意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「怯まない」の意味とは?使い方や例文、「怯まない」方法などを紹介!

「怯まない」という言葉の意味や使い方を紹介します。

また「怯まない」を使った言葉を紹介し、さらに「怯まない」を使った例文などを紹介して行きます。

Meaning-Book
「怯まない」の意味とは?使い方や例文、「怯まない」方法などを紹介!>


目次

  • 「怯まない」とは?
  • 「怯まない」の使い方
  • 「怯まない」を使った言葉と意味を解釈
  • 「怯まない」を使った例文や短文など
  • 「怯まない」の類語や類義語などの解釈
  • 「怯まない」ための方法


「怯まない」とは?

みなさんは「怯まない」という言葉を知っているでしょうか。

「怯まない人」の顔が、具体的に浮かんだ人もいるかもしれません。

一方で「怯まない」という言葉の意味がまるでわからないという人もいるでしょう。

そこで「怯まない」の読み方や意味を紹介して行きます。

  • 「怯まない」の読み方
  • 「怯まない」の反対の言葉
  • 「怯まない」の意味

「怯まない」の読み方

「怯まない」「ひるまない」と読みます。

あまり見慣れない漢字が使われているため、初見で正しく読むのは難しいかもしれません。

これを機会に「怯まない」「ひつまない」と読むことを覚えておきましょう。

「怯まない」の反対の言葉

「怯まない」の意味を知る前に、「怯まない」の反対の言葉を知っておきましょう。

「怯まない」の反対の言葉は「怯む」になります。

「怯む」「ひるむ」と読みます。

「怯む」には、「何かを恐れて、気力が弱くなる」という意味や、「気持ちがくじける」という意味があります。

また「怯む」には「手足がしびれる」という意味があります。

しかしほとんどの場合、「怯む」という言葉は、「何かを恐れて、気力が弱まる」「気持ちがくじける」という意味で使います。

「怯まない」の意味

「怯まない」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「怯む」「何かを恐れ、気力が弱くなる」「気持ちがくじける」という意味がありましたが、それを否定する意味になります。

そのため「怯まない」には、「何かを恐れて、気力が弱くなったりしない」「気持ちがくじけない」という意味があります。



「怯まない」の使い方

「怯まない」という言葉の使い方を紹介します。

「怯まない」には、「何かを恐れて、気力が弱くなることがない」「気持ちがくじけない」という意味があります。

その前提として、「一般的に恐れられているようなものと出会う」「怖いと思わされる」という条件があります。

何も怖くない場面で、「怯まない」のは当たり前のためです。

例えば目の前に、強面の男性がいると、ほとんどの人が「怖い」と思い「逃げよう」と思ったりするでしょう。

そのような場面でも、気力が弱くなったりしない人のことを「怯まない」と言います。

「怖い人に対しても怯まない」などという使い方をします。

このように「普通なら怖くなり、気力が弱まる」場面で、「弱くならない」人に対して、「怯まない」という言葉を使ってみましょう。

「怯まない」を使った言葉と意味を解釈

続いて「怯まない」を使った言葉を紹介し、その意味を解釈して行きます。

「怯まない」を使った言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「怯まない人」
  • 「怯まない心」
  • 「怯まない方法」

「怯まない人」

「怯まない人」には、一般的に怖がるような場面でも、気力が弱まらない人という意味があります。

例えば、会社の上司が本気で怒鳴り散らしている場面では、ほとんどの人が怖くなり、気力が弱くなってしまうでしょう。

泣きだしてしまう人もいるかもしれません。

そのような場面でも、平気でいられる人は「怯まない人」と呼ばれます。

みなさんの周囲にも、「怯まない人」と呼ばれるような人がいるかもしれません。

「怯まない心」

「怯まない心」には、簡単にくじけない強い気持ち、どのような場面でも気力高く保っておける心という意味があります。

「怯まない人」の心が「怯まない心」と言えるかもしれません。

また「怯まない心」という言葉を使うのは、そのような強い心を持ちたいという願望がある人かもしれません。

上司に叱られるとすぐに涙目になってしまう人や、誰かに怒鳴られると心が折れてしまう人などが、「怯まない心を身に着けたい」と思うのかもしれません。

「怯まない方法」

「怯まない方法」という言葉があります。

「怯まない方法」には、「心がくじけないためのやり方、手段」などの意味があります。

心を強く保つことは、社会生活を送るために必要なことかもしれません。

大人になって、いつも泣いているようでは社会人失格と言われてしまうかもしれないためです。

「怯まない方法」を知り、どのような場面でも堂々と振る舞うためには、どのようなやり方や手段を用いればいいのか知りたい人もたくさんいるかもしれません。



「怯まない」を使った例文や短文など

次に「怯まない」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「怯まない」の使い方のコツを、例文を通じて覚えましょう。

  • 「怯まない」を使った例文1
  • 「怯まない」を使った例文2
  • 「怯まない」を使った例文2

「怯まない」を使った例文1

「バンジージャンプを飛ぶ直前になっても『怯まない』人」

この例文に登場する人は、例えバンジージャンプのような、誰もが恐れるようなイベントを前にしても、心が折れたりしない人です。

どんなに強い心を持っている人でも、バンジージャンプの直前は「怖い」という言葉を連発してしまいがちですが、まるで平気な顔で、スタートの合図と同時に崖に向かってジャンプできる人がいます。

このような人は、まさに「怯まない人」と言える、鉄のハートを持った人かもしれません。

「怯まない」を使った例文2

「上司に睨まれても『怯まない』新入社員」

この例文に登場するような新入社員を見たことがあるかもしれません。

心臓に毛が生えたような性格の新人で、上司に怒鳴られても、嫌味を言われても態度を変えたりしない新入社員は「怯まない」新入社員と言えるでしょう。

それでいて、仕事ができて、他の人々に優しくできる人だとしたら、将来有望かもしれません。

しかし、人の気持ちが分からず、空気が読めないだけだとしたら、それほど大した人ではないかもしれません。

「怯まない」を使った例文2

「ピンチに陥っても『怯まない』投手」

この例文は、プロ野球や高校野球のマウンドに立つ投手の姿を切り取ったものです。

例えばノーアウト満塁のような絶対的なピンチに陥った場合、投手によっては、心が折れてしまい暴投したり、四球を連発してしまうかもしれません。

しかし「怯まない投手」は、ピンチになるほど冷静な投球ができ、巧みに打者を打ち取れます。

スポーツ全般に言えることですが、ピンチになった時に、どれだけ実力を発揮できるかどうかが、一流かそうでないかの違いを分けます。

この例文のような、ピンチに陥っても堂々としていて、「怯まない」投手は、一流の投手になる資質がある人と言えるでしょう。

「怯まない」の類語や類義語などの解釈

「怯まない」の類語や、言い換えられる似た意味の言葉を紹介し、解釈して行きます。

「怯まない」と似た意味の言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「尻込みしない」
  • 「二の足を踏まない」

「尻込みしない」

「尻込みしない」「しりごみしない」と読み、「後ろに下がってためらったりしない」という意味があります。

「怯まない」と同じような意味を持つ言葉です。

「二の足を踏まない」

「二の足を踏まない」には、「ためらったりしない」という意味があります。

「二の足を踏む」には、「二歩目が出ずに、その場で足踏みをする様子」という意味がありますが、「二の足を踏まない」人は、二歩目も堂々と前に出せます。

「怯まない」ための方法

最後に「怯まない」ための方法を紹介します。

いつも「怯む」タイプの人は、参考にしてみましょう。

  • 「場数を踏む」
  • 「大きな声を出す」

「場数を踏む」

すぐに「怯む」タイプの人は、もしかしたら場数が足りないのかもしれません。

例えば、父親がいつも怒鳴っているタイプの場合、子供は怒鳴られても気にしなくなる傾向があります。

そこで、ガラの悪いタイプの友達などと頻繁に会うようにし、場数を増やすこと、「怯む」ような場面でも平気でいられるようになるかもしれません。

また誰かに怒られている場面でも、「場数を踏むチャンス」だと思えば、冷静になれるかもしれません。

普段なら感情的になり、「怯む」ような場面でも、落ち着いていられるかもしれません。

「大きな声を出す」

自分の声が小さいと、周囲の人の声を大きく感じるため、「怯みやすく」なる傾向があります。

逆に自分の声が大きければ、相手の大きな声を当たり前の音量に感じられます。

例え、体の大きな男性が、かなり大きな声を出したとしても、怖いという感覚がなくなるかもしれません。

少しずつでいいので、地声を大きくして、他の人の出す声に対して「怯まない」ようになりましょう。

icon まとめ

「怯まない」という言葉について見てきました。

もし「怯む」ことが多い人は、最後の「怯まない方法」を参考にして、いつでも堂々といられるようになりましょう。