意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「ウェイトを置く」とは?意味!例文や使い方!

「ウェイトを置く」という言葉の読み方や意味を紹介します。

さらに「ウェイトを置く」の類語や、「ウェイトを置く」を使った例文などを紹介して行きます。

ウェイトを置く

Meaning-Book
「ウェイトを置く」とは?意味!例文や使い方!>


目次

  • 「ウェイトを置く」とは?
  • 「ウェイトを置く」の類語や言い換え
  • 「ウェイトを置く」を使った例文や短文など


「ウェイトを置く」とは?

みなさんは「ウェイトを置く」という言葉を知っているでしょうか。

日常的に「ウェイトを置く」という言葉を使っている人もいるでしょう。

一方で、「ウェイトを置く」という言葉を今回初めて知った人もいるでしょう。

そこで「ウェイトを置く」の読み方と意味を紹介します。

  • 「ウェイトを置く」の読み方
  • 「ウェイトを置く」の意味

「ウェイトを置く」の読み方

「ウェイトを置く」「ウェイトをおく」と読みます。

「置く」「おく」と読みます。

ちなみに「ウェイト」「重さ」という意味があるカタカナ語で、英語にすると“weight”になります。

「ウェイトを置く」の意味

「ウェイトを置く」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「ウェイトを置く」「ウェイト」には「重さ」「重量」という意味があります。

そのため「ウェイトを置く」「比重を強くする」「重要視する」という意味があります。

例えば、会社員と副業の二足のわらじを履いている時、会社が暇なので副業に力を入れようと思った時に、「副業にウェイトを置く」などと言います。

このよに「ウェイトを置く」には「比重を強くする」「重要視する」「力を入れる」などという意味があります。



「ウェイトを置く」の類語や言い換え

次に「ウェイトを置く」の類語や言い換えられる似た意味の言葉を紹介します。

「ウェイトを置く」と似た意味の言葉にはどのような言葉があるでしょうか。

  • 「力を注ぐ」
  • 「重心を置く」
  • 「優先する」

「力を注ぐ」

「力を注ぐ」「ちからをそそぐ」と読みます。

「力を注ぐ」には、「自分の力や精神を、何かに集中すること」という意味があります。

例えば受験勉強に持てる力や心を集中する時は、「受験勉強に力を注ぐ」ということになります。

「重心を置く」

「重心を置く」という言葉もあります。

「重心を置く」には、「何かを優先する」「本腰を入れる」などの意味があります。

例えばマルチタレントがいて、歌に芝居に司会にと忙しいものの、このままでは全部が中途半端になると感じるかもしれません。

このような時に、例えば芝居に集中する時、「芝居に重心を置く」と言います。

「優先する」

「優先する」という言葉は、日常的に良く使う言葉です。

「優先する」には、「他を差し置いて先にすること」という意味があります。

ビジネスシーンでは、たくさんのタスクを抱え込むことになりますが、すべてのタスクを終えるためには「優先する」ことが大切になります。

他を差し置いて、先にする仕事を決めて、他の仕事を割振りするなどすると、効率的に仕事ができます。

「ウェイトを置く」を使った例文や短文など

最後に「ウェイトを置く」を使った例文や短文を紹介します。

「ウェイトを置く」を使った文章を見て、この言葉の使い方のコツを覚えましょう。

  • 「ウェイトを置く」を使った例文1
  • 「ウェイトを置く」を使った例文2

「ウェイトを置く」を使った例文1

「今年は体力づくりに『ウェイトを置く』ことにした」

この例文のように、目標を立てて、何かを優先することを決めて一年を生きて行くタイプの人がいます。

今年は体力づくりを頑張ろうと思った人は、体力づくりに「ウェイトを置く」と言います。

運動をする時も、ダイエット目的なのか、体力づくりなのか、見た目を良くするのかなど、「ウェイトを置く」目的を決めてから取り組むと効率的になるでしょう。

「ウェイトを置く」を使った例文2

「まずはお金を稼ぐことに『ウェイトを置く』」

仕事を始める時に、様々なことを考えてしまいます。

しかしまずは「お金を稼ぐこと」を優先すると、仕事のモチベーションが高まりやすいと言われています。



icon まとめ

「ウェイトを置く」という言葉について見てきました。

みなさんも自分がしているたくさんの物の中で、「ウェイトを置く」ものを決めてみるのもいいかもしれません。