意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「畏れ敬う」とは?意味や例文など解釈

「畏れ敬う」という言葉の読み方や意味を紹介します。

さらに「畏れ敬う」を使った例文や類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「畏れ敬う」とは?意味や例文など解釈>


目次

  • 「畏れ敬う」とは?
  • 「畏れ敬う」を使った例文や短文など
  • 「畏れ敬う」の類語


「畏れ敬う」とは?

「畏れ敬う」という言葉を知っているでしょうか。

知らない人のために「畏れ敬う」の読み方や意味を紹介して行きます。

  • 読み方
  • 意味

読み方

「畏れ敬う」「おそれうやまう」と読みます。

「畏れ」という漢字は、あまり登場しない言葉のため、初見で読み下すのが難しいかもしれません。

これを機会に「畏れ敬う」「おそれうやまう」と読むことを覚えましょう。

意味

「畏れ敬う」には、どのような意味があるでしょうか。

「畏れ敬う」「敬う」は、「相手に敬意を払う」「尊敬する」などの意味があります。

「畏れ」には、「自分よりも立場が上の人に対して感じる恐怖」という意味があります。

そのため、「畏れ敬う」には、立場が上の人、権力を持っている人に対して屈服し、尊敬するという意味があります。



「畏れ敬う」を使った例文や短文など

「畏れ敬う」という言葉を使った例文を紹介します。

「畏れ敬う」の使い方のコツを、文章を通じて覚えましょう。

  • 「畏れ敬う」を使った例文1
  • 「畏れ敬う」を使った例文2

「畏れ敬う」を使った例文1

「銀河系を統一した大王を『畏れ敬う』」

この例文は、銀河系を舞台にした戦いを描いた、SF小説を切り取ったような文章です。

この例文の大王のような人には、逆らってもひどい目にあうだけかもしれません。

結果的に、恐怖と尊敬の念を持つことになるかもしれません。

「畏れ敬う」を使った例文2

「深い森を『畏れ敬う』心」

この例文のように、昔の人々は森を神聖視していて、素晴らしい物であると同時に、怖い物だと思っていました。

まさに「畏れ敬う」という言葉にピッタリの感覚です。

「畏れ敬う」の類語

「畏れ敬う」の類語を見て行きましょう。

「畏れ敬う」と似た意味の言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「崇める」
  • 「礼賛」

「崇める」

「崇める」「あがめる」と読み、「尊いものだと思う」「尊敬する」などの意味があります。

「畏れ敬う」のように、恐怖感こそありませんが、相手を尊敬するという意味で似た言葉になります。

「礼賛」

「礼賛」「らいさん」と読みます。

「礼賛」には「褒め称える」「褒め尊ぶ」という意味があります。

何かを素晴らしいと思って、褒め称える時に、「礼賛」「礼賛する」という言葉を使います。



icon まとめ

「畏れ敬う」という言葉について見てきました。

「畏れ敬う」には「尊敬する心」「怖がる心」が含まれています。