意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「正確を期する」とは?使い方や意味・例文や短文・類語も紹介!

「正確を期する」は、ビジネスでそれなりに聞くことがある言葉です。

難しい意味のある言葉ではありませんが、このように使われた時にはいつも以上の慎重さが求められることになります。

正確を期する

Meaning-Book
「正確を期する」とは?使い方や意味・例文や短文・類語も紹介!>


目次

  • 「正確を期する」の意味とは?
  • 「正確を期する」の「期する」について詳しく解釈
  • 「正確を期する」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「正確を期する」の類語や言い換え


「正確を期する」の意味とは?

正確を期するとは、「少しの間違いもないように正しくする」ことです。

「正確を期する為には、最終的な確認は欠かせない」などといった使い方になる言葉で、実際にもそのような使われ方をよく見聞きします。

「正確を期す」と最後の「る」が付かない使い方もありますが、この「正確を期する」という形が正しく表現です。

「正確を期す」でも間違いだとは言いませんが、書類などで文字として残る場合には、「正確を期する」とした方がいいでしょう。

  • 読み方

読み方

「正確を期する」は、「せいかくをきする」と読んでください。

「期する」は、それだけの場合には「ごする」とも読む言葉ですが、「せいかくをごする」と読むことはまずなく、「せいかくをきする」と覚えておいてください。



「正確を期する」の「期する」について詳しく解釈

「期する」は、「ごする」とも読むと書きましたが、「きする」と読むのが普通なので、無理にそちらの読み方をすることはありません。

「期」「ご」と読むことは、「最期」(さいご)という言葉もあり、特におかしい読み方ではないながら、そのような読み方もあるという程度に考えておけばいいでしょう。

この言葉には、「期待する」「約束する」という意味があり、「正確を期する」とすることで、「正確さに期待する」というニュアンスが込められていると解釈でき、それが「間違いのないように」というこの言葉の意味に繋がっています。

「正確を期する」を使った例文や短文など(意味を解釈)

正確を期するを使った例文や短文と、その意味の解釈です。

これらの例文から、硬い文章や会話において使われることが多い言葉なのが分かります。

  • 「正確を期する」を使った例文1
  • 「正確を期する」を使った例文2

「正確を期する」を使った例文1

「正確を期する為には、二度、三度といったチェックが必要だ」

間違いがないように、何度もチェックする必要があると使っている例文です。

そこまでしたとしても、間違ってしまうこともないとは言えませんが、できる限りそうならないようにすることを「正確を期する」と表現します。

「正確を期する」を使った例文2

「そこまで正確を期する必要はないので、気楽に考えて構わない」

この使い方では、必ずしも正しい内容でなくても構わないと言っています。

「その必要はない」とすることで、そこまではしなくてもいいという意味で使うことができる例です。



「正確を期する」の類語や言い換え

正確を期するのように、「間違いのないように」という意味で使う言葉や表現です。

人間が行うことに完璧というものはありませんが、極力それに近くという意味が込められています。

  • 「十二分に注意する」(じゅうにぶんにちゅういする)
  • 「万全を期する」(ばんぜんをきする)

「十二分に注意する」(じゅうにぶんにちゅういする)

「充分(十分)に注意する」という表現がありますが、それより更に注意を払うという意味で使われます。

「充分(十分)に注意する」でも、もちろん「間違いのないように」と表現していますが、「十分」が100%であれば、120%の注意力を払うようにという意味だと解釈していいでしょう。

「万全を期する」(ばんぜんをきする)

「正確を期する」と同様に、「期する」と使った表現です。

「万全」は、「少しの落ち度もない」ことで、それを目指すという意味になる為、言い換え表現として使うことができます。

icon まとめ

正確を期するは、それだけ正しくと求める時に使われる言葉です。

ビジネスでは度々見聞きする言葉なので、きちんと意味と使い方を覚えておきましょう。