意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「その実」とは?意味や使い方・例文・英語など解釈!

「その実」は、表現として使う以外に、ある種類の物を表す為に使うこともある言葉です。

その実

Meaning-Book
「その実」とは?意味や使い方・例文・英語など解釈!>


目次

  • 「その実」とは?読み方は?
  • 「その実」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「その実」の類語や類義表現
  • 「その実」の英語や例文(解釈)など


「その実」とは?読み方は?

「その実」という言葉は、前述のように、2つの意味で使えます。

読み方によって全く意味が異なるので、それぞれの場合をきちんと覚えておきましょう。

  • 「その実」の意味1
  • 「その実」の意味2
  • 「その実」の漢字

「その実」の意味1

1つ目の意味の「その実」は、「そのじつ」と発音し、比較的堅い表現になるので、年配の人や公的な場で使われることが多いと言えるでしょう。

意味は「本当は」の言い換え表現で、「〜と言われているが、その実、それほどでもないらしい」などという使い方になります。

「その実」の意味2

もう1つの「その実」の読み方は、「そのみ」です。

「その実は食べられないと聞いている」のように使う言葉で、「その果実」という表現を略したものです。

口語では、読み方の違いでこれらの区別が容易につきますが、ネットや活字で見掛けた際には、前後の文体からの判断になります。

また、最初の意味で「その実」と使う時には、「その実、〜」と直後に「、」を付けるのが一般的なので、そこから判断してもいいでしょう。

「その実」の漢字

「その実」を先の「本当は」という意味で使う場合に限り、「其の実」と表記することがあります。

「その実」とするだけでも、「本当は」より大分堅い表現ですが、この漢字にすると更に堅くなってしまう為、あまり使うことはないでしょう。



「その実」を使った例文や短文など(意味を解釈)

その実を使った例文や短文です。

2つの意味のそれぞれについての例文を挙げていきます。

  • 「その実」を使った例文1
  • 「その実」を使った例文2

「その実」を使った例文1

「彼は一見おとなしそうに見えるが、その実、結構アクティブな性格だ」 こちらの意味での「その実」は、「〜だが、本当は」といったニュアンスになります。

その為、このような使われ方が多いと考えていいでしょう。

「その実」を使った例文2

「さっき獲ったその実は、すり潰してジュースにするのがいいらしい」

こちらは、「果実」に対して使っている例になります。

何も特殊な解釈は必要ないので、とても簡単に使える言葉です。

「その実」の類語や類義表現

その実と似た意味の言葉や表現になりますが、「本当は」という意味の方だけで挙げていきます。

  • 「実際は」(じっさいは)
  • 「実のところ」(じつのところ)

「実際は」(じっさいは)

表現的に、「本当は」とほとんど変わりませんが、どちらかと言えば、目に見えない現象や様子に対して使う表現です。

物が対象であれば、「本当は」とする方が自然です。

「実のところ」(じつのところ)

こちらも、「本当は」とほとんど同じ解釈になり、「その実」のように、「〜だが、本当は」という意味が強い表現です。

その為、言い換えにはこちらを使うといいでしょう。



「その実」の英語や例文(解釈)など

その実 meaning in english

こちらも、「本当は」という意味での英語になります。

“actually”が正にその表現で、多くの場合で先にそれまでの内容を否定する“but”と付けて使います。

“It is looks cheap, but actually so expensive an object.”と使った場合と、「それは安価に見えるが、その実、とても高価な品物だ」という意味になります。

icon まとめ

その実は、「本当は」「その果実」という2つの意味で使われる言葉ですが、共に簡単な意味なので、そのどちらなのかが分かれば何も難しいことはありません。