意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

“advertisement”とは?類語や敬語の言い換え!

「英語は苦手」と思っている人でも、ビジネスでは英単語を使わなければならないこともあります。

今回は“advertisement”という英語について紹介します。

Meaning-Book
“advertisement”とは?類語や敬語の言い換え!>


目次

  • “advertisement”とは?
  • “advertisement”と“advertising”の違い
  • “advertisement”の語源
  • “advertisement”の英語の使い方(解釈)
  • “advertisement”のビジネスでの使い方
  • “advertisement”の類語


“advertisement”とは?

“advertisement”の発音や意味について紹介します。

  • “advertisement”の発音
  • “advertisement”の意味
  • 「ad」とは?

“advertisement”の発音

“advertisement”の発音はアメリカ式とイギリス式の2つがあります。

アメリカ式の場合、「アドゥヴァタイズメント」に近く、「タイズ」の部分を強調します。

イギリス式の場合、「アドゥヴァティスメント」に書く、「ヴァ」の部分を強調します。

上記はあくまで片仮名表記で原音に近い発音であり、英語の発音には日本語の様に「子音+母音」というルールはありません。

最後の「t」はローマ字表記にすると「to(ト)」ですが、実際には舌を口の中で破裂させた音のみとなります。

日本人にとって最も苦手な部分ですが、ビジネスで通じさせる為にも練習しましょう。

“advertisement”の意味

“advertisement”の意味は「広告・宣伝」であり至ってシンプルです。

但しこれは英語の試験用の解釈であり、ビジネスではその意味は幅広くチラシやCMなど直接的な「広告・宣伝」だけではなく、企業が社名を入れて配るいわゆる「ノベルティ・グッズ」のことも意味する場合があります。

ビジネスにおいてはあらゆる「広告・宣伝手段」のことを“advertisement”と総称するのです。

「ad」とは?

“advertisement”の代わりに「ad」と省略して使うことがあります。

複数形は「ads」で、メールやLINE、手書きメモなどで手早く意味を通じさせる時に使います。

「ad」はその他にも“advantage”=有利、“administrator”=ネットなどの管理者という意味で使われます。

それぞれの単語の接頭辞である「ad」は上記で紹介した「〜の方向へ」という意味があります。

社外に対する文書ではきちんと“advertisement”と表記しましょう。



“advertisement”と“advertising”の違い

“advertisement”“advertising”の違いは品詞によるものです。

“advertisement”は名詞で「広告・宣伝」であり、その動作の結果を表します。

“advertising”は動名詞で、「広告を出す・宣伝する」という動作自体を表します。

意味には大きな違いはありませんが、「○○の広告・宣伝」という時には“advertisement”「〇〇の広告を出すこと、宣伝することに関する何かの説明」をする時には“advertising”を使う様にしましょう。

“advertisement”の語源

「ad」の本来の意味はラテン語由来で、英単語の接頭辞として使われ「〜の方向へ」という意味を持ちます。

“adjust”「ad=その方向へ」「just=正に」「調整する」という意味になります。

“address”「ad=その方向へ」「ress=導く」「連絡先」という意味になります。

“advertimsement”「ad=その方向へ」「vert=方向を変える」「ise=動作」「ment=こと」「注意を引きつける=宣伝」という意味になるのです。



“advertisement”の英語の使い方(解釈)

“advertisement”の使い方と解釈を紹介します。

  • “It's an attractive advertisement.”
  • “We are expecting a big effect of an advertisement. “
  • “They put an advertisement in today's newspaper. “

“It's an attractive advertisement.”

「それは魅力的な広告だ」になります。

“attractive advertimsement”「魅力的な広告」という意味になります。

“We are expecting a big effect of an advertisement. “

「我々は広告宣伝の大きな効果を期待している」になります。

母音で始まる単語なので“an advertisement”となります。

“They put an advertisement in today's newspaper. “

「彼らは今朝の新聞に公告を出した」になります。

ライバル会社に出しぬかれた時などに使います。

“advertisement”のビジネスでの使い方

“advertimsement”は名詞ですので、他の名詞と組み合わせることで「○○広告」として便利に使えます。

ビジネスではあまり文法を意識せずに気軽に使えます。

“a movie advertisement”=予告映画、“hunging advertisement”=吊り広告、“banner advertisement”「バナー広告」など、目的に応じて幅広く使えます。

“advertisement”の類語

“advertisemnet”の類語を紹介します。

  • “promotinon”
  • 「PR」

“promotinon”

「昇進すること」「販売促進」という意味があります。

日本でも「映画のプロモーションビデオ」という言葉があります。

「PR」

“Public Relations”の略で、意味は「企業や組織が社会と望ましい関係を作る為の理念や行動」です。

企業や組織が社会に対して働きかけることで、よりよい関係を築き、それが人々に共感を与えて理解される様になる、というコンセプトです。

民間企業が自らの企業理念をアピールする為にこのコンセプトが使われる様になり、そのプロジェクトを「広報」と呼ぶ様になりました。

その結果、段々と当初の意味が薄れて現在では「PR=宣伝」とほぼ同じ意味で使われる様になっているのです。

icon まとめ

“advertisement”「広告・宣伝」という意味の英単語です。

ビジネスでは更に幅広く様々な広告・宣伝活動に対して使われます。

最近では日本の企業でも英語で“advertisement”「アドバ」などと言うことがあるので、意味を理解しておきましょう。