意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「心境」とは?意味と類語!例文と使い方!「心境」と「心情」の違い

「心境」の意味や読み方、使い方を紹介します。

また「心境」「心情」の違いを紹介します。

さらに「心境」を使った言葉や例文、類語や英語を紹介して行きます。

心境

Meaning-Book
「心境」とは?意味と類語!例文と使い方!「心境」と「心情」の違い>


目次

  • 「心境」の意味とは?
  • 「心境」と「心情」の違い
  • 「心境」の使い方
  • 「心境」を使った言葉など解釈
  • 「心境」を使った例文や短文など
  • 「心境」の類語や言い換え
  • 「心境」の英語や例文など


「心境」の意味とは?

みなさんは「心境」という言葉を知っているでしょうか。

知らない人も多いかもしれません。

そこで「心境」の読み方や意味を紹介して行きます。

  • 「心境」の読み方
  • 「心境」の意味

「心境」の読み方

「心境」「しんきょう」と読みます。

「しんけい」などと読み間違えないように注意しましょう。

「心境」の意味

「心境」には「物事について考える心の状態」という意味があります。

また「その時の心の状態」「その時の気持ち」という意味があります。

例えば、「当時の心境を語る」という言い回しがありますが、この文章には「その当時、どのような気持ちだったかを語る」という意味があります。

このように、「心境」には「その時の心の状態や気持ち」とい意味があります。



「心境」と「心情」の違い

「心境」「心情」という言葉は、見た目が良く似ている言葉です。

この二つの言葉の違いは、どのようなものでしょうか。

「心情」には、「心の中にある、思いや感情」という意味があります。

一方「心境」には、「その時の心の状態」という意味があります。

「心境」に使われている「境」という言葉には、「置かれている様子」という意味があり、「心情」に使われている「情」には、「物事に対する心の動き」という意味があります。

そのため「心境」という言葉を使う時は、「自分が置かれている状態に対して、どのような心の状態になったか」を話す時、また「心情」という言葉を使う時は、「物事に対してどのように思ったか」を話す時になります。

二つの言葉には、このような違いがあります。

「心境」の使い方

「心境」という言葉の使い方を紹介します。

「心境」には「その時の心の状態」「その時の気持ち」という意味があります。

ある時に、どのような心の状態だったかを話す時、または聞きたい時に「心境」という言葉を使ってみましょう。

例えば、転職を決めた人の心の状態を知りたい時に、「転職を決めた心境を教えて」などと言います。

また「入社式の日の気持ち」「新婚時代の気持ち」などを話す時にも、「当時の心境」という言い回しを使って説明できます。

このように、ある時代の、ある日の気持ちなどを表現したい時に、「心境」という言葉を使ってみましょう。



「心境」を使った言葉など解釈

次に「心境」を使った言葉を紹介し、その意味を解釈して行きます。

「心境」を使う時に役立つような、使い勝手の良い言葉を紹介します。

  • 「心境の変化」
  • 「心境報告」
  • 「心境を察する」

「心境の変化」

「心境の変化」は、「心境」という言葉を使ったポピュラーな表現です。

「心境の変化」には「心の状態や気持ちが変わる様子」という意味があります。

例えば付き合っていた彼氏と別れる時、彼氏と付き合おうと決めた人は、「心境の変化」があったはずです。

このような「心の状態や気持ちが変わった」と感じられる時、「心境の変化」という言葉を使います。

「心境報告」

「心境報告」という言い回しも良く使います。

例えば新婚したばかりのカップルに話を聞く時など、「心境報告をお願いします」などと言います。

何か大きな出来事が起きた時、出来事自体にも注目が集まりますが、その時に登場人物が何を感じていたかにも注目が集まります。

そこで記者会見を開き、事件の当事者が「心境報告」をするケースがあります。

「心境を察する」

「心境を察する」という言い回しも使われることが多い言葉です。

例えば、仕事を失敗してしまった人は、どのような気持ちになっているのか、直接聞くまでもないでしょう。

「苦しい」「哀しい」「恥ずかしい」など、ネガティブな気持ちになっているはずです。

このような時は、「心境を察して」ほっておくのが優しさかもしれません。

そこで、あれこれ質問したがる人に「心境を察しなさい」などと言ってたしなめることがあります。

「心境」を使った例文や短文など

続いて「心境」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「心境」をどのように文章に組み込めばいいか、例文を通じて理解しましょう。

  • 「心境」を使った例文1
  • 「心境」を使った例文2

「心境」を使った例文1

「事件当時の『心境』を語る被害者」

この例文のような場面を、ワイドショーなどを通じて見られます。

世間的に注目を集めた事件が解決した後で、その当時の被害者の「心境」を知りたいと思う野次馬根性があるかもしれません。

被害者の傷が癒えて、話してもいいと感じた時に取材が行われ、例文のような場面が登場します。

「心境」を使った例文2

「離婚したばかりのA君の『心境』を察し、何も言わずに見守る」

この例文に登場するA君の気持ちは、どのようなものか想像することは容易でしょう。

きっと哀しい、辛い、さみしいと思っているのではないでしょうか。

また深く傷ついていることが予想できます。

そのようなA君の「心境を察し」放っておいてあげるのが、本当の優しさかもしれません。

「心境」の類語や言い換え

「心境」の類語や、言い換えられる似た意味の言葉を紹介します。

「心境」とよく似た言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「気分」
  • 「気持ち」

「気分」

「気分」には「健康状態や、周囲の状況において作られる気持ち」という意味があります。

例えば、体の調子が悪い時は、何となく「気分」も悪くなるものですし、周囲の状況が険悪な場合は「気分」も悪くなるでしょう。

このようなふわりとした気持ちを、「気分」と言います。

「気持ち」

「気持ち」には「心の置かれている状態」という意味があります。

「気持ちがいい」「気持ちが悪い」など、様々な場面で「気持ち」という言葉を使います。

「心境」の英語や例文など

心境 meaning in english

「心境」という言葉を英語にした時の表現を紹介します。

「心境」を英語にすると、“state of mind”(ステートオブマインド)や“mental state”(メンタルステート)になります。

また「心境を語る」という場合は、“speak one’s mind”(スピークワンズマインド)になります。

icon まとめ

「心境」という言葉について見てきました。

どのような場面でも、必ずその時の「心境」があります。

過去を振り返った時、印象的な出来事が思い返されますが、その当時、どのように感じていたのかまで、振り返ってみてはいかがでしょうか。