意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「勉学に勤しむ」とは?意味や使い方や例文

「勉学に勤しむ」とは、「勉強や学問につとめて励むこと」です。

「勉学に勤しむ」「意味・分解した解釈・読み方・使い方・例文と解釈・類語(シソーラス)や言い換え・反対語・英語と解釈」などについて、詳しく説明していきます。

勉学に勤しむ

Meaning-Book
「勉学に勤しむ」とは?意味や使い方や例文>


目次

  • 「勉学に勤しむ」とは?
  • 「勉学に勤しむ」の言葉の使い方
  • 「勉学に勤しむ」の類語や類似表現や言い換え
  • 「勉学に勤しむ」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「勉学に勤しむ」の反対語
  • 「勉学に勤しむ」の英語と解釈


「勉学に勤しむ」とは?

「勉学に勤しむ」という言葉の意味は、「勉強・学問につとめて励むこと」「勉強に精を出すこと・勉強を一生懸命に頑張ること」になります。

「勉学に勤しむ」とは「勉強・学問に勤勉に(怠けずに)つとめて励むこと」を意味する言葉であり、他の物事や活動よりも勉学を優先していることを意味しているのです。

例えば、「勉学に勤しんでいるので、お風呂に入る時間すらもったいなく感じます」といった文章において、「勉学に勤しむ」の言葉の典型的な意味を示すことができます。

  • 「勉学に勤しむ」を分解して解釈
  • 「勉学に勤しむ」の読み方

「勉学に勤しむ」を分解して解釈

「勉学に勤しむ」の言葉を、「勉学(べんがく)」「勤しむ(いそしむ)」に分解してそれぞれの意味を解釈していきます。

「勉学」という言葉は、「学問に励むこと」「知識・技能を身に付けるための勉強」を意味しています。

「勤しむ」という言葉は、「一生懸命に努めて励むこと」「精を出して頑張ること」を意味しています。

「勉学+勤しむ=勉学に勤しむ」で、「勉強・学問に一生懸命に熱意を持って励むこと(勉強に精を出して頑張ること)」を意味しているのです。

「勉学に勤しむ」の読み方

「勉学に勤しむ」の読み方は、「べんがくにいそしむ」になります。



「勉学に勤しむ」の言葉の使い方

「勉学に勤しむ」の言葉の使い方は、「(入試合格・資格取得などの目的達成のため)勉強・学問に熱意を持って励んでいる状態」「勉学に精を出して頑張っている場合」を指し示して使うという使い方になります。

例えば、「2年にわたって勉学に勤しんだ結果、不動産鑑定士の国家資格を取得できました」「勉学に勤しみながら、大学進学後の自分の進路について考えていました」などの文章において、「勉学に勤しむ」の言葉を正しく使用することができます。

「勉学に勤しむ」の類語や類似表現や言い換え

「勉学に勤しむ」の類語・類似表現・言い換えについて、分かりやすく解説していきます。

  • 「勉学に励む・勉学に尽力する」
  • 「勉学に邁進する」
  • 「寝る間も惜しんで勉学をする」

「勉学に励む・勉学に尽力する」

「勉学に勤しむ」の類語・言い換えとして、「勉学に励む・勉学に尽力する(べんがくにじんりょくする)」があります。

「勉学に勤しむ」という言葉の意味は、「勉学に一生懸命に励むこと」「勉強に力を尽くして真剣に取り組むこと」になります。

それらの意味合いから、「勉学に勤しむ」とほぼ同じ意味を持つ類語(シソーラス)として、「勉学に励む・勉学に尽力する(=勉強に力を尽くすこと)」という言葉を指摘することができるのです。

「勉学に邁進する」

「勉学に勤しむ」の類似表現・言い換えとして、「勉学に邁進する(べんがくにまいしんする)」があります。

「勉学に邁進する」という言葉の意味は、「恐れたりひるんだりすることなく、勉強・学問の道を突き進んでいくこと」になります。

その意味から、勉強につとめて励むことである「勉学に勤しむ」と良く似た意味を持つ類似表現・類語(シソーラス)として、「勉学に邁進する」を上げることができるのです。

「寝る間も惜しんで勉学をする」

「勉学に勤しむ」の類語・言い換えとして、「寝る間も惜しんで勉学をする」があります。

「勉学に勤しむ」という言葉には、「勉強を最優先して寝る間も惜しんで励むこと」「寝食を忘れて勉強に没頭して集中すること」の意味のニュアンスがあります。

その意味合いから、「勉学に勤しむ」の言葉は、「寝る間も惜しんで勉学をする」という言葉に言い換えることができるのです。



「勉学に勤しむ」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「勉学に勤しむ」を使った例文・短文などを紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「勉学に勤しむ」を使った例文1
  • 「勉学に勤しむ」を使った例文2

「勉学に勤しむ」を使った例文1

「学生の本分は勉学に勤しむことにありますが、最近の学生は勉学を二の次にしてサークル活動やアルバイトに精を出し過ぎている人が増えています」

この「勉学に勤しむ」を使った例文は、「学生の本分は勉強・学問に熱意を持って励むこと(勉強を一番の優先事項にして集中すること)にありますが、最近の学生は勉学を二の次にしてサークル活動やアルバイトに精を出し過ぎている人が増えている」ということを意味しています。

「勉学に勤しむ」を使った例文2

「学生時代は勉学に勤しむだけではなく、友人関係や恋愛関係を楽しむような経験をすることも大切です」

この「勉学に勤しむ」を使った例文は、「学生時代は勉学に専心して励む(勉強を一生懸命に頑張る)だけではなく、友人関係や恋愛関係を楽しむような経験をすることも大切である」ということを意味しています。

「勉学に勤しむ」の反対語

「勉学に勤しむ」の反対語を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「勉学を怠る・勉学をさぼる」

「勉学を怠る・勉学をさぼる」

「勉学に勤しむ」の反対語として、「勉学を怠る(おこたる)・勉学をさぼる」があります。

「勉学に勤しむ」という言葉は、「勉学に熱意を持って真面目に励むこと」「勉学をさぼらずに一生懸命に頑張ること」を意味しています。

それとは反対の意味を持つ「勉学に勤しむ」の反対語(対義語)として、「勉学を怠る=勉学をなまけて真面目にしないこと」「勉学をさぼる=勉強に集中せずに手抜きをすること・勉強しないこと」を上げることができるのです。

「勉学に勤しむ」の英語と解釈

勉学に勤しむ meaning in english

「勉学に勤しむ」という言葉は、“study hard”(一生懸命に勉強する)や“study diligently”(勤勉に勉強する)、“devote oneself to study”(勉強に専念・没頭する)という英語で表現することができます。

  • “She devoted herself to study because of passing the entrance exam.”

“She devoted herself to study because of passing the entrance exam.”

この「勉学に勤しむ」を使った英語の例文は、「彼女は入学試験に合格するために、勉学に勤しみました(勉学に専念・没頭しました)」ということを意味しています。

icon まとめ

「勉学に勤しむ」という言葉について徹底的に解説しましたが、「勉学に勤しむ」には「勉強や学問につとめて励むこと・勉強に精を出すこと」などの意味があります。

「勉学に勤しむ」の類語(シソーラス)・言い換えとしては、「勉学に励む・勉学に尽力する」「勉学に邁進する」「寝る間も惜しんで勉学をする」などがあります。

「勉学に勤しむ」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。