意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「借金まみれ」とは?意味と言い換え!例文や短文

借金まみれ、という表現を聞いたことがあるでしょうか。

できれば借金まみれにはなりたくないですよね。

それならば、借金まみれとはどのような意味を持つのでしょうか。

ここでは借金まみれという言葉について紹介します。

借金まみれ

Meaning-Book
「借金まみれ」とは?意味と言い換え!例文や短文>


目次

  • 「借金まみれ」とは?意味
  • 「借金まみれ」の言い換え・類語
  • 「借金まみれ」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「借金まみれ」になる理由


「借金まみれ」とは?意味

借金まみれというのは借金を抱えている様子、という意味を持ちます。

借金という表現は名詞で、そこに「まみれ」という表現をつけることでその名詞である借金が一面についている、という状態を表しているのです。

例えば、汗まみれと言えば汗が一面についている、という意味ですし、埃まみれと言えばほこりが一面に付いている、という意味になります。

借金まみれと言えば借金が一面についている、借金だらけである、という意味になるのです。

  • 読み方

読み方

借金まみれという言葉は「しゃっきんまみれ」と読みます。

借金という表現はわかりにくい言葉ではありませんので、ぜひ読めるようにしておきたいものです。



「借金まみれ」の言い換え・類語

ここでは借金まみれという表現の類義語を紹介します。

  • 「借金地獄」
  • 「借金が多い」

「借金地獄」

借金地獄というのは、払いきるのが困難なほど大きな負債を抱えている、という状態になります。

収入に対する支出が多すぎると、借金をなかなか返済できないですよね。

借金の返済が地獄だと思えるほど辛い場合、借金地獄と言えます。

借金を返すために他からお金を借り、さらに借金を作っている、サラ金などからお金を借りてとにかく利子が高くなってしまっている、などという場合も借金地獄という表現が使われます。

「借金が多い」

借金が多い、という表現も借金が多くなってしまっている様子、返済するのが大変な様子、という意味を持ちます。

とは言え、借金が多いためという表現は借金まみれや借金地獄ほどの悪いイメージはありません。

「借金まみれ」を使った例文や短文など(意味を解釈)

ここでは例文をいくつか紹介します。

  • 「借金まみれ」を使った例文1
  • 「借金まみれ」を使った例文2

「借金まみれ」を使った例文1

「奨学金を契機とし、彼は借金まみれになってしまった」

最近は奨学金を借りて大学に通うという人も多いのではないでしょうか。

その一方で、きちんと奨学金を返せるほどの収入がなく、奨学金の返済ができないという人も増えていると言われています。

奨学金の返済ができない人が多いため、最近では利子がない第一種奨学金を借りることも難しいと言われており、利子付きの奨学金を借りた場合は金額がどんどん増えてしまうため、それに困難を覚える人も少なくありません。

奨学金であっても借金ですから、奨学金を返すために他から借金をする、という人も存在すると言われています。

「借金まみれ」を使った例文2

「彼女は借金まみれになってしまい、最終的に自己破産をして今はブラックリストに載っているらしい」

借金まみれになってしまい、返済ができない、このままでは生きていけない、となってしまった場合、自己破産という方法が選択できます。

ただし、自己破産をするという事はきちんと返済できなかったということを認める事ですので、ブラックリストに載ります。

ブラックリストに乗れば、5年から10年の間はクレジットカードなどを作ることもできませんし、ローンを組むこともできません。

このような信頼情報は様々な金融機関が共有しますので、たとえ他の会社で試したとしても、ローンが組めないということには変わりがないのです。



「借金まみれ」になる理由

そもそも、なぜ借金まみれになってしまうのでしょうか。

借金まみれになってしまう人は、やはりお金を借りる時点でいくらの借金ができるのか、きちっと計算していないという特徴が挙げられます。

奨学金であっても、例えば数年借りれば300万円から400万円に膨れ上がってしまうことも珍しくありません。

そうなれば、返済20年から20年はかかりますし、それだけでも精神的な負担になります。

「今だけお金が欲しい」などという気持ちで一体いくらの借金になるのか考えていない場合、最終的に借金が増えてしまう可能性が高まります。

また、同時に利子があるのかないのか、利子がどれくらいになるのか、利子のために借金の総額がいくらになるのか、ということも計算しなければいけません。

icon まとめ

借金まみれにはなりたくないものですが、残念ながら借金まみれになってしまう人も存在します。

借金を背負い込みすぎないように、もしもお金を借りるならば計画的に借りたいものです。