意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「痛感」とは?意味と使い方!「痛感」と「実感」の違いや使い分け!

「痛感」というこちばは、よく目にしたり聞いたりする機会も多いはずです。

では、「痛感」という意味をきちんと把握しているかというと、やはり曖昧な理解しかしていないといったケースも多いので、ここではしっかりと意味など把握できるようご説明致します。

Meaning-Book
「痛感」とは?意味と使い方!「痛感」と「実感」の違いや使い分け!>


目次

  • 「痛感」の意味とは?
  • 「痛感」の読み方
  • 「痛感」を使った言葉と意味を解釈
  • 「痛感」使った例文と意味を解釈
  • 「痛感」の類語や言い換え
  • 「痛感」の英語など解釈
  • 「痛感」と「実感」の違いや使い分け


「痛感」の意味とは?

「痛感」の意味とは、心に強く感じたり、身にしみて実感することなどをいいます。

しっかりと感じた時に「痛感」といった表現をするので、幅広い年齢層の方がこの「痛感」という言葉は日常的に利用しています。

また、新聞や小説、資料など様々な場面にて「痛感」という言葉は見聞きする機会も多いので、きちんと理解しておきましょう。



「痛感」の読み方

「痛感」の読み方とは「つうかん」となります。

「痛感」を使った言葉と意味を解釈

「痛感」を使った言葉と意味を解釈します。

  • 「ありがたみを痛感する」
  • 「痛いほど痛感する」

「ありがたみを痛感する」

「人のありがたみを痛感する機会が多々あります」

人のありがたみを身にしみて感じる機会が多々ありますという解釈です。

人のありがたみを「痛感」する出来事が多々あったことをイメージすることができるでしょう。

こうした場面において「痛感」するという言葉を用いることで、上手に文章がまとまります。

「痛いほど痛感する」

「あなたの気持ちは痛いほど痛感することができます」

あなたの気持ちは痛いほど身にしみて感じることができますという解釈です。

あなたの気持ちは痛いほど実感できる「痛感」するといった印象を受けることができます。

相手の立場に立って理解することができ、そして気持ちが手に取るようにわかることを表現しているので、「痛感」という言葉を用いることで文章がスッキリまとまっています。



「痛感」使った例文と意味を解釈

「痛感」使った例文と意味を解釈します。

  • 「痛感」使った例文1
  • 「痛感」使った例文2

「痛感」使った例文1

「この問題を解決するには、かなりの苦労があたと痛感している」

この問題を解決するには、かなりの苦労があったと身にしみて実感しているという解釈です。

かなり難しい問題であったことを把握することができるでしょう。

この問題を解決するためには、かなりの苦労があったことを身にしみて実感しているというイメージです。

「痛感」使った例文2

「あなたの親切な対応のありがたさを痛感しています」

あなたの親切な対応のありがたさを身にしみて実感していますという解釈です。

あなたの心からの親切な対応のありがたさを「痛感」している様子がとてもわかります。

何か親切にしてもらい、とても心から感謝しているようなイメージを持つこちができる文章になっています。

「痛感」の類語や言い換え

「痛感」の類語や言い換えは、「実感」「痛切」をご紹介します。

  • 「あなたの優しさを実感することができました」
  • 「この辛さを痛切に感じ取ることができます」

「あなたの優しさを実感することができました」

あなたの優しさを身にしみて感じることができましたという解釈です。

あなたの心からの優しさを「痛感」することができるといったように言い換えることもできます。

「痛感」の類語として「実感」を用いることができます。

「この辛さを痛切に感じ取ることができます」

この辛さを身にしみて感じ取ることができますという解釈です。

かなり辛い思いをした経験など身にして感じている様子が伝わります。

この「痛切」「痛感」として言い換えることができます。

「痛感」の英語など解釈

「痛感」の英語は“acute realization”など、例文や解釈についてご紹介します。

  • “I fully realized that.”

“I fully realized that.”

「私はそれを痛感しました」という意味です。

私はそれについて身にしみて感じているといった解釈になります。

英語では「痛感」という表現は“fully realize”として用いることも多いため、この表現の仕方は理解しておくと、英文作成時にもスムーズに活用することができるようになります。

「痛感」と「実感」の違いや使い分け

「痛感」「実感」の違いや使い分けをご紹介します。

「痛感」は、心に強く感じたり、身にしみて実感することを意味しますが、「実感」は、物事から得る実際の感じ・実物に接したように生き生きと感ずるなど、実際にご自身で体験したことや見たこと接したことがある経験において感ずることを表現します。

「実感」は、実際に事物・情景に接したときに得られる感覚を意味しますし、「痛感」は心に強く感じたりすることなので、比較しても違いは理解することができるはずです。

icon まとめ

「痛感」という言葉は、日常的によく見聞きする機会も多いと感じている方も沢山いらっしゃいます。

なじみがある言葉ですし、やはり日常的に活用する機会も多い言葉です。

ですが「痛感」の意味を理解しているか?と問われると上手に答えることができないケースもあるため、ここでは意味や類語・例文や解釈、英語表現など様々な角度からご紹介しているので参考にしてください。