意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「梅雨前線」とは?意味と分かりやすく解説!英語を紹介!「停滞前線」も解説

「梅雨前線」という言葉の意味や読み方、使い方を紹介します。

また「梅雨前線」を使った例文や、「梅雨前線」を引き起こす気団などについても紹介して行きます。

さらに、「梅雨前線」と他の前線の違いや「梅雨前線」の英語を紹介して行きます。

梅雨前線

Meaning-Book
「梅雨前線」とは?意味と分かりやすく解説!英語を紹介!「停滞前線」も解説>


目次

  • 「梅雨前線」の意味とは?
  • 「梅雨前線」の読み方
  • 「梅雨前線」の使い方
  • 「梅雨前線」を引き起こす気団
  • 「梅雨前線」を使った例文や短文など
  • 「梅雨前線」と他の前線の違い
  • 「梅雨前線」の英語など


「梅雨前線」の意味とは?

「梅雨前線」という言葉を知っているでしょうか。

六月頃に天気予報など見て、「梅雨前線」という言葉を耳にした事がある人もいるでしょう。

もちろん「梅雨前線」という言葉の意味をまるで知らない人もいるでしょう。

「梅雨前線」とは、「六月に雨が降り続く時期、いわゆる『梅雨』と呼ばれる時期に、日本上空に停滞する前線の事」を指します。

「梅雨前線」は日本周辺の上空に留まり、南から北にかけて徐々に移動する間、日本中に雨を降らせ続けます。

このように「梅雨前線」には、梅雨の季節に日本上空に停滞し、雨を降らせる前線という意味があります。



「梅雨前線」の読み方

「梅雨前線」の読み方を紹介します。

「梅雨前線」「ばいうぜんせん」と読みます。

「梅雨」「つゆ」という読み方もしますが、「梅雨前線」という言い方をする時は、「ばいう」と読み、「梅雨前線」「ばいうぜんせん」と読みます。

「つゆぜんせん」と読み間違えないように気を付けましょう。

「梅雨前線」の使い方

「梅雨前線」という言葉を、どのような場面で使えばいいでしょうか。

「梅雨前線」は、梅雨の時期に日本の上空に停滞し、雨を降らせる前線の事を言います。

そのため、梅雨の季節になり、天気について話す時は「梅雨前線」という言葉を使い話をしてみましょう。

「上空の梅雨前線のせいで、雨が止みませんね」とか、「梅雨前線が、徐々に南から北に移動していますね」などという感じです。

また、「なぜ梅雨になるのか」という話になった時、原因として「梅雨前線」がある事を周囲の人に知らせる時にも、「梅雨前線」という言葉を使ってみましょう。



「梅雨前線」を引き起こす気団

続いて「梅雨前線」を引き起こす原因と呼ばれる気団を紹介します。

「小笠原気団」「オホーツク海気団」について知りましょう。

  • 暖気団「小笠原気団」【おがさわらきだん】
  • 寒気団「オホーツク海気団」【おほーつくかいきだん】

暖気団「小笠原気団」【おがさわらきだん】

「小笠原気団」は日本の南東エリア、太平洋の海上に発生する、海洋性熱帯気団の事です。

高温多湿という特徴があります。

この気団の影響で形成される高気圧の事を「小笠原高気圧」と言います。

寒気団「オホーツク海気団」【おほーつくかいきだん】

「オホーツク海気団」は日本の北方にある海、オホーツク海に発生する、海洋性寒帯気団の事を指します。

日本には6月から9月の間に現れて、日本列島の天候に強い影響を及ぼします。

「梅雨前線」を使った例文や短文など

次に「梅雨前線」を使った例文や短文を紹介します。

「梅雨前線」を文章に組み込むコツを覚えましょう。

  • 「梅雨前線」を使った例文1
  • 「梅雨前線」を使った例文2

「梅雨前線」を使った例文1

「六月に入ると『梅雨前線』の影響で、日本中に大雨が降る」

この例文のような話を、六月に入る頃、日本の様々なテレビやネットニュースで目にする事になるでしょう。

毎年六月頃、毎日のように雨が降る原因は、「梅雨前線」にあるからです。

桜が咲く時期を示す「桜前線」は、笑顔で語られる事が多いのに対し、「梅雨前線」は、少し嫌な顔で伝えられることが多いかもしれません。

「梅雨前線」を使った例文2

「日本の天気は『梅雨前線』の影響を受けている」

この例文のように、日本の天気は、様々な上空の気団の影響を受けています。

そして「梅雨前線」の影響で、日本中に相当な量の雨を降らせます。

あらためて例文のような文章を見ると、地球上の不思議、自然の驚異を感じざるを得ません。

「梅雨前線」と他の前線の違い

「梅雨前線」と他の前線には、どのような違いがあるでしょうか。

「停滞前線」「秋雨前線」という二つの前線との違いに注目してみましょう。

  • 「梅雨前線」と「停滞前線」の違い
  • 「梅雨前線」と「秋雨前線」の違い

「梅雨前線」と「停滞前線」の違い

「梅雨前線」「停滞前線」には、どのような違いがあるでしょうか。

「停滞前線」は、ほとんど同じ位置にとまっている前線という意味があります。

「停滞前線」はほぼ動かず、その前線上に低気圧が発生するという特徴があります。

「梅雨前線」「停滞前線」のひとつのため、「停滞前線」の中のひとつとして「梅雨前線」があるというように覚えておきましょう。

「梅雨前線」と「秋雨前線」の違い

続いて「梅雨前線」「秋雨前線」の違いに注目してみましょう。

「秋雨前線」「あきさめぜんせん」と読みます。

「あきあめぜんせん」と読まないように注意しましょう。

「秋雨前線」は、秋に雨をもたらす前線の事です。

停滞し長雨をもたらすという点で、「梅雨前線」と似ていますが、季節が九月から十月と、「梅雨前線」が活動する六月とは時期がずれているため、見分けるのが簡単です。

このように六月頃に長雨をもたらすのが「梅雨前線」で、九月ごろに長雨をもたらすのが「秋雨前線」と覚えておくといいでしょう。

「梅雨前線」の英語など

梅雨前線 meaning in english

梅雨の季節になると、長雨にイライラする人が増えます。

このイライラを海外に住む友達に伝える時、どのような英語を使えばいいでしょうか。

そこで、「梅雨前線」を英語にした表現を紹介します。

「梅雨前線」を英語にすると“Bai‐u front”(バイウフロント)になります。

“Ba -u”はまさに「ばいう」つまり、「梅雨」を意味し、" front"は「前線」を意味します。

そのため“Bai‐u front”「梅雨前線」という意味があります。

また「梅雨前線」を英語にすると“a seasonal rain front”(アシーズナルレインフロント)にもなります。

“a seasonal rain front”には「雨の降る季節の前線」という意味があり、転じて「梅雨前線」になるためです。

このように「梅雨前線」はいくつかの英語に直す事ができます。

梅雨のイライラを、英語圏の友達に伝え立ち時などに、「梅雨前線」の英語表現をメールなどに書いて送ってみましょう。

icon まとめ

「梅雨前線」という言葉について見てきました。

梅雨の時期になると、天気予報で「梅雨前線」という言葉がたびたび登場しますが、どのような内容なのか、説明を聞かなくても分かるようになったのではないでしょうか。

仲の良い友達などに、梅雨に大雨が降るのはなぜか、その理由を「梅雨前線」という言葉を使って説明してみましょう。