意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「時間の許す限り」とは?意味や使い方や例文!

「時間の許す限り」という言葉の意味や使い方を紹介します。

また「時間の許す限り」の類語や類似表現を紹介して行きます。

さらに「時間の許す限り」を使った例文を紹介して行きます。

時間の許す限り

Meaning-Book
「時間の許す限り」とは?意味や使い方や例文!>


目次

  • 「時間の許す限り」とは?
  • 「時間の許す限り」という言葉の使い方
  • 「時間の許す限り」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「時間の許す限り」を使った例文や短文など


「時間の許す限り」とは?

みなさんは「時間の許す限り」という言葉を知っているでしょうか。

「今日は、時間の許す限り、お楽しみください」などという挨拶を聞いたことがあるかもしれません。

一方で、「時間の許す限り」という言葉を、まるで聞いたことがない人もいるでしょう。

そこで「時間の許す限り」という言葉の読み方や意味を紹介します。

  • 「時間の許す限り」の読み方
  • 「時間の許す限り」の意味

「時間の許す限り」の読み方

「時間の許す限り」という言葉の読み方は「じかんのゆるすかぎり」になります。

特に難しい漢字が使われていませんので、読み間違えることは、少ないでしょう。

これを機会に、「時間の許す限り」は、「じかんのゆるすかぎり」と読むことを知っておきましょう。

「時間の許す限り」の意味

「時間の許す限り」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「時間の許す限り」には「時間があれば」「時間的に可能であれば」などの意味があります。

また「スケジュールの都合がつけば」「次に予定が入っていなければ」などという意味も含まれています。

忙しい現代人は、何かを続けたい気持ちが合っても、楽しみたい気持ちがあっても、なかなかその通りにできません。

そこで「時間の許す限り」という言葉を使う機会が多くなります。



「時間の許す限り」という言葉の使い方

人には一日のスケジュールがあり、次の予定が入っています。

そのため、一つのことをずっと続けるわけにはいきません。

そこで、「時間の許す限り」という言葉を使い、何かをしてもらう、何かを楽しんでもらおうとする時に、「時間的に可能であれば、いつまでも続けてください」と主催者などがお願いをします。

例えばパーティで、「時間の許す限り、楽しんでください」という場合は、パーティが開催されて時間内という限定はありますが、「時間的に可能であれば、ずっとパーティ会場にいて楽しんでください」という意味があります。

また「時間の許す限り、頑張ります」という使い方もあります。

仕事に取り組む時に、「締め切り時間がくるまで、全力で作業をします」などという意味で使われます。

このように「時間の許す限り」はビジネスシーンを中心に様々な場面で使われる言葉です。

「時間の許す限り」の類語や類似表現や似た言葉

次に「時間の許す限り」の類語や、似た表現の言葉を紹介します。

「時間の許す限り」と似た状況で使う言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「もしお時間がありましたら」
  • 「状況が許す限り」
  • 「できれば」

「もしお時間がありましたら」

「時間の許す限り」と似た表現の言葉に、「もしお時間がありましたら」という敬語表現があります。

「時間が合ったら」の敬語表現になります。

「時間が合ったら、手伝ってください」「時間が合ったら、楽しんでください」などと、目上の人や敬うべき相手に話しかける時に、「もし時間がありましたら」という表現を使います。

「状況が許す限り」

「状況が許す限り」「時間の許す限り」とよく似た言葉です。

「状況が許す限り」には、「相手の都合がつくならば」「様々な条件が折り合うならば」などの意味があります。

例えば、厳しい仕事を会社から任されている人が、「状況が許す限り、頑張ります」などと言います。

この場合、体力的な都合、時間的な都合、精神的な都合などの、折り合いがつく限りは頑張るという意味があります。

逆に言えば、このような条件の中の、ひとつでも折り合いに欠けるようになれば、続けられないということになります。

「できれば」

「できれば」という表現は、一般的に良く使われています。

「できれば」には「可能ならば」という意味があります。

「時間があれば」「状況が許せば」などの意味をすべて含んだ言葉になれます。

「できれば来てください」「できれば楽しんでください」などと、社交辞令のように使うこともできれば、「できれば付き合ってください」などと、真剣なお願いをすることも可能です。

このように「できれば」という言葉は、何かをお願いする時に、とても便利な言葉と言えるでしょう。

相手の状況がまるで分からずに、何かをお願いする時などに、「できれば」という言葉を使ってみましょう。



「時間の許す限り」を使った例文や短文など

続いて「時間の許す限り」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「時間の許す限り」の使い方のコツを、例文を通じて知りましょう。

  • 「時間の許す限り」を使った例文1
  • 「時間の許す限り」を使った例文2

「時間の許す限り」を使った例文1

「『時間の許す限り』、おしゃべりをしたい」

この例文のような気持ちになった経験が誰にでもあるでしょう。

例えば友達と一緒にファストフード店などで楽しい会話をしている時、あるいは彼氏や彼女とカフェで楽しい会話をしている時です。

楽しい時間はあっという間に過ぎ、終電の時間が来る、またはバイトの時間が来る、次の予定の時間が来るのは分かっていますが、それまではずっとおしゃべりをしていたいと思う時に、「時間の許す限り」という言葉が浮かぶでしょう。

「時間の許す限り」を使った例文2

「『時間の許す限り』、指導を続ける」

この例文のような場面は、高齢の師匠が若い弟子を持った時などに見られる場面です。

例えば、師匠が80歳だとしたら、体力的な限界が訪れて、明日にも指導できなくなるかもしれません。

しかし、できる限りは教え続けたいと師匠が思う時、この例文のような文章になります。

この場合の「時間の許す限り」には、「年齢的な限界が来るまで」という意味が含まれています。

また忙しい先生が、たくさんの生徒を受け持つ時、一人の生徒を指導できる時間は限られます。

このような時も、この例文のようなセリフを言うことになるかもしれません。

「精一杯指導するが、時間が来たらおしまいだ」という意味も含まれています。

icon まとめ

「時間の許す限り」という言葉について見てきました。

「時間」という言葉に、様々な意味が含まれるため、「時間の許す限り」には様々な意味が含まれ、様々な場所で使える表現になっています。