意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「蔑み/貶み」とは?意味や類語!表現の使い方や例文

「蔑み/貶み」とは、「相手の人格・能力・知性などが自分よりも劣っていると見なして軽蔑すること」です。

「蔑み/貶み」「意味・読み方・使い方・単語と意味・例文と解釈・類語(シソーラス)や関連語」などについて、詳しく説明していきます。

蔑み/貶み

Meaning-Book
「蔑み/貶み」とは?意味や類語!表現の使い方や例文>


目次

  • 「蔑み/貶み」とは?
  • 「蔑み/貶み」の表現の使い方
  • 「蔑み」を使った単語と意味を解釈
  • 「蔑み」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「蔑み」の類語や関連語


「蔑み/貶み」とは?

「蔑み/貶み」とは、「自分よりも人格・能力などが劣っていると見なして軽蔑すること」「相手の人間性・能力などを低く評価して見下すこと」を意味する言葉です。

「蔑み/貶み」は、「蔑む/貶む(さげすむ)」の動詞の名詞形として解釈することができ、「相手のことを自分よりも劣っている存在と見なしてさげすんだり見下したりすること」を意味しているのです。

例えば、「彼は私に対する蔑み(貶み)の感情を隠そうともしませんでした」「蔑み(貶み)の視線が痛いほどに私に突き刺さりました」などの文章において、「蔑み/貶み」の典型的な意味を示すことができます。

  • 「蔑み/貶み」の読み方

「蔑み/貶み」の読み方

「蔑み/貶み」の読み方は、「さげすみ」になります。



「蔑み/貶み」の表現の使い方

「蔑み/貶み」の表現の使い方は、「相手の人格・人間性・能力・知性などに対して、低い評価をして見下している時」に使うという使い方になります。

あるいは、「相手の人格・能力・教養(知性)などを自分よりも劣っているものと見なして馬鹿にしている時」にも、「蔑み/貶み」という言葉を使うことができます。

例えば、「蔑み(貶み)の気持ちが湧いてしまったからには、あなたと友人関係を続けることはできません」「殴られることよりも蔑み(貶み)を受けることの方が、私にはつらくて嫌なことでした」などの文章において、「蔑み/貶み」という言葉を正しく使用することができます。

「蔑み」を使った単語と意味を解釈

「蔑み」を使った単語とその言葉の意味を解釈していきます。

  • 「蔑み顔」
  • 「蔑み笑う」

「蔑み顔」

「蔑み顔(さげすみがお)」という言葉の意味は、「相手のことを見下して馬鹿にしているような生意気・不敵な顔つき」ということになります。

「蔑み顔」というのは、「相手の人格・人間性・能力を低く評価して、相手のことを軽視して舐めきっている顔」のことを意味しています。

そのため、「蔑み顔」をすることによってその相手に屈辱感や悔しさ、気分の落ち込みを与えることができるのです。

例えば、「いじめをしていたクラスメイトに蔑み顔をすることで、私はいじめなどは認めないという気持ちを示しました」「彼女の私に対する蔑み顔を見てしまい、ひどく気分が落ち込みました」などの文章で使われます。

「蔑み笑う」

「蔑み笑う(さげすみわらう)」という言葉の意味は、「相手の人格・人間性・能力などを低く評価して、あざけって笑うこと」になります。

「蔑み笑う」というのは、「相手の人格・能力・知性を見下して笑うこと」「相手の言動・能力などを馬鹿にして嘲笑すること」を意味しています。

そのため、「蔑み笑う」という行為は、相手の人格や人間性、能力、価値観などを、真正面から否定して侮辱(軽蔑)する意味合いを持っているということになります。

例えば、「あの人に蔑み笑われたトラウマで、今でもあの人と似た人に出会うと過剰に緊張してしまいます」「多くの人から蔑み笑われるだけの理由が、その時の私にはあったのです」などの文章で使うことができます。



「蔑み」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「蔑み」を使った例文や短文などを紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「蔑み」を使った例文1
  • 「蔑み」を使った例文2
  • 「蔑み」を使った例文3

「蔑み」を使った例文1

「浮気をした夫に対して蔑みの感情が急に湧き上がってきて、それまでの愛情・信頼があっという間に消えてしまいました」

この「蔑み」を使った例文は、「浮気をした夫に対して、その人間性・倫理感をさげすんで見下す感情が急に湧き上がってきて、それまでの愛情・信頼があっという間に消えてしまった」ということを意味しています。

「蔑み」を使った例文2

「過去にあなたから蔑みを受けた屈辱を忘れることができず、あなたをいつか見返すためにここまで必死に頑張ってきたのです」

この「蔑み」を使った例文は、「過去にあなたから、私の人格・能力を低く評価されて見下された屈辱を忘れることができず、あなたをいつか見返すためにここまで必死に頑張ってきた」ということを意味しています。

「蔑み」を使った例文3

「これからは心を入れ替えて、人から蔑みの視線を浴びることがないまっとうな人生を歩みたいと思っています」

この「蔑み」を使った例文は、「これからは心を入れ替えて、人から馬鹿にされて見下されるような視線を浴びることがないまっとうな人生を歩みたいと思っている」ということを意味しています。

「蔑み」の類語や関連語

「蔑み」の類語・関連語について、分かりやすく解説していきます。

  • 「軽蔑・軽侮」
  • 「侮辱・侮蔑」
  • 「侮ること・見下すこと・馬鹿にすること」

「軽蔑・軽侮」

「蔑み」の類語・関連語として、「軽蔑(けいべつ)・軽侮(けいぶ)」があります。

「軽蔑」というのは、「相手の人格・能力・生き方を軽く見てさげすむこと、馬鹿にすること」を意味する言葉です。

「軽侮」という言葉は、「相手の人格・能力・知性などを軽視して侮ること、見下すこと」を意味しています。

それらの意味から、相手のことを自分よりも劣っていると見なして見下すことを意味する「蔑み」と関連する関連語として、「軽蔑・軽侮」を上げることができます。

「侮辱・侮蔑」

「蔑み」の類語・関連語として、「侮辱(ぶじょく)・侮蔑(ぶべつ)」があります。

「侮辱」の言葉の意味は、「相手の人格・能力・生き方などを侮ってはずかしめること、相手を傷つけて馬鹿にすること」になります。

「侮蔑」という言葉は、「相手の人格・能力・知性などを軽視して見下すこと、相手を低く評価して侮ること」を意味しています。

それらの意味から、「蔑み」と似た意味を持つ類語(シソーラス)として「侮辱・侮蔑」を指摘できます。

「侮ること・見下すこと・馬鹿にすること」

「蔑み」の類語・関連語として、「侮ること・見下すこと・馬鹿にすること」があります。

「蔑み」という言葉は、「相手の人格・人間性・能力などを侮って見下すこと(相手を馬鹿にして軽視すること)」を意味しています。

その意味合いから、「蔑み」の意味のニュアンスと関連する関連語として、「侮ること・見下すこと・馬鹿にすること」を上げることができるのです。

icon まとめ

「蔑み/貶み」という言葉について徹底的に解説しましたが、「蔑み/貶み」には「相手の人格・能力・知性などが自分よりも劣っていると見なして軽蔑すること」などの意味があります。

「蔑み/貶み」の類語(シソーラス)・関連語としては、「軽蔑・軽侮」「侮辱・侮蔑」「侮ること・見下すこと・馬鹿にすること」などがあります。

「蔑み/貶み」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。