意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「(優秀な)成績を収める」とは?意味と使い方!

「優秀な成績を収める」という言い回しを聞いたことがあるでしょうか。

必ずしも「優秀な成績を収める」ではなかったとしても、成績を収める、という言い回しならわかる、という人もいるかもしれません。

ここでは成績を収める、「優秀な成績を収める」という表現について紹介します。

優秀な成績を収める

Meaning-Book
「(優秀な)成績を収める」とは?意味と使い方!>


目次

  • 「優秀な成績を収める」とは?意味
  • 「収める」と「修める」の使い分け
  • 「成績を収める」の使い方・使った言葉(解釈)
  • 「成績を収める」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「優秀な成績を収める」の類語や類義語・言い換え
  • 「優秀な成績を収める」の英語と解釈


「優秀な成績を収める」とは?意味

「優秀な成績を収める」というのは取り組みの結果として好ましい成績を上げる、成果をあげる、という意味になります。

例えば、学校生活においては授業を受けて勉強し、試験を受けることによって成績をつけられますね。

中学生の場合は国語、数学、理科、社会、英語、の5科目が重要になりますが、この5科目の試験の合計に関心を持つ人もいるのではないでしょうか。

この5科目の合計が450点を超えていれば、平均は90点ということになり、どの科目においても10段階評価の10がもらえる可能性が高いと言えます。

そうなれば「優秀な成績を収める」という表現が使えます。

しかし、合計が300点にも満たず、平均が60点程度であれば、成績はそこまで優秀にはなりません。

  • 「優秀な成績を収める」の読み方

「優秀な成績を収める」の読み方

「優秀な成績を収める」という表現は「ゆうしゅうなせいせきをおさめる」と読みます。

成績を収める、という言い回しは特に覚えておきたいものです。



「収める」と「修める」の使い分け

収める、という表現には中に入れる、記録に残す、自分のものにする、良い結果を得る、という意味があります。

例えば財布に収める、カメラに収める、という表現であれば財布の中に入れる、カメラに収めて写真として記録に残す、ということになりますね。

手の中に収める、勝利を収める、という表現をすれば、それは手に持って自分のものにする、勝利という形で良い結果を得る、という意味になります。

それに対し、納めるという表現は渡すべきお金や物を渡す、入るべきところに落ち着く、という意味があります。

例えば「月謝を納める」という言い回しがありますし、見納め、仕事納め、などという表現もありますね。

「成績を収める」の使い方・使った言葉(解釈)

ここでは成績を収める、という言葉を使った言い回しを紹介します。

  • 「頭書の成績を収める」の意味

「頭書の成績を収める」の意味

頭書の成績を収める、というのは「とうしょのせいせきをおさめる」と読み、これは賞状授与などでよく使われます。

これは本文の書き始めとして使われることもある表現です。

頭初や当初などと表記する人もいますので、間違えないようにする必要があります。



「成績を収める」を使った例文や短文など(意味を解釈)

ここでは成績を収めるという表現を使った例文を紹介します。

  • 「成績を収める」を使った例文1
  • 「成績を収める」を使った例文2

「成績を収める」を使った例文1

「ヘレンケラーは目が見えない、耳が聞こえない、話ができない、という障害を負っていたが、それでもハーバード大学で優秀な成績を収めた」

ヘレンケラーという人物を知っているでしょうか。

幼い時に高熱が出たことで、目が見えなくなり、耳が聞こえなくなり、話ができなくなってしまった、という三重苦の少女です。

彼女の人生にはサリバン先生という女性が大きな影響を与えました。

そこまでの障害を負っていながら、ヘレンケラーは勉学に関心を持ち、世界で1番レベルが高いと言われるハーバード大学で優秀な成績を収めています。

そして彼女のそのような成績はサリバン先生なしではあり得なかったと考えられているのです。

「成績を収める」を使った例文2

「キュリー夫人は幼い時から優秀な成績を収めており、ノーベル化学賞を2回受け取っている」

キュリー夫人は幼い時から勉強に関心を持ち、非常に優秀な成績を収めていたと言われています。

自分で苦労してお金を稼ぎながら勉強を続けていましたが、自分でお金をため、すでに結婚してパリで生活をしていた姉の支援も受けながらソルボンヌ大学で勉強を続けました。

そんな彼女は結婚した後、ラジウムを発見したことによってノーベル化学賞を受け取り、さらにその後にもう一度ノーベル化学賞を受け取っています。

人生の中で2度ノーベル化学賞を受け取った女性として優秀な人物です。

彼女の夫であるピエールも科学者で、2人は協力しながら研究を続けていました。

また、キュリー夫人の長女もうノーベル化学賞を取得しています。

「優秀な成績を収める」の類語や類義語・言い換え

ここでは「優秀な成績を収める」という言い回しの類義語を紹介します。

  • 「好成績を収める」
  • 「良い成績を残す」
  • 「良い成績を取る」

「好成績を収める」

好成績を収める、というのは「優秀な成績を収める」という表現と同じく、取り組みの結果として好ましい成績を上げる、ということになります。

優秀とまでは言えないかもしれませんが、それなりに良い結果が収めた場合はこの表現が使えます。

「良い成績を残す」

良い成績を残す、という言い回しは例えばコンクールなどで入選する、表彰される、などという時にも使われます。

成績を残すという表現は誰かから評価をもらう、という意味にもなりますので、賞賛されるような物事を成し遂げた場合、例えば何かに大きく貢献した場合や功績を残した場合もこの表現が使えるのです。

「良い成績を取る」

勉強などで良い成績をもらったならば、それは良い成績を取った、という表現が使えます。

必ずしも優秀であるとは限りませんが、前回よりも良かった、相対的に良かった、という場合はこの表現が使えます。

「優秀な成績を収める」の英語と解釈

優秀な成績を収める meaning in english

「優秀な成績を収める」という表現を英語にすると“achieve excellent grades”“get awesome grades”などという表現が使えます。

優秀な、という言い回しには“great”“good”など様々なものがありますので、場合に応じて使い分けると良いでしょう。

icon まとめ

成績を収めるという表現は子供がいるとよく使うことがあるかもしれません。

「優秀な成績を収めるため」という表現は日常的にはあまり使う言葉ではありませんが、歴史上の人物について話す時に「優秀な成績を収める」と使う時もあるかもしれませんね。

また、ビジネスなどにおいては相手を尊重し、この表現を使う場合もあるでしょう。

ぜひ覚えておきたい言い回しです。