意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「しゃがむ」とは?意味や使い方!「しゃがむ」と「かがむ」の違い!

「しゃがむ」という表現を聞いたことがあるでしょうか。

誰もがしゃがんだ経験を持ちますよね。

それならば、「しゃがむ」という言葉にはどのような意味があるのでしょうか。

ここでは、「しゃがむ」という言い回しについて紹介します。

Meaning-Book
「しゃがむ」とは?意味や使い方!「しゃがむ」と「かがむ」の違い!>


目次

  • 「しゃがむ」とは?意味
  • 「しゃがむ」の表現の使い方
  • 「しゃがむ」と「かがむ」の違い
  • 「しゃがむ」の英語と解釈
  • 「しゃがむ」という動作を丁寧な言葉で表現


「しゃがむ」とは?意味

「しゃがむ」という言葉には膝を曲げて腰を落とし、視線を低くする、うずくまる、という意味があります。

例えば子供の時など、誰もがしゃがんで石ころを拾ったり、砂遊びをしたり、という経験を持つのではないでしょうか。

和式のトイレではしゃがまなければいけません。

日本人にとっては「しゃがむ」という姿勢は一般的だと考えられていますが、最近は和式のトイレが減ってきたことにより、「しゃがむ」筋肉が発達していない人もいると言われています。

また、和式のトイレがない西洋の国家に住む人々は「しゃがむ」ことが困難であると考えられています。



「しゃがむ」の表現の使い方

「しゃがむ」という表現はいつでも使えますが、ビジネスにおいては使う機会は滅多にないかもしれません。

例えば子供と遊んでいる時などはしゃがまなければいけないことが多いですね。

子供は体が柔らかいため、長時間でもしゃがんでいることが可能です。

大人になると「しゃがむ」事はあまりないと考えられますが、妊娠中などは「しゃがむ」ことによって筋肉が鍛えられ、出産に向けてちょうど良い運動になると考えられています。

「しゃがむ」と「かがむ」の違い

「しゃがむ」という表現と似た言葉に屈むという言葉があります。

「しゃがむ」という表現と屈むという表現の違いは歩けるかどうか、ということがポイントです。

しゃがんだ場合は歩くことが不可能ですが、かがむと歩くことが可能です。

背中をかがめる、身をかがめる、腰をかがめる、などという言い回しがありますが、かがんだ場合は歩けるということを覚えておきましょう。

つまり、歩けるうちはしゃがんではいないということになります。



「しゃがむ」の英語と解釈

「しゃがむ」という表現を英語にすると“squat”“sit down on one’s knees”などという表現が適切です。

“squat down”という言い回しもありますし、例えば物陰に「しゃがむ」ということであれば“crouch for shelter”という言い回しも可能です。

例えば、マラソンなどではクラウチングスタートという言い回しがありますが、この表現はまさにしゃがんでスタートするという意味になるのです。

彼は長時間しゃがんでいた、ということであれば、“he was sitting down on his knees for a long time.”という言い回しが可能です。

「しゃがむ」という動作を丁寧な言葉で表現

「しゃがむ」という表現を丁寧にすると、どのような言い回しになるのでしょうか。

例えば、店員は座っている客に対して目線を合わせるために「しゃがむ」ことがあります。

このような動作を丁寧な表現にすると、どのような言い回しが適切なのでしょうか。

  • 「姿勢を低くする」
  • 「腰を落とす」

「姿勢を低くする」

姿勢を低くする、という言い回しは体の構えを全体的に低くする、重心を低くする、という意味を持ちます。

特に相手を尊重するときに行う動作を指すことが多く、体を抱えるように小さくなる、頭を低くする、などというイメージがあります。

「腰を落とす」

腰を落とす、というのは腰を低くしてかがむ事という意味を持ち、座るという表現が類義語になることもあります。

姿勢を低くするという表現と同様、体の構えを全体的に低くするという意味を持ちます。

icon まとめ

「しゃがむ」という言い回しは誰もが使ったことがあるのではないでしょうか。

スクワット等は健康に良いとも言われますので、必要に応じて「しゃがむ」という動作を忘れないようにしたいものです。