意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「継続は力なり」の意味とは?使い方や例文、似たような意味を持つ言葉を紹介!

「継続は力なり」という言葉の意味や使い方を紹介します。

また「継続は力なり」の類語や似た意味を持つ言葉を紹介して行きます。

さらに「継続は力なり」を使った例文などを紹介して行きます。

継続は力なり

Meaning-Book
「継続は力なり」の意味とは?使い方や例文、似たような意味を持つ言葉を紹介!>


目次

  • 「継続は力なり」とは?
  • 「継続は力なり」の使い方
  • 「継続は力なり」の類語や似たような意味を持つ言葉
  • 「継続は力なり」を使った例文や短文など
  • 「継続は力なり」で思い浮かぶ有名人や著名人


「継続は力なり」とは?

みなさんは「継続は力なり」という言葉を使っているでしょうか。

「継続は力なり」は有名な言葉で、座右の銘にしている人がいるほど、好かれている言葉です。

一方で「継続は力なり」という言葉を、今回初めて目にした人もいるでしょう。

そこで「継続は力なり」の意味を紹介して行きます。

  • 「継続は力なり」の意味
  • 「継続は力なり」で成果を出すには「正しい方法で継続」が必要

「継続は力なり」の意味

「継続は力なり」には、どのような意味があるでしょうか。

「継続は力なり」には、「地道に続けて行けば、いつかは大きな成果が出る」という意味や、「たゆまぬ努力を続けていれば、いつかはそれ相応の実力が付く」という意味があります。

三日努力をしただけでは、なかなか成果は出ませんし、実力もつきませんが、長い間、継続して努力を続ければ、誰でも立派な成果を出せるでしょう。

また努力を続けてきた歳月にふさわしいような実力を身に付けられるでしょう。

このように「継続は力なり」には、「努力を続ければ、いつかは大成できる」という意味があります。

「継続は力なり」で成果を出すには「正しい方法で継続」が必要

「継続は力なり」という言葉を大切にして、成果を出している人はたくさんいます。

「継続は力なり」という言葉は、誰にとっても役立つ言葉と言えるでしょう。

しかし、「正しい方法で継続する」ということも大切なことです。

例えばフルマラソンで完走できるような実力をつけるためには、正しい方法でトレーニングする必要があります。

軽い体になるために食事量を調整し、短い距離のジョギングから始めて距離を伸ばし、疲労が蓄積しないようしっかり休養を取るなどの「正しい方法」が必要です。

それでいて、三か月程度の「継続」が必要になります。

「継続は力なり」で成果を出すためには、このように「正しい方法」「継続」の両輪が必要になります。



「継続は力なり」の使い方

続いて「継続は力なり」という言葉の使い方を紹介します。

「継続は力なり」は、続けることの大切さを教えてくれる言葉です。

そこで、三日坊主になりがちな人に、継続することの大切さを教える時に、「継続は力なり」という言葉を使ってみましょう。

その時に、「継続は力なり」を理解できるような具体例を紹介するといいでしょう。

ビジネスシーンなら、現在の実力を付けるために、どのような継続的な努力をしたかなど、体験談を交えつつ「継続は力なり」という言葉を決め台詞にしてみましょう。

三日坊主を繰り返していた後輩や家族も、継続することの大切さに目覚めるかもしれません。

「継続は力なり」の類語や似たような意味を持つ言葉

続いて「継続は力なり」の類語や、似たような意味を持つ言葉を紹介して行きます。

「継続は力なり」と同じような意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「涓滴岩を穿つ」【けんてきいわをうがつ】
  • 「千里の道も一歩から」【せんりのみちもいちほから】
  • 「ローマは1日にして成らず」【ろーまはいちにちにしてならず】
  • 「石の上にも3年」【いしのうえにもさんねん】

「涓滴岩を穿つ」【けんてきいわをうがつ】

「涓滴岩を穿つ」には、努力を続ければ、成功するという意味があります。

「涓滴」には「わずかな水滴」という意味があり、「岩を穿つ」には「岩に穴をあける」という意味があります。

鍾乳洞などに、水滴により地形が変化した場所がありますが、長い年月同じ場所に、水の重さが掛かると、岩にも穴が開きます。

同じように、小さな努力でも長期間地味重ねれば成果が出るという意味があります。

「千里の道も一歩から」【せんりのみちもいちほから】

「千里の道も一歩から」という言葉があります。

「千里の道も一歩から」には「どんな大きな事業でも、まずは小さなことから始めよう」という意味があります。

「千里の道」を完歩するためには、まず一歩を出さなければなりません。

フルマラソンを走るためには、初めの一歩を出さなければいけないのと同じです。

「ローマは1日にして成らず」【ろーまはいちにちにしてならず】

「ローマは1日にして成らず」という言葉を聞いたことがある人もいるでしょう。

「ローマは1日にして成らず」には、「大事業は長年の努力の結果成し遂げられるのだ」という意味になります。

短期的な努力で、あれほど繁栄したローマ帝国を作ることはできないというところから生まれた言葉です。

実際にローマ帝国は、築かれるまでに700年以上を費やした歴史があります。

ビジネスシーンでも、大企業には数百年の歴史を持つ会社が少なくありません。

「石の上にも3年」【いしのうえにもさんねん】

「石の上にも3年」という言葉があります。

冷たい石でも、3年間座り続ければ温かくなるという意味がある言葉です。

そのため、「無理と思えるようなことでも、長期間頑張りつづければ、きっとできる」という教えが含まれています。

この場合の3年には、「長い期間」という意味があります。

ここまで見たように、「長期間続けることの大切さ」を教える言葉は、いくつもあります。

これは「長期間続けることの難しさ」を物語っているのかもしれません。

逆に言えば、「長期間、正しい方法で努力さえすれば、何かしらの成果は出る」とも言えます。

みんなが長期間続けられないのに、続けられれば、大きなアドバンテージになるためです。

これらの言葉を座右の銘にして、大きな夢を現実にしましょう。



「継続は力なり」を使った例文や短文など

「継続は力なり」という言葉を使った、例文や短文を紹介して行きます。

「継続は力なり」という言葉の使い方のコツを、例文を通じて覚えて行きましょう。

  • 「継続は力なり」を使った例文1
  • 「継続は力なり」を使った例文2

「継続は力なり」を使った例文1

「2000本安打は『継続は力なり』という言葉そのものだ」

日本のプロ野球の世界では、現役生活を通じて「2000本のヒット」を打つと超一流選手とされ、名球会という団体に入れます。

年間に200本のヒットを打ったことがある選手は、歴代でも数人に過ぎません。

仮に毎年200安打しても、10年かかるのが、2000本安打のため、「継続」することが大切になります。

正しい努力を積み重ねて継続してこそ達成できる記録は、「継続は力なり」という言葉を担保するような事例かもしれません。

「継続は力なり」を使った例文2

「『継続は力なり』というから、毎朝、英単語を覚えよう」

この例文のように、毎朝、英単語を覚えることを日課にしている人がいるかもしれません。

このような生活を長期間すれば、きっと英語力がアップするでしょう。

まさに「継続は力なり」と言えます。

もし毎朝30分、ジョギングをする習慣を付ければ、健康になり、スポーツをしやすい体になるでしょう。

またボディラインが美しくなるかもしれません。

もし、資格取得の勉強を、寝る前に30分、長期間続ければ、資格取得の可能性が高くなるはずです。

一時的に一生懸命勉強するよりも、効果的に能力をアップできるでしょう。

「継続は力なり」で思い浮かぶ有名人や著名人

最後に「継続は力なり」で思い浮かぶ有名人や著名人を紹介します。

みなさんの知っている人は登場するでしょうか。

  • 「トーマス・エジソン」【とーます・えじそん】
  • 「イチロー」【いちろー】
  • 「伊能忠敬」【いのうただたか】

「トーマス・エジソン」【とーます・えじそん】

発明王として知られるトーマス・エジソンは「継続は力なり」を体現した人と言えるでしょう。

エジソンは数々の発明をしていますが、その陰では数えきれないくらいの失敗をしています。

もし一度の失敗にめげていたら、彼が発明王と呼ばれることはなかったはずです。

「イチロー」【いちろー】

2019年に引退した、イチロー選手は、「継続は力なり」を体現したスポーツ選手です。

日米通算で4000本以上のヒットを打ったイチローは、毎日のルーティンワークを大切にした人でした。

毎日変わらぬ準備をするからこそ、いつでも平常心でバッターボックスに立ててヒットを打てるということは、誰よりも多くヒットを打ったイチロー選手が、「継続は力なり」を現実にしたと言えます。

「伊能忠敬」【いのうただたか】

伊能忠敬は、江戸時代の人で、正確な日本地図を作ったことで知られています。

伊能忠敬が天文学を始めたのは、なんと50歳になった頃で、それから地図作りを始めています。

そしてその地図作りに費やした期間は、17年という長期に渡ります。

「継続は力なり」としか言いようのない長い期間と言えます。

結果的にできた日本地図は、現在から見ても精度が高く、当時としては驚くほどの精度を誇りました。

このように「継続は力なり」という言葉の大切さを、伊能忠敬の偉業を通じて知れるでしょう。

icon まとめ

「継続は力なり」という言葉について見てきました。

「継続は力なり」という言葉を、座右の銘にしたいと思った人もいるかもしれません。

毎日少しずつ、できる範囲の努力を、長期間続ければ、人生はきっと良い方向に変わるはずです。