意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「つらみ」とは?使い方や語源・若者言葉としての意味・派生語まで徹底解釈!

この「つらみ」は、昔から「恨みつらみ」という形で使われている言葉で、一般には「つらみ」だけで使うことはありませんが、若者言葉ではそれだけで使っています。

つらみ

Meaning-Book
「つらみ」とは?使い方や語源・若者言葉としての意味・派生語まで徹底解釈!>


目次

  • 「つらみ」とは?
  • 「つらみ」の派生語
  • 「人生つらみちゃん」とは?
  • 「つらみ」と「つらたん」は同じ意味?
  • 「つらみ」を使った例文や短文など(意味を解釈)


「つらみ」とは?

「つらみ」は、本来は先のように「恨みつらみ」という形の言葉で、大きな「恨み」と表現したい際に、「恨み」に韻を踏むように「つらみ」と後ろに付け加えているだけの言葉です。

その「つらみ」は、「つらい」が元なのは間違いありませんが、この「つらみ」という言葉自体にあまり意味はなく、「恨み」の大きさ、深さの表現の為に、「恨み」という言葉を(多少変えて)繰り返していると解釈してください。

その為、「つらみ」は単独では存在しない(使用できない)言葉でしたが、最近では若者言葉として主にSNSで見掛けるようになりました。

  • 「つらみ」の意味

「つらみ」の意味

若者言葉としての「つらみ」は、「辛い」という意味で使われています。

それ自体は「恨みつらみ」における「つらみ」の意味からしても間違ってはいません。

と言うことは、その「つらみ」が独立した言葉かと思いきや、実はそうではなく、「〜み」という若者言葉独特の表現に「つらい」を当てはめて作られました。

つまり、「恨みつらみ」「つらみ」と結果的に見た目、意味共に似ているだけで、語源は全く違います。

ですが、見ただけで何となくその意味だと分かるという点は、「恨みつらみ」という表現が存在しているからだと言えるでしょう。



「つらみ」の派生語

この「つらみ」を使っている派生語です。

どれも、主にSNSで若者が使っている表現です。

  • 「つらみおぶつらみ」
  • 「つらみざわ」

「つらみおぶつらみ」

「王の中の王」という意味の英語表現が“King of Kings”となるように、「つらみの中のつらみ」、つまり、「それだけすごくつらい」状態だと言いたい時に使う言葉です。

「つらみ」が全て平仮名なので、「おぶ」もそれに合わせていると考えていいでしょう。

「つらみざわ」

意味自体は「つらみ」と一緒です。

この表現は、これも若者言葉独特の表現の「〜みざわ」という形に「つらみ」を当てはめて作られた言葉で、「みざわ」の部分に特に意味はありません。

何故「〜みざわ」と使うのかと言えば、THE ALFEE(ジ・アルフィー)という有名なバンドグループの高見沢俊彦(たかみざわとしひこ)氏に引っ掛けている為です。

この高見沢氏は、バンド活動だけでなく、数多くのバラエティ番組に出演しており、個性的な風貌からも若者に人気があります。

その点から、言葉として引っ掛けるのにちょうどよく使われているという訳です。

「人生つらみちゃん」とは?

この「人生つらみちゃん」とは、「レイヴ」というバンドグループの楽曲のタイトルです。

以前は福岡を中心に活動していたグループでしたが、2015年から活動拠点が東京になったことで知名度が急上昇し、この楽曲も有名になりました。

元は5人のグループでしたが、現在では4人で活動しています。

「人生つらみちゃん」は、その「レイヴ」が2016年4月に発売したシングルで、「つらい」と4回繰り返す出だしから始まり、どうして自分だけがこんなに苦しい目に遭うのかといった内容のネガティブな歌詞が特徴の楽曲です。

尚、この「レイヴ」という名前のグループは、他にもいくつか存在します。

有名なのは、日本人と韓国人の5人で構成されるボーカルグループの「レイヴ」、そして、インディーズ業界で有名な田代翔祐氏が以前に結成していた4人組の「レイヴ」というバンドグループです。



「つらみ」と「つらたん」は同じ意味?

若者言葉には、「〜たん」という表現の言葉も多数存在します。

その中には「つらたん」という言葉もあり、意味は「つらみ」と一緒で「つらい」と表現した時に使うと考えていいでしょう。

使い方が「つらみ」とは多少違い、「つらみ」は文末に単独で使われることが多い言葉です。

それに対して、「つらたん」は、「もうつらたん」「つたらん状態」などと色々な使い方ができることから、「つらみ」より見掛ける表現かも知れません。

「つらみ」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「つらみ」を使った例文や短文です。

上に書いたように、この言葉は文末で用いることが多い為、例文もそのような形になります。

  • 「つらみ」を使った例文

「つらみ」を使った例文

「電車が止まっていて駅のホームが激混み。つらみ」

「つらみ」は、このような形で見掛けることが多い言葉です。

最後の一言として付け加える使い方になり、そこまでの内容の為に「つらい」と表現したい時に使います。

そのまま「つらい」と言い換えることができるので、意味の解釈に困ることはありませんが、文章の途中で用いることはない言葉です。

よって、「つらいことがあった」のような形で使われている「つらい」「つらみ」と置き換えることはできません。

icon まとめ

「つらみ」は、主にSNSで「つらい」と表現したい時に、最後の一言として使う言葉だと覚えておくといいでしょう。

見ただけで意味が分かるという点から、使いやすい言葉だと言えるかも知れません。