意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「相対化」とは?わかりやすく解釈!使い方や例文!類語や類似表現

「相対化」という言葉の意味をわかりやすく解釈すると、「自分一人だけでは成立することができず(自分一人だけで絶対的な存在として成り立つことはできず)、他との関係・比較において成り立つということ」です。

「相対化」とは、「他との関係や比較を前提にして考えるようにすること」です。

「相対化」「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類語(シソーラス)や言い換え・英語と解釈」などについて、詳しく説明していきます。

相対化

Meaning-Book
「相対化」とは?わかりやすく解釈!使い方や例文!類語や類似表現>


目次

  • 「相対化」とは?
  • 「相対化」の言葉の使い方
  • 「相対化」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「相対化」の対義語
  • 「相対化」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「相対化」の英語と解釈


「相対化」とは?

「相対化(そうたいか)」とは、「絶対的な物事の見方(絶対的な存在のあり方・認識)を否定して、他との関係や比較を前提にして考えるようにすること」を意味する言葉です。

「相対化」という言葉は、「偏った絶対的な考え方ではなくて、自己と他者を並べて比較して考えるような客観的な考え方をすること」を意味しているのです。

  • 「相対化」をわかりやすく解釈
  • 「自分を相対化する」とは?

「相対化」をわかりやすく解釈

「相対化」というのは、「自分だけが絶対的で特別な存在ではないという前提」を置いて、「自己と他者の関係や比較を前提にして客観的に考えるようにすること」を意味する言葉です。

「相対化」の言葉の意味は、「主観的な独善性に陥らないこと・一方的な決めつけをしないこと」であり、「他との関係性や比較をしながら物事をできるだけ客観的に考えること」になります。

「自分を相対化する」とは?

「自分を相対化する」とは、「自分を唯一絶対の存在とは思わないようにすること」「自己中心的な偏った考え方・価値観を修正すること」を意味しています。

「自分を相対化する」という言葉は、「自分を絶対化せずに、自分も他者と同じ一人の人間であるという前提を置くこと」を意味しています。

「自分を相対化する」とは、「自分を他者との関係性や比較の観点から客観的に見ること」なのです。



「相対化」の言葉の使い方

「相対化」の言葉の使い方は、「絶対的な物事の見方・決めつけを改めて、自分(主体)を他との関係・比較の観点から客観的に考えていく場合」に使うという使い方になります。

また、「独善的な意見を改めたり、一方的な偏った決めつけをやめたりする場合」にも、「相対化」という言葉を使用することができます。

例えば、「国家を相対化することによって、国家のために国民が戦争で犠牲になるのが当たり前という価値観を見直すことができます」「自己を相対化できなければ、自己正当化以上の価値観を見出すことはできないでしょう」などの文章において、「相対化」の言葉を正しく使うことができます。

「相対化」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「相対化」を使った例文や短文などを紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「相対化」を使った例文1
  • 「相対化」を使った例文2

「相対化」を使った例文1

「異文化コミュニケーションでは、自文化や今までの価値観を相対化することが時に必要になってきます」

この「相対化」を使った例文は、「異文化コミュニケーションでは、自文化や今までの価値観を絶対的なものだと思い込まないこと(異文化と自文化を並列に並べて客観的にそれぞれの価値を考えていくこと)が、時に必要になってくる」ということを意味しています。

「相対化」を使った例文2

「過剰に価値観や信念を相対化しすぎると、何を信じて生きていけば良いのか分からなくなる虚無主義に陥ることがあります」

この「相対化」を使った例文は、「過剰に価値観や信念を他と比較可能なものにしてしまうと(絶対的な価値・信念を捨てきってしまって全ての価値をフラットなものとして認識するようになると)、何を信じて生きていけば良いのか分からなくなる(すべてのものに意味も価値もないと思い込む)虚無主義に陥ることがある」ということを意味しています。



「相対化」の対義語

「相対化」の対義語は、「絶対化(ぜったいか)」になります。

「絶対化」という言葉は、「他との関係性・比較がなくても、それそのものだけで成り立って価値があると考えるようにすること」を意味しています。

「相対化」とは、「絶対的な価値・存在を否定して、それそのものだけでは成り立たないこと」「他との関係・比較を通して物事を客観的に考えること」ですから、「相対化」と反対の意味を持つ対義語として「絶対化」を指摘できます。

「相対化」の類語や類似表現や似た言葉

「相対化」の類語・類似表現・似た言葉について、分かりやすく解説していきます。

  • 「客観的思考」
  • 「他と比較する」
  • 「独断をやめる・偏見を無くす」

「客観的思考」

「相対化」の類語・類似表現として、「客観的思考」があります。

「相対化」という言葉は、「主観的な思い込みや独善的な決めつけを否定して、物事をできるだけ客観的に考えるようにすること」を意味しています。

その意味合いから、「相対化」と良く似た意味を持つ類語(シソーラス)として、「客観的思考」を上げることができます。

「客観的思考」とは、「主観にとらわれず第三者の視点から公平に考えること」を意味しています。

「他と比較する」

「相対化」の類語・似た言葉として、「他と比較する」があります。

「相対化」の言葉の意味は、「それそのものだけ(自分一人だけ)では成り立たず、他との関係性や比較によって意味・価値が成立すること」になります。

その意味から、「相対化」と似た意味を持つ言葉として、「他と比較する」を上げることができます。

「独断をやめる・偏見を無くす」

「相対化」の類語・似た言葉として、「独断をやめる・偏見を無くす」があります。

「相対化」という言葉は、「主観的・自己中心的な決めつけをやめること」「絶対的な価値観に基づく一方的な偏見を無くすこと」を意味しています。

それらの意味から、「相対化」とほとんど同じ意味合いを持つ類語(シソーラス)として、「独断をやめる・偏見を無くす」という言葉を指摘することができます。

「相対化」の英語と解釈

相対化 meaning in english

「相対化」という言葉は、“relativization”(相対化・他との関係性で成り立つ)や“relativize”(相対化する)などの英語で表現することができます。

  • “Relativization is to abandon an absolute position and prejudice.”

“Relativization is to abandon an absolute position and prejudice.”

この「相対化」を使った英語の例文は、「相対化とは、絶対的な立場と偏見を捨てることです」ということを意味しています。

icon まとめ

「相対化」という言葉について徹底的に解説しましたが、相対化には「絶対的(自己中心的)な見方を捨てて、他との関係や比較を前提にして考えるようにすること」などの意味があります。

「相対化」の類語(シソーラス)・言い換えとしては、「客観的思考」「他と比較する」「独断をやめる・偏見を無くす」などがあります。

「相対化」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。