意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「瞬かせる」とは?意味や使い方や例文!

「瞬かせる」という言葉の読み方や意味を紹介します。

また「瞬かせる」の類語や似た意味の言葉を紹介して行きます。

さらに「瞬かせる」を使った例文などを紹介して行きます。

Meaning-Book
「瞬かせる」とは?意味や使い方や例文!>


目次

  • 「瞬かせる」とは?
  • 「瞬かせる」の言葉の使い方
  • 「瞬かせる」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「瞬かせる」を使った例文や短文など


「瞬かせる」とは?

みなさんは「瞬かせる」という言葉を知っているでしょうか。

星空を見ながら「瞬かせる星々」などという言葉を言う人の姿を見たことがあるかもしれません。

一方で、「瞬かせる」という言葉を、今回初めて耳にしたという人もいるでしょう。

そこで「瞬かせる」という言葉の読み方や意味を紹介します。

  • 「瞬かせる」の読み方
  • 「瞬かせる」の意味

「瞬かせる」の読み方

「瞬かせる」「またたかせる」と読みます。

また「瞬く」「またたく」、また「瞬く」「しばたたく」と読みます。

そのため「瞬かせる」「しばたたかせる」と読むこともあります。

このように「瞬かせる」「またたかせる」、あるいは「しばたかせる」と読むことを覚えておきましょう。

「瞬かせる」の意味

「瞬かせる」には、どのような意味があるでしょうか。

まず「瞬く」には、大きく分けて二つの意味があります。

そこで「瞬く」のそれぞれの意味を見て行きましょう。

「瞬く」には「ちらちら光る」という意味があります。

夜空を見ると、星がちらちらと光っているように見えます。

実際には、星はずっと一定の光を出していますが、大気が揺らぐため「瞬く」ように見えます。

次に「瞬く」には、「まぶたをぱちぱちと、開けたり閉じたりする」という意味もあります。

いわゆる「瞬き」のことで「瞬きをする」という意味があります。

そのため「瞬かせる」は、「星がちらちらと光り輝く様子を見せる」という意味や、「瞬きをして見せる」という意味があります。



「瞬かせる」の言葉の使い方

「瞬かせる」という言葉の使い方を紹介します。

「瞬かせる」には、「何かがちらちらと光り輝く様子を見せる」という意味や、「瞬きをして見せる」という意味があります。

そこで、そのような場面を見た時に、「瞬かせる」という言葉を使ってみましょう。

例えば、美しい星空を見た時に、星々がちらちらと光り輝いている時、「星々が光を『瞬かせる』」などと言ってみましょう。

また隣にいる人が、何かを見て、しきりに瞬きをしている姿を見た時に、「瞬かせる」という言葉を使ってみましょう。

人は驚いた時、瞬きが多くなるという特徴がありますが、驚いて瞬きをたくさんしている人を見た時に「目を瞬かせている人」などと言いましょう。

「瞬かせる」の類語や類似表現や似た言葉

続いて「瞬かせる」の類語や、似た意味を持つ言葉を紹介します。

「瞬かせる」とよく似た言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「輝かす」【かがやかす】
  • 「光らせる」【ひからせる】
  • 「ちらつく」【ちらつく】
  • 「ウインク」【ういんく】

「輝かす」【かがやかす】

「輝かす」という言葉には、「輝くようにする、光らせる」という意味があります。

例えば、宝石がたくさんついた王冠を、太陽光の下に置くと、宝石が輝きを放ちます。

このような時に、「王冠を輝かせる」などと言います。

また美しい女性を、さらに美しく見せるため、メイクを施し、美しい衣装を着せることを、「女性を輝かせる」などと言います。

「光らせる」【ひからせる】

「光らせる」という言葉があります。

「光らせる」には、「光るようにさせる」という意味があります。

また監視するために「目を光らせる」という言い方もします。

例えば、試験中に、カンニングする生徒がいないように、目が光るように先生が注意する時、「カンニングに目を光らせる」と言います。

「ちらつく」【ちらつく】

「ちらつく」という言葉には、「ちらちらと光る」という意味があります。

例えば、ろうそくの光が空気に揺らめきちらちらと光る時、「ロウソクの明かりがちらつく」などと言います。

「ウインク」【ういんく】

「ウインク」には「片目をつむって合図するための瞬き」という意味があります。

「瞬かせる」には、「瞬きをする」という意味があるため、「ウインク」は似た意味の言葉と言えます。

何かのサインを送る時に「ウインク」を使いますし、海外の男性は素敵な女性に対して、いつでも「ウインク」を贈ります。



「瞬かせる」を使った例文や短文など

続いて「瞬かせる」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「瞬かせる」の使い方のコツを、例文を通じて覚えましょう。

  • 「瞬かせる」を使った例文1
  • 「瞬かせる」を使った例文2
  • 「瞬かせる」を使った例文3

「瞬かせる」を使った例文1

「キャンプ場の夜、ランプが光を『瞬かせる』」

この例文のような光景を見たことがある人がいるかもしれません。

キャンプ好きの人は、夜になるとランプを付けて、ランプの明かりで食事を楽しんだり、読書をして一人の時間を楽しむかもしれません。

このような時、空気が揺れて、ランプの光がちらちらと光る姿を目にするかもしれません。

このような様子を、例文のように表現します。

幻想的な光の揺らぎは、気持ちを落ち着かせ、キャンプの夜を盛りあげてくれるでしょう。

「瞬かせる」を使った例文2

「美しい瞳を『瞬かせる』女性」

この例文のような、美しい瞳をしている女性を見たことがあるかもしれません。

美しく大きな瞳をしている女性は、目が大きく、周囲の興味を引くため、瞬きをしただけでとても目立ちます。

そのような姿を見た時に、周囲にいる人は「目を瞬かせている」と感じます。

長いまつげが瞬くことで、風を送るのではないかと感じるほど、大きくて美しい女性の瞬きは印象的でしょう。

「瞬かせる」を使った例文3

「A君は驚いて、目を『瞬かせた』」

この例文に登場するA君のように、人は驚くと目をパチパチと「瞬かせる」傾向があります。

例えば目の前にお化けのような何かが現れた時、一瞬、目を見開いて驚いた後、目をパチパチと「瞬かせる」のではないでしょうか。

このように「瞬かせる」は、何かに驚いて、目をパチパチとさせている様子を表現できます。

誰かが驚いて瞬きが増えていると感じた時に、この例文のような文章にしてみましょう。

icon まとめ

「瞬かせる」という言葉について見てきました。

光がちらちらと揺れる時、瞬きをする時などに、「瞬かせる」という言葉を使ってみましょう。

「瞬かせる」の意味を知り、適切な場面で使いこなせるようにしておきましょう。