意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「使命を○○」とは?「使命を○○」使った言葉や意味を解釈

「使命」という言葉に「○○」を続けると、様々な意味を持つ言葉になります。

そこで「使命を○○」という言葉を紹介し、その意味を解釈して行きます。

「使命を○○」という言葉を知ることで、「使命」という言葉を使いやすくなるでしょう。

使命を○○

Meaning-Book
「使命を○○」とは?「使命を○○」使った言葉や意味を解釈>


目次

  • 「使命を○○」とは?
  • 「使命を○○」使った言葉や意味を解釈
  • 「使命」の英語と解釈


「使命を○○」とは?

「使命」「○○」という様々な言葉を付けると、いろいろな意味の言葉になります。

まず「使命」という言葉の意味を知っておきましょう。

「使命」には、「与えられた任務」という意味があります。

例えばビジネスシーンで上司から与えられた任務も、「使命」になりますし、人間として自分に与えられた任務だと感じることも「使命」になります。

この「使命」という言葉に「○○」という言葉をつけることで、様々な意味が生じます。



「使命を○○」使った言葉や意味を解釈

実際に「使命を○○」を使った言葉を見て、その意味を解釈して行きます。

「使命」にどのような言葉を付けて、「使命を○○」という表現にしているか、順番に見て行きましょう。

  • 「使命を果たす」
  • 「使命を全うする」
  • 「使命を帯びる」
  • 「使命を抱いた勇者」
  • 「使命を負う」
  • 「使命を受ける」
  • 「使命を担う」
  • 「使命半ばにして背を向ける」

「使命を果たす」

「使命を果たす」には、「与えられた任務を終える」という意味があります。

例えば会社の上司から渡された書類を、別の営業所に持って行くのも「使命」のひとつです。

書類を無くさずに、無事に別の営業所の担当者に渡せれば、「任務を終えた」ことになるため「使命を果たす」ことになります。

「使命を全うする」

「使命を全うする」という言葉も良く使います。

「使命を全うする」には「与えられた任務を、最後まで終える「任務を完璧にこなす」という意味があります。

「使命を果たす」よりも、より長期間の任務を終えた場合や、より完璧に終えた時などに「使命を全うする」という言葉を使います。

例えば、CIAから他の国へ別人として数年間暮らすような任務は、期間が長く終えるのが大変な任務です。

このような任務を任期いっぱい最後まで終えた時に、「使命を全うする」という表現を使います。

「使命を帯びる」

「使命を帯びる」という言葉があります。

「使命を帯びる」には、「与えられた任務を引き受ける」という意味があります。

「帯びる」という言葉には、「身に付ける」という意味もあり、一方で「任務を引き受ける」という意味もあります。

「使命を抱いた勇者」

「使命を抱いた勇者」という表現もあります。

この場合の「使命」には、「恐怖の大王を倒すこと」「龍を倒すこと」「世界を救うこと」など、人類を救うようなスケールの大きな任務で、その任務を与えたのは、神様や王様かもしれません。

このような任務を心の中で大切に思い、旅を続ける勇者の姿を「使命を抱いた勇者」などと言います。

「使命を負う」

「使命を負う」には、「任務を背負う」「任務を引き受ける」などの意味があります。

少し重く感じるような、責任のある任務を任せられた時に、「使命を負う」という言葉を使います。

「使命を受ける」

「使命を受ける」という言い回しも良く使います。

「使命を受ける」には「与えられた任務を引き受ける」という意味があります。

例えば会社から「営業成績を10%アップするように」という任務を言い渡された時、それを引き受ける時に「使命を受ける」と言います。

「使命を担う」

「使命を担う」という言葉遣いも頻繁に使います。

「担う」という言葉には、「肩で物を支えて持つ」という意味があります。

そのため「使命を担う」には、肩で物を支えて持つように「任務を引き受ける」という意味があります。

肩で物を支えるのですから、かなり重い責任であることが想像できます。

感嘆には達成できない任務を任された時などに「使命を担う」という言葉を使ってみましょう。

「使命半ばにして背を向ける」

「使命半ばにして背を向ける」という言葉があります。

「使命」「与えられた任務」という意味のため「使命半ば」には、「任務を達成する途中」という意味があります。

また「背を向ける」には、「後ろ向きになる」「無関心な態度を取る」という意味があるため、「任務の途中で、任務に対して後ろ向きになる」「任務の途中で、任務に無関心な態度を取る」という意味になります。

龍を倒す目的で旅に出た勇者が、旅の途中で「龍など倒せるわけない」と感じ、旅を止めてしまうような時「使命半ばにして背を向ける」という状態になります。

「使命」の英語と解釈

使命を○○ meaning in english

「使命」という言葉を英語にすると、どのような表現になるでしょうか。

「使命」は英語で“mission”になります。

“mission”には「使命」という意味があります。

また“mission”「ミッション」というカタカナ語としても知られています。

「達成困難な任務」という意味の「ミッションインポッシブル」というタイトルの映画などで知られている言葉です。

このように「使命」という言葉は、“mission”という英語にできます。



icon まとめ

「使命」という言葉、さらに「使命を○○」という言葉について見てきました。

「使命」という言葉をどのように使えばいいかが、「使命を○○」という言葉を通じて理解できたかもしれません。