意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「唐変木」とは?意味と読み方「唐変木」と「朴念仁」の恋愛面での違い

「唐変木」という言葉の読み方や意味を紹介します。

また「唐変木」の類語や、「朴念仁」との違いなどを紹介します。

Meaning-Book
「唐変木」とは?意味と読み方「唐変木」と「朴念仁」の恋愛面での違い>


目次

  • 「唐変木」とは?読み方は?
  • 「唐変木」の読み方
  • 「唐変木」の意味
  • 「唐変木」の語源
  • 「唐変木」の類義語
  • 「唐変木」と「朴念仁」の恋愛面での違い


「唐変木」とは?読み方は?

みなさんは「唐変木」という言葉を知っているでしょうか。

まるで知らないという人も多いかもしれません。

そこで「唐変木」という言葉の読み方や意味を紹介します。



「唐変木」の読み方

「唐変木」「とうへんぼく」と読みます。

いきなり正確に読むのが難しい変わった言葉と言えます。

これを機会に「唐変木」「とうへんぼく」と読むことを覚えておきましょう。

「唐変木」の意味

「唐変木」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「唐変木」「偏屈な人」「変わった人」「気が利かない人」などの意味があります。

「あの人は『唐変木』だね」という場合は、「あの人は偏屈だね」「あの人は変わった人だね」などという意味になります。



「唐変木」の語源

なぜ偏屈な人や変わった人を「唐変木」というのでしょうか。

「唐変木」の語源はいくつかあるとされています。

まず「遣唐使が持ち帰った木が変だったから」さらに「中国の唐から入った、変わった木偶人形があったから」などという説があります。

ただし、本当になぜ「唐変木」という言葉ができたのかは、はっきりしていないとされています。

「唐変木」の類義語

「唐変木」の類義語を紹介します。

「唐変木」と似た意味を持つ言葉には、どのような意味があるでしょうか。

  • 「変人」
  • 「分からず屋」

「変人」

「変人」には「変わった人」という意味があります。

普通の人とは様々な面で変わったところがある人を、「変人」と呼びます。

「分からず屋」

「分からず屋」「物事を理解してくれない人」「頑固な人」などの意味があります。

話が通じにくく、会話をしていて疲れるタイプの人は、「分からず屋」と呼ばれがちです。

「唐変木」と「朴念仁」の恋愛面での違い

「唐変木」「朴念仁」の違いはどのようなものでしょうか。

「朴念仁」「ぼくねんじん」と読み、「無口で無愛想な人」という意味があります。

「唐変木」が持つ、「偏屈で変わった人」と似た意味を持つ言葉です。

「唐変木」と恋愛をすると、「頑固だな」「変人だな」と思うことが多く、「朴念仁」と恋愛をすると、「無口だな」「リアクションが薄いな」などと感じるかもしれません。

いずれにせよ、悪い人とまでいかなくても、変わった人という印象を持つ相手かもしれません。

icon まとめ

「唐変木」という言葉について見てきました。

変わった人、偏屈な人と出会ったら、「唐変木」と心の中でつぶやいてみましょう。