意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「悪しき慣習」とは?意味!使い方や例文!

「悪しき慣習」という言葉の読み方や意味を紹介します。

さらに「悪しき慣習」を使った例文などを紹介して行きます。

悪しき慣習

Meaning-Book
「悪しき慣習」とは?意味!使い方や例文!>


目次

  • 「悪しき慣習」とは?
  • 「悪しき慣習」の表現の日常の使い方
  • 「悪しき慣習」を使った例文や解釈


「悪しき慣習」とは?

みなさんは「悪しき慣習」という言葉を知っているでしょうか。

何かしらの具体的な「悪しき慣習」が思い浮かんできて、頭を抱えるような気持ちになった人もいるでしょう。

一方で、「悪しき慣習」という言葉を今回初めて知った人もいるでしょう。

そこで「悪しき慣習」の読み方や意味を紹介して行きます。

次回以降「悪しき習慣」という言葉を聞いた時、すぐに意味が分かるようになるでしょう。

  • 「悪しき慣習」の読み方
  • 「悪しき慣習」の意味

「悪しき慣習」の読み方

「悪しき慣習」「あしきかんしゅう」と読みます。

「悪しき」「あしき」と読み、「慣習」「かんしゅう」と読みます。

「わるしき」「悪しき」を間違えて読まないようしましょう。

これを機会に「悪しき慣習」「あしきかんしゅう」と読みましょう。

「悪しき慣習」の意味

「悪しき慣習」には、どのような意味があるでしょうか。

「悪しき」には「よくないこと」「悪いこと」という意味があり、「慣習」には、「社会で古くから受け継がれてきた生活上の習わし、しきたり」という意味があります。

その習わしやしきたりが生まれた時代は、それでよかったものも、時代の変化と共に、劣化したり、時代にそぐわなくなったりします。

このように「悪しき慣習」は、「よくない習わしやしきたり」という意味があります。



「悪しき慣習」の表現の日常の使い方

「悪しき慣習」という言葉を、日常生活で使う時はどのようにすればいいでしょうか。

古くから続いている、生活上の習わしやしきたりの中で、よくない、悪いと感じた時に、「悪しき慣習」という言葉を使ってみましょう。

例えば、残業をするのが当たり前という風土の職場があります。

ある時代はそのような慣習が良しとされていたはずですが、現在の状況とはそぐわない慣習だと感じる人が多いでしょう。

このような時、「残業が当たり前なのは、『悪しき慣習』だ」と言えます。

このように、古くから続いている慣習の中に、良くないと思うものをみつけた時に、「悪しき慣習」という言葉を使ってみましょう。

「悪しき慣習」を使った例文や解釈

「悪しき慣習」を使った例文を紹介し、解釈して行きます。

「悪しき慣習」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「悪しき慣習」を使った例文1
  • 「悪しき慣習」を使った例文2

「悪しき慣習」を使った例文1

「事務手続きが多すぎるのは、役所仕事の『悪しき慣習』だ」

この例文のように、市区町村の役場と仕事をすると、事務手続きが多すぎると感じる人がいるかもしれません。

以前はそれで良かったのかもしれませんが、現在の状況から考えると、「悪しき習慣」と呼ばれてしまう類のものでしょう。

「悪しき慣習」を使った例文2

「長すぎる会議は『悪しき習慣』として切り捨てよう」

この例文のように、時間がかかるだけで、何も決まらないような長すぎる会議が行われている職場があります。

朝から夕方まで会議を続けて、何も決まらず終わってしまえば、参加者の疲労が蓄積するだけで、業務の向上にはつながりません。

給料が上がらず、残業代が出ないような時代では、勤務時間を効率的に使うことが重要なはずですが、長すぎる会議は、すべての人に負担を与えることになります。

このように「長すぎる会議」「悪しき習慣」の代表格として、見直されなければならないものかもしれません。



icon まとめ

「悪しき習慣」という言葉について見てきました。

みなさんの会社にも、地域社会にも、国全体を見渡しても、「悪しき習慣」はたくさんみつかるでしょう。

仕方ないと問題を先送りせずに、向き合って「悪しき習慣」を無くしていくことも大切かもしれません。