。

「殿様」は、「貴人や主君、領主などの敬称」として使われることがあります。

また「江戸時代における、大名や旗本」など、高級武士と呼ばれる人たちをまとめて「殿様」と言うケースもあります。

さらに「殿様」には、「生活に恵まれていて、何事にも鷹揚な人」または「世事に疎い人」のことを「殿様」と呼ぶこともあります。

「殿様商売」に使われている「殿様」は最後の意味になります。

「殿様商売」の意味

「殿様商売」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「殿様商売」には、「商品知識や、お客さんとの駆け引きなどをしないで、商売をする様子」「儲けるための努力や工夫をしないで商いをする様子」という意味があります。

のんびりとした感じで、少しのもうけを出すため、何かと工夫をしたりしない商売の様子を「殿様商売」と言います。

「殿様」には、生活に恵まれていて何事にも鷹揚な人という意味があるため、儲けのために貪欲な姿勢をとることができないのかもしれず、そのような人の商売は、「殿様商売」と呼ばれるケースが多くなります。



「殿様商売」の使い方

「殿様商売」という言葉の使い方を紹介します。

「殿様商売」には、「儲けのためにすべき、当然の努力や工夫をしないで商売をすること」「生活に困っていない人が、のんびりとした様子で商売をすること」などの意味があります。

そこで、そのように感じるお店を見つけた時に、「殿様商売」という言葉を使ってみましょう。

また「殿様商売」という言葉には、そのような商売をしている人をバカにしたり、皮肉るようなニュアンスがあります。

「あのような商売では、きっと店がつぶれてしまう」という意味を込めて、「殿様商売」という言葉を使ってみましょう。

「殿様商売」の類語や類似表現や似た言葉

続いて「殿様商売」の類語や、類似表現を紹介します。

「殿様商売」と似た意味の言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「嫌なら買うな式」
  • 「素人商売」
  • 「士族の商法」

「嫌なら買うな式」

「嫌なら買うな式」という言葉があります。

「否なら買うな式の商売」と言われ、文字通り「嫌だったら買わなくていい」という態度で客に接するような商売です。

売れるための努力をせず、気に入った人だけ買ってくれたらいいという態度の商売のため、それほど多く売れることもなく、なかなか商売が成り立たないかもしれません。

熱狂的なファンが一定数以上いるケース以外は、先行きが不透明な商法と言えるでしょう。

「素人商売」

「素人商売」という言葉を使うことがあります。

「素人商売」には、まさに「商いの素人が、不慣れな様子で商売をすること」という意味があります。

商売に関する必要な知識を持たず、儲けをうまく出せない時、「素人商売」と言われます。

もちろん誰でも初めは「素人商売」のため、商売についての経験や知識を深めれば、「素人商売」とは言われなくなり、経営も安定するかもしれません。

「士族の商法」

「士族の商法」という言葉があります。

幕末を終え、明治時代に入ると、武士階級が「士族」と呼ばれる階級になります。

特権階級を失った士族は、食い扶持を稼ぐために商売に手を出しましたが、素人のためうまくいかなかったという歴史があります。

このような士族の失敗の歴史から、商売に不慣れな人が失敗することを「士族の商法」と呼びます。

現在なら、定年退職したばかりで、商売について何も勉強していない人がお店などを開く時、「士族の商法」と呼ばれるかもしれません。



「殿様商売」を使った例文や短文など

次に「殿様商売」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「殿様商売」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「殿様商売」を使った例文1
  • 「殿様商売」を使った例文2

「殿様商売」を使った例文1

「社長が子供の代に移り、急に『殿様商売』になってしまった」

この例文のように、経営者の世代交代とともに、会社の雰囲気が一変することがあります。

それまでは少しでも儲けを出せるよう、綿密な商売をしていた会社が、「殿様商売」と呼ばれるような、雑な仕事をすることがあります。

このような様子を見た時、この例文のような感想を持つでしょう。

積み重ねてきた会社の歴史が、世代交代によって失われるのは残念なことです。

「殿様商売」を使った例文2

「以前は『殿様商売』をしていたが、最近は見違えるように立派な商売をしている」

この例文のように、商売を始めた頃は、緩い経営をしていた人も、経験を積み知識を蓄えることで、以前とはまるで違う、素晴らしい商売をするようになることがあります。

やはり商売は経験が大切なので、時間を掛けて自分の体を通じて感じたことが、その先の商売に活かされるかもしれません。

数年前は「殿様商売」と感じ、「近いうちにつぶれるだろう」と思っていた店が、現在も続いている時は、経営者が成長し、商売の仕方が大きく改善されたと予想できます。

icon まとめ

「殿様商売」という言葉について見てきました。

みなさんも家の近所や会社の近所などに、「殿様経営」と感じる店を知っているかもしれません。

もしみなさんが脱サラなどをして起業する時は、「殿様商売」にならないよう、事前に勉強や準備をしましょう。