意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「一大勢力」とは?使い方や例文!

「一大勢力」という言葉の読み方や意味を紹介します。

また「一大勢力」の類語や、似た意味の言葉を紹介して行きます。

さらに「一大勢力」を使った例文を紹介して行きます。

Meaning-Book
「一大勢力」とは?使い方や例文!>


目次

  • 「一大勢力」とは?
  • 「一大勢力」の言葉の使い方
  • 「一大勢力」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「一大勢力」を使った例文や短文など


「一大勢力」とは?

みなさんは「一大勢力」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

芸能界の「一大勢力」や、戦国時代の「一大勢力」など、具体的な「一大勢力」の姿が思い浮かんだ人もいるでしょう。

一方で、「一大勢力」という言葉を今回初めて聞いたという人もいるでしょう。

そこで「一大勢力」の読み方や意味を紹介して行きます。

  • 「一大勢力」の読み方
  • 「一大」の意味
  • 「勢力」の意味
  • 「一大勢力」の意味

「一大勢力」の読み方

「一大勢力」「いちだいせいりょく」と読みます。

「一大」「いちだい」「勢力」「せいりょく」と読みます。

「いちおおせいりょく」などと読み間違えないように気を付けましょう。

これを機会に「一大勢力」「いちだいせいりょく」と読むことを覚えておきましょう。

「一大」の意味

「一大勢力」「一大」には、どのような意味があるでしょうか。

「一大」には、「一つの重大な」という意味があります。

例えば「一大ニュース」という言葉がありますが、「一大ニュース」には、「一つの重大なニュース」という意味があります。

ニュース番組のワンコーナーではなく、番組丸ごと、そのニュースの放送に当てられるくらい、大きくて重要な一つのニュースのことです。

このように「一大」には「一つの重大な」という意味があります。

「勢力」の意味

「一大勢力」「勢力」には、どのような意味があるでしょうか。

「勢力」には「他を抑えて支配下におく勢い」「国家や政党、集団が持つ、他の集団を抑える力」などの意味があります。

「地方勢力が台頭」という言葉には、地方に発生した、他の勢力を支配下に置くほどの力を持つ集団が台頭してきたという意味があります。

このように「勢力には、他を抑えて支配下に置くほどの勢い」または「他の集団を抑える力を持つ集団」などの意味があります。

「一大勢力」の意味

「一大」「勢力」の意味を知りました。

「一大勢力」には、「一つの重要な、他の集団を抑える力を持つ集団」「一つの重要な他の勢力を支配下に置くほどの勢い」という意味があります。



「一大勢力」の言葉の使い方

「一大勢力」という言葉の使い方を紹介します。

「一大勢力」という言葉は、政治の世界や、業界内の企業や集団などを指して使うことが多くなっています。

例えば、政治の世界では旋風を起こすような、勢いを持つ政党が登場することがあります。

このような勢力を「一大勢力」と呼びます。

また業界内で、他の企業を抑え込むような勢いを持つ企業が登場することがあります。

このような企業のことも「一大勢力」と呼びます。

このように、ある手段が、他を抑え込むほどの力を持つ時に、「一大勢力」という言葉が使われます。

「一大勢力」の類語や類似表現や似た言葉

続いて「一大勢力」の類語や似た意味の言葉を紹介します。

「一大勢力」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「大物」
  • 「ドン」
  • 「ビッグネーム」
  • 「大御所」
  • 「巨人」

「大物」

「大物」という言葉には、「その方面で大きな勢力や影響力を持つ人物」という意味があります。

例えば政治界の「大物」や、スポーツ界の「大物」などという言葉があります。

「大物に逆らったら、その世界で生きていけない」という言葉があるほど、「大物」には力があると考えられています。

「ドン」

「ドン」「一つの仲間の長」「かしら」などの意味があります。

どちらかと言えば、ダーティな集団のトップを「ドン」と呼ぶ傾向があります。

例えば盗賊のトップのことを「盗賊のドン」などと呼ぶことがあります。

「ビッグネーム」

「ビッグネーム」という言葉も良く使われています。

「ビッグネーム」には「大物」という意味があり、また「広く知られた名前」という意味もあります。

その世界で大きな影響力を持つだけでなく、一般人にも広く知られているような人を「ビッグネーム」と呼びます。

「大御所」

「大御所」には「すでに引退するなどして、表面に出ることはないが、その世界では依然として実力や影響力を持つ人」のことを言います。

例えば政治家を辞めたものの、現役の政治家に対して強い影響力を持つ人は「大御所」と呼ばれることがあります。

またプロ野球のOBで解説者などの立場でありながら、野球界に大きな影響力を持つ人のことを「大御所OB」などと言います。

「巨人」

「巨人」には「並はずれて大きな体を持つ人」という意味があります。

また「優れた才能を持ち、偉大な業績を持つ人」のことも「巨人」と言います。

「映画界の巨人」などという使われ方をします。



「一大勢力」を使った例文や短文など

続いて「一大勢力」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「一大勢力」という言葉の使い方のコツを、例文を通じて覚えましょう。

  • 「一大勢力」を使った例文1
  • 「一大勢力」を使った例文2

「一大勢力」を使った例文1

「○○事務所は、芸能界の『一大勢力』になった」

芸能界で活躍する芸能人の多くは、芸能事務所に所属します。

そして所属する芸能事務所の力が大きいほど、良い作品に出演できると言われています。

そのため、有望な芸能人候補は、力のある大きな事務所に入りたいと思います。

こうして、有望な芸能人が、大きな芸能事務所に入るという構図が生まれ、ある芸能事務所は、他の芸能事務所を抑え込めるほどの集団になります。

このような大きな芸能事務所は、例文のように「芸能界の一大勢力」と呼ばれます。

「一大勢力」を使った例文2

「地方の『一大勢力』になり上がった戦国武将が、都を目指して攻め上がってくる」

この例文は、戦国時代の戦国武将の活躍を描いた小説やドラマの一シーンを切り取ったものです。

初めは小さな集団の首領に過ぎなかった男が、勝ち上がり地方の「一大勢力」と呼ばれるまで上り詰めるようなドラマが、戦国時代にはたくさんあります。

現在の閉塞感のある世の中からすると、夢があり解放感を味わえるため、戦国時代のドラマや小説は人気が高いのでしょう。

icon まとめ

「一大勢力」という言葉について見てきました。

みなさんが興味あるジャンルの「一大勢力」の一例が、頭の中に浮かんだかもしれません。