意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「家路に向かう」とは?例文や短文など徹底解釈

「家路に向かう」とは、「自分の家に帰る道へと向かうこと」です。

「家路に向かう」「意味・読み方・例文と解釈・類語(シソーラス)・英語と解釈」などについて、詳しく説明していきます。

家路に向かう

Meaning-Book
「家路に向かう」とは?例文や短文など徹底解釈>


目次

  • 「家路に向かう」とは?読み方
  • 「家路に向かう」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「家路に向かう」の類語
  • 「家路に向かう」の英語や例文(解釈)など


「家路に向かう」とは?読み方

「家路に向かう」の言葉の意味は、「自分の家に帰る道へと向かうこと」になります。

「家路に向かう」「家路」とは、「家への帰路・家へと帰るための道」を意味しています。

その家路に向かうということですから、「家路に向かう」の言葉は「まだ自宅には到着していないが、帰っている途中(家への帰り道へと向かっている途中)の状態」を意味しているのです。

「家路に向かう」の読み方は、「いえじにむかう」になります。



「家路に向かう」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「家路に向かう」を使った例文や短文などを紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「家路に向かう」を使った例文1
  • 「家路に向かう」を使った例文2

「家路に向かう」を使った例文1

「とっぷりと日が暮れてきたので、急いで家路に向かいました」

この「家路に向かう」を使った例文は、「すっかり日が暮れてきたので、急いで家へと帰る道に向かった(家へと帰り始めた)」ということを意味しています。

「家路に向かう」を使った例文2

「家路に向かっていたら、お父さんが車で迎えに来てくれていました」

この「家路に向かう」を使った例文は、「家へと帰る道に向かっていたら(自宅に帰る道を進んでいたら)、お父さんが車で迎えに来てくれていた」ということを意味しています。

「家路に向かう」の類語

「家路に向かう」の類語(シソーラス)には、以下のようなものがあります。

  • 「家路につく」
  • 「帰路につく」

「家路につく」

「家路に向かう」の類語として、「家路につく」があります。

「家路につく(就く)」という言葉は、「家に帰る道を進み始めること・家に帰ろうとすること(まだ家には到着していない状態)」を意味しています。

そのため、漢字も「着く(到着する)」ではなく、「就く(ある動作を始める)」を使っています。

その意味から、「家路に向かう」とほぼ同じ意味を持つ類語として、「家路につく」を指摘できます。

「帰路につく」

「家路に向かう」の類語として、「帰路につく(きろにつく)」があります。

「帰路につく(就く)」という言葉は、「帰り道を進み始めること・帰ろうとすること」を意味しています。

その意味から、「家路に向かう」と似た意味を持つ類語として、「帰路につく」が上げられます。

ただし「帰路につく・帰途につく」は自宅に帰るとは限らない部分(ホテルに帰る・友達の家に帰るなどの場合もある部分)が、「家路に向かう」とはやや意味が違っています。



「家路に向かう」の英語や例文(解釈)など

家路に向かう meaning in english

「家路に向かう」という言葉は、“start for home”(家に帰り始める)や“set out for home”(家に帰ろうとしている)、“go home”(家に行く)などの英語で表現することができます。

「家路に向かう」を使った英語の例文として、以下の英文を上げられます。

“She started for home from there in the evening.”

この英語の例文は、「彼女は、夕方になってそこから家路に向かいました」ということを意味しています。

icon まとめ

「家路に向かう」という言葉について徹底的に解説しましたが、「家路に向かう」には「自分の家に帰る道へと向かうこと」などの意味があります。

「家路に向かう」の類語(シソーラス)・言い換えとしては、「家路に就く(家路につく)」「帰路に就く(帰路につく)」などがあります。

「家路に向かう」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。