意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「労力を費やす」とは?意味と言い換え!例文や短文

「労力を費やす」という言葉の意味や言い換えを紹介します。

さらに「労力を費やす」を使った例文などを紹介して行きます。

労力を費やす

Meaning-Book
「労力を費やす」とは?意味と言い換え!例文や短文>


目次

  • 「労力を費やす」とは?意味
  • 「労力を費やす」の言い換え
  • 「労力を費やす」を使った例文や短文など


「労力を費やす」とは?意味

「労力を費やす」という言葉を知っているでしょうか。

何かに「労力を費やした」経験がある人もいるでしょう。

一方で、今回初めて「労力を費やす」という言葉を目にした人もいるでしょう。

そこで「労力を費やす」の読み方や意味を紹介して行きます。

  • 「労力を費やす」の読み方
  • 「労力を費やす」の意味

「労力を費やす」の読み方

「労力を費やす」「ろうりょくをついやす」と読みます。

「労力」「ろうりょく」「費やす」「ついやす」と読みます。

特に難しい漢字は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に「労力を費やす」「ろうりょくをついやす」と読むようにしましょう。

「労力を費やす」の意味

「労力を費やす」には、どのような意味があるでしょうか。

「労力を費やす」「労力」には、「何かをするために心身を働かせること」という意味があります。

また「骨を折る」という意味もあります。

「費やす」には「時間や体を使う、つぎ込む」という意味があります。

そのため、「労力を費やす」には、「何かをするために、体や時間を使う」という意味があります。

また「何かをするために、骨を折る」という意味があります。



「労力を費やす」の言い換え

「労力を費やす」という言葉を、他の言葉にしてみましょう。

「労力を費やす」と言い換えられる言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「骨を折る」
  • 「手間を掛ける」

「骨を折る」

「骨を折る」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「骨を折る」には「苦労する」「力を尽くす」という意味があります。

また「人の世話をする」という意味もあります。

「今回は骨を折っていただきありがとうございました」と、お世話になった仕事相手に「骨を折る」という言葉を使って感謝を伝えることもあります。

「手間を掛ける」

「手間を掛ける」という言葉には「手数や時間を掛ける」という意味があります。

例えば、カレーライスを作る時に、簡単に作ることもできますが、手数や時間を掛けることもできます。

スパイスからルー作りをしたり、玉ねぎをあめ色に炒めるなど、ふつうよりも手数や時間を掛けてカレーを作る時、「手間を掛けてカレーを作る」と表現します。

「労力を費やす」を使った例文や短文など

続いて「労力を費やす」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「労力を費やす」という言葉の使い方のコツを、例文を通じて知りましょう。

  • 「労力を費やす」を使った例文1
  • 「労力を費やす」を使った例文2

「労力を費やす」を使った例文1

「この作品は『労力を費やした』だけのある出来栄えだ」

この例文のように、時間や手間暇をかけて作った作品は、その苦労に値する出来栄えのものがあります。

このように「労力を費やした」甲斐のある作品を見ることは、視聴者にとっても幸せなことでしょう。

もちろん「労力を費やす」からと言って、良い作品になるとは限りませんが、時間を掛けて作られた作品は、見る物に感じさせる何かがあるかもしれません。

「労力を費やす」を使った例文2

「企画書づくりに『労力を費やす』」

ビジネスシーンでは、この例文のような場面が頻繁に登場します。

みなさんの中にも、企画書を作るために、時間をつぎ込んだり苦労した経験がある人は多いでしょう。

このように、何かを作るために、時間をかなり掛けたり、苦労する時、「労力を費やす」と表現します。



icon まとめ

「労力を費やす」という言葉について見てきました。

ビジネスシーンを中心に、「労力を費やす」という言葉は広く使われていますので、意味や使い方を覚えておくと良いでしょう。