意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「自刃」とは?意味と使い方!類語や英語を紹介!

「自刃」という言葉は、あまり使う機会がないはずです。

ですが、新聞や小説などで見かけたことがあるといった方も多いのではないでしょうか。

やはり、あまり聞きなれない言葉ですが、きちんと意味を理解しておき、そして活用方法など認識しておくと、文中に出てきた時も慌てる必要もなく、スムーズに文章に目を通すことができます。

自刃

Meaning-Book
「自刃」とは?意味と使い方!類語や英語を紹介!>


目次

  • 「自刃」の意味とは?
  • 「自刃」の読み方
  • 「自刃」した女性/細川ガラシャとは?
  • 「自刃」使った例文と意味を解釈
  • 「自刃」の類語や言い換え(シソーラス)言い換え
  • 「自刃」の英語(解釈)など
  • 「自刃」と 「自害」の 違い


「自刃」の意味とは?

「自刃」の意味とは、刀剣を用いて自殺することです。

刀物で自分の生命を絶つことなど、よく昔の時代劇などでは表現されることが多いため、歴史物など読んだ時に「自刃」などは表現方法として用いる機会も多いので、意味をきちんと理解してきましょう。

最近では、あまり目にすることもないので、聞きなれないことも多いかもしれませんが、意味を理解しておくことは需要なので、ここでは具体的に説明しているので把握することができるはずです。



「自刃」の読み方

「自刃」の読み方は、「じじん」となります。

「自刃」した女性/細川ガラシャとは?

「自刃」した女性/細川ガラシャとは、明智光秀の三女で細川忠興の正室、戦国時代から安土桃山時代にかけての女性です。

「細川ガラシャ」とは、明治期にキリスト教徒らが彼女を讃えて「細川ガラシャ」と呼ぶようになりました。

西軍の石田三成は大坂玉造の細川屋敷にいたガラシャを人質に取ろうとしたが、ガラシャはそれを拒絶して「自刃」することをガラシャ自身が決めました。

自殺はキリスト教で禁じられているため、家老の小笠原秀清(少斎)がガラシャを介錯し、ガラシャの遺体が残らぬように屋敷に爆薬を仕掛け火を点けて自刃したと言われています。



「自刃」使った例文と意味を解釈

「自刃」使った例文と意味と解釈をご紹介します。

  • 「自刃」使った例文1
  • 「自刃」使った例文2

「自刃」使った例文1

「ガラシャ夫人は自刃しました」

ガラシャ夫人は自分で刀物で自分の生命を絶つことをしましたという解釈です。

自分で刀を持って命を絶つことを意味するため、「自刃」と表現されています。

あまり日常では耳にする機会はないですが、昔の戦国の夜中など、武家社会においては「自刃」するケースも多々あるので、やはり「自刃」の意味は理解しておきましょう。

「自刃」使った例文2

「昔の武士は自刃することもあった」

昔の武士は自ら刀で命を絶つこともあったという解釈です。

昔の武士は自ら刀で切腹など、命を絶つことも多々ありました。

目上の方に無礼なことを行ったり、色々と「自刃」する機会もあったため、古い歴史書には記載があります。

きちんと理解しておくことで歴史書もスムーズに読むことができます。

「自刃」の類語や言い換え(シソーラス)言い換え

「自刃」の類語や言い換え(シソーラス)言い換えは、「切腹」「自決」をご紹介します。

  • 「武士は切腹することで、けじめをつけていました」
  • 「戦時中は自決する兵士も多数いました」

「武士は切腹することで、けじめをつけていました」

武士は刀で自分の命を絶つことで、けじめをつけていましたといった解釈です。

昔は、武士などけじめをつける時に「切腹」「自刃」などによって命を絶つケースも多くありました。

今では想像できませんが、こうして武士としてのけじめをつけることで、かなり責任を全うするといった意思表示とも言えます。

「戦時中は自決する兵士も多数いました」

戦時中は自ら刀で命を絶つ兵士も多数いましたといった解釈です。

戦時中は、やはり海外で戦いをしていると仲間が無くなったり、色々と兵士も考えることが沢山あって自ら命を絶つ「自決」「自刃」するケースも多かったことを意味しています。

「自刃」の英語(解釈)など

自刃 meaning in english

「自刃」の英語表現は、“suicide by the sword”です。

例文や解釈などご紹介します。

  • “He was forced to kill himself.”

“He was forced to kill himself.”

「彼は自刃に追い込まれた」という解釈です。

彼は自分自身で刀で命を絶つように追い込んだことを表現しています。

かなり自分自身を抜け道がないほど追い込んでしまった様子がわかり、「自刃」することを表現しているので「自刃」は、“suicide by the sword”と活用するこを理解しておきましょう。

「自刃」と 「自害」の 違い

「自刃」「自害」の違いについてご紹介します。

「自害」とは、自分自身を傷つけて命を絶つことを意味しています。

なので実際に命を絶つ場合、刀などを用いる以外、ガス・紐・薬など様々なケースにて自殺することになります。

「自刃」とは、刀を用いて命を絶つことを意味しています。

これより、「自殺」「自刃」を比較してみても命を絶つ場合の方法に違いがあることを理解することができます。

命を絶つことは各々目的としては同じですが、手段に関して違いがあるので、その部分をきちんと認識しておきましょう。

icon まとめ

「自刃」とは、最近はあまり耳にする機会がないというケースがほとんどでしょう。

刀を使って自ら命を絶つことを表現しているので、なかなかなじみがないはずです。

意味を理解しておくことで、歴史書や小説など読む時には、スムーズに理解することができます。