意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「借金地獄」とは?意味と言い換え!馬鹿でもわかるように解釈

借金地獄という表現を知っているでしょうか。

最近は経済難の背景もあり、借金地獄に陥っている人も多いと考えられます。

それならば、借金地獄とはどのような意味を持つのでしょうか。

ここでは借金地獄という表現について紹介します。

借金地獄

Meaning-Book
「借金地獄」とは?意味と言い換え!馬鹿でもわかるように解釈>


目次

  • 「借金地獄」とは?意味
  • 「借金地獄」の言い換え・類語
  • 「借金地獄」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「多重債務者」とは?


「借金地獄」とは?意味

借金地獄とは、借金を多く抱えていて借金まみれになっている様子、借金の返済が地獄と思えるほど大変な様子、という意味を持ちます。

借金も余裕で返済できる範囲であれば問題ありませんが、返済が辛い金額になってしまったり、長期に渡ってしまったりするとなかなか大変ですよね。

借金を返すために新たな借金をしている人などは、知らない間に借金地獄に陥ってしまっているかもしれません。

  • 借金とは?
  • 地獄とは?

借金とは?

借金とは金銭を借りることや借りたお金を指します。

最近は奨学金も借金であるという概念が拡大し、奨学金が結婚の障害になるなどという問題も指摘されています。

厳密に言えば、金額がいくらであっても借りたお金は借金になります。

地獄とは?

地獄とは宗教死生観に基づく概念です。

悪いことをしてきた人が死後に送られる場所だと信じられる世界で、厳しく責められると考えられます。

現代社会ではそれほどまでに大変だと思われるような状況で、地獄という表現が使われます。



「借金地獄」の言い換え・類語

ここでは類義語を紹介します。

  • 「借金まみれ」
  • 「借金が多い」

「借金まみれ」

借金まみれとは、借金にまみれている、一面が借金で覆われている、という意味になります。

まみれ、という表現を名詞の後に付けることで一面に覆われているという意味になり、例えば埃まみれ、などといった言い回しがあります。

「借金が多い」

借金が多いとは、借りているお金が高額である、あちらこちらからお金を借りている、という意味になり、返済が大変になっている様子を表します。

借金も額が少なければ問題はありませんが、額が増えるとなかなか大変ですよね。

ただし、借金地獄ほどの深刻さは感じられない表現です。

「借金地獄」を使った例文や短文など(意味を解釈)

ここでは例文を紹介します。

  • 「借金地獄」を使った例文1
  • 「借金地獄」を使った例文2

「借金地獄」を使った例文1

「父が経営する会社は借金地獄となり、最終的に倒産した」

会社経営は簡単ではありません。

たとえうまくいっているように見えたとしても、うまくいっていない、あちこちからの借金の返済に追われている場合もあります。

借金地獄になってしまった会社は倒産する可能性が高くなります。

「借金地獄」を使った例文2

「姉は借金地獄を味わったが、自力で全額返済した」

確かに借金地獄になってしまったらなかなか大変ですが、その一方で自力で状況を改善する人もゼロではありません。

節約生活をしながら固定費などを抑え、収入を増やすことで、きちんと借金が返済できる場合もあります。



「多重債務者」とは?

多重債務者とは、あちこちの消費者金融やクレジットカード会社など、複数の賃金業者からお金を借りており、返済が困難になっている人を指します。

一箇所から借りているならばまだ多重債務者ではありません。

消費者金融などからお金を借りてしまった場合、その借金を返済するためにさらに消費者金融からお金を借りる、ということがあります。

2017年の時点で、2社以上から借金をしている債務者は352万人いると考えられており、返済に苦しむ多重債務者も多いのではないかと推測されています。

icon まとめ

借金地獄には陥りたくないものです。

確かに経済的に困難な時代になり、奨学金の返済さえも困難だと考える人が増えていますが、いかなる借金であったとしても、きちんと計画的にお金を借りなければいけません。

また、借金に追われてむやみにヤミ金に手を出すなどということも避けた方が無難です。

きちんと返済できるかどうか計算した上でローンを考えましょう。