意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「沈着冷静」とは?意味!「沈着冷静」と「沈着冷静」の違い

「沈着冷静」という表現があるでしょうか。

漢字の表記を見ると何となく意味がわかると感じる人もいるかもしれません。

それならば「沈着冷静」という表現にはどのような意味があるのでしょうか。

ここでは、「沈着冷静」という表現について紹介します。

Meaning-Book
「沈着冷静」とは?意味!「沈着冷静」と「沈着冷静」の違い>


目次

  • 「沈着冷静」とは?意味
  • 「沈着冷静」の表現の使い方
  • 「沈着冷静」の類語や類義語
  • 「沈着冷静」の英語と解釈
  • 「沈着冷静」を使った例文と意味を解釈


「沈着冷静」とは?意味

「沈着冷静」というのは落ち着いていて冷静な様子という意味を持ちます。

沈着というのは驚いたり取り乱したりせず、物事に動じずにいる状態を指しており、冷静というのは感情的にならず、理性的で落ち着いた態度を指しています。

「沈着冷静」だけではなく、冷静沈着という場合もあります。

例えば地震が起こったときなどは「沈着冷静」な対応が必要になります。

焦ってしまえば怪我をしてしまう可能性もありますので、そのような時こそ落ち着いて行動できるようにしたいものです。



「沈着冷静」の表現の使い方

「沈着冷静」という表現は、沈着という表現に冷静というよく似た意味合いの表現を重ねることで、強調した言葉になります。

何事にも動じず、落ち着いている、という意味になり、漢字検定では7級に分類される漢字ですから、教養として知っておいた方が良いでしょう。

  • 「沈着冷静」と「沈着冷静」は同じ意味

「沈着冷静」と「沈着冷静」は同じ意味

先ほども述べた通り、沈着で一生という表現と冷静沈着という表現は同じ意味になります。

沈着という言葉も冷静という言葉も似た意味になり、それらを重ねることで強調した表現になるのです。

そのため両方の表現が使われますが、どちらも誤りではありません。

「沈着冷静」の類語や類義語

ここでは類義語を紹介します。

  • 「落ち着き」
  • 「平静」

「落ち着き」

落ち着き、というのは安定した状態になること、平静な状態になること、という意味を持ちます。

社会人としては落ち着きのある人間になりたいですよね。

何かあっても簡単に動じることなく、冷静に対応できるような人間になりたいものです。

また、特に社会人として落ち着きがないと言われてしまったら、自分の言動を見直す必要があります。

過去に戻ることは不可能ですが、焦った時にも落ち着きを取り戻すことで冷静な対応が可能になるのです。

「平静」

平静とは、態度や気持ちが落ち着いていることという意味になり、穏やかで静かという意味も持ちます。

例えば世間が穏やかで静かである、特にトラブルが起こっていない、例えば観光シーズンが終わって観光地が落ち着きを取り戻した場合も平静を取り戻した、という表現が使えます。



「沈着冷静」の英語と解釈

冷静沈着という表現を英語にすると“calm”“laid back”という表現が使えます。

冷静沈着な人物の場合、例えば優しい、礼儀正しい、打ち解けやすい、などといった形容詞が使われることもありますので、それらの形容詞を知っておくことも大切です。

“he seems really calm and centred.”と言えば、「彼は冷静沈着そうですね」という意味になります。

「沈着冷静」を使った例文と意味を解釈

ここでは例文を紹介します。

  • 「沈着冷静」を使った例文1
  • 「沈着冷静」を使った例文2

「沈着冷静」を使った例文1

「地震が起こった時も、あの教師は沈着冷静に生徒たちに向き合った」

日本は地震が起こりやすい国ですが、教員たちは「沈着冷静」な対応を取らなければいけません。

特に生徒たちがいる場合、教師たちの対応によって悲劇が起こってしまう可能性もあるからです。

教師たちこそあせらず、冷静に判断できるような力を持ち合わせておく必要があります。

「沈着冷静」を使った例文2

「彼は常に沈着冷静で、誰かがミスしても焦ったりしないんだ」

職場では、ミスをしてしまうととにかく焦る、ということもあるのではないでしょうか。

しかし、仮にミスをしたとしても慌てず、きちんと向き合うことが大切です。

誰かがミスをしたとしても焦ってその人を咎めるのではなく、きちんと向き合える人こそ上司として適切だと言えるでしょう。

icon まとめ

「沈着冷静」という表現は冷静沈着としても使えますので、どちらも使っても問題ありません。

常に「沈着冷静」な態度を取れるよう、心がけたいですね。