意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「梅雨」とは?意味と使い方!類語や英語を紹介!「梅雨入り」「梅雨明け」も解説

「梅雨」という言葉の意味や読み方、使い方を紹介します。

また「梅雨」を使った言葉と例文を紹介して行きます。

さらに「梅雨」の類語や英語、「梅雨」に咲くおすすめの花などを紹介して行きます。

Meaning-Book
「梅雨」とは?意味と使い方!類語や英語を紹介!「梅雨入り」「梅雨明け」も解説>


目次

  • 「梅雨」の意味とは?
  • 「梅雨」の読み方
  • 「梅雨」の使い方
  • 「梅雨」を使った言葉と意味を解釈
  • 「梅雨」を使った例文や短文など
  • 「梅雨」の類語や言い換え
  • 「梅雨」の英語など
  • 「梅雨」に咲く花やおすすめの花


「梅雨」の意味とは?

みなさんは「梅雨」という言葉を知っているでしょうか。

ほとんどの人が、「梅雨」と聞くと、6月の少しうっとうしい時期を思い浮かべるかもしれません。

「梅雨」には「6~7月に降り続く雨」という意味があります。

さらに「降り続く雨の季節の、じめじめした天候」を指す事もあります。

そもそも「梅雨」「梅」という文字がつくのは、「梅の実が熟れる頃」のためです。

ちなみに「梅」の花が季節を迎えるのは2月ですので、勘違いしないようにしましょう。

このように「梅雨」には、六月頃に降り続く雨や、雨が降り続くじめじめした天候という意味があります。



「梅雨」の読み方

「梅雨」という言葉の読み方を紹介します。

「梅雨」「つゆ」と読みます。

また「梅雨」「梅雨」とも読みます。

どちらの読み方も間違いではないため、「つゆ」とも「ばいう」とも読む事を覚えておきましょう。

特に「つゆ」という読み方は、先に読み方を知らないと、絶対に読めない読み方です。

「梅雨」「つゆ」、あるいは「ばいう」と読む事を知っておきましょう。

「梅雨」の使い方

「梅雨」という言葉の使い方を紹介します。

「梅雨」は六月頃の雨が降り続く季節を指して使う言葉です。

天気予報などで「梅雨に突入しました」などというフレーズが登場したら、「梅雨」という言葉を使って、雨の日の様子を伝えましょう。

また「梅雨」に入りそうな時期に、「そろそろ梅雨入りですね」などと言って、挨拶代わりにする事ができます。

また「梅雨」が去りそうな時期に、「そろそろ梅雨明けですね」などと、同じように挨拶として使う事ができます。

何気ない挨拶に季節を取り入れるのは、日本人の嗜みのひとつです。

ぜひ「梅雨」という言葉を使って、挨拶をしてみましょう。



「梅雨」を使った言葉と意味を解釈

「梅雨」を使った言葉を紹介し、意味を解釈して行きます。

「梅雨」という言葉を使った、良く使われているフレーズを紹介して行きます。

  • 「梅雨入り」の意味
  • 「梅雨明け」の意味

「梅雨入り」の意味

「梅雨入り」という言葉があります。

6月頃、雨が降り続く季節に突入する事を「梅雨入り」と言います。

ちなみに「梅雨入り」、さらに次に紹介する「梅雨明け」は気象庁が発表するものが正式とされます。

「梅雨明け」の意味

「梅雨明け」という言葉には、「梅雨が明ける」という意味があり、雨が降り続く季節の終わりを告げるものです。

それまでは毎日のように雨が降り、洗濯をするのに苦労した人も、「梅雨明け」とともに、自由に洗濯ができるようになります。

「梅雨」を使った例文や短文など

「梅雨」という言葉を使った例文や短文を紹介して行きます。

「梅雨」をいかに文章に組み入れるか、そのコツを覚えましょう。

  • 「梅雨」を使った例文1
  • 「梅雨」を使った例文2

「梅雨」を使った例文1

「今年も『梅雨』の季節になり、髪型がまとまりにくくなる」

この例文のように、「梅雨」の季節は湿度が高くなり、髪型がキープしにくくなります。

また、洗濯ものが溜まりやすく、部屋干しすると嫌なにおいが残るなど、何かとストレスが溜まりやすい時期でもあります。

逆に言えば、部屋でゆっくりと過ごせる時期でもあるため、読書をしたりゲームをするなどしてストレスレスな生活を送るよう心がけましょう。

「梅雨」を使った例文2

「かたつむりの姿を見ると、『梅雨』がきたと思う」

この例文のように、「梅雨」の季節は、じめじめした気候を好む、かたつむり積極的に活動する時期です。

あじさいの花に、かたつむりがいて、元気に歩いている姿を見た人もいるでしょう。

この例文のように、ある景色を見て、特定の季節が思い描けるようになると、散歩が楽しくなりそうです。

「梅雨」の類語や言い換え

「梅雨」の類語や、言い換えられるような似た意味の言葉を紹介します。

  • 「春雨」【はるさめ】
  • 「五月雨」【さみだれ】
  • 「空梅雨」【からつゆ】

「春雨」【はるさめ】

「春雨」には、「春に、音もなく細く降る雨」の事を言います。

まるで超微細なシャワーのように、雨音がしない雨が降るのを見た事があるでしょうか。

春先で暖かい季節に入っているため、濡れてもなぜか気持ち良い、そのような雨を「春雨」と言います。

「五月雨」【さみだれ】

「五月雨」には、「陰暦で言う五月頃の雨」という意味があります。

そのため現在は六月頃の雨となり、「梅雨」の意味があります。

「空梅雨」【からつゆ】

「空梅雨」という言葉には、「梅雨の時期なのに、ほとんど雨が降らない事」という意味があります。

「梅雨」の英語など

「梅雨」の季節になると、雨が多くて嫌になるかもしれません。

この憂鬱な気持ちを、英語圏の友達に伝えたくなる人もいるでしょう。

そのような時、どのような英語にすればいいでしょうか。

「梅雨」は英語にすると“rainy season”になります。

“rainy season”には「雨の降る季節」転じて「梅雨」という意味があります。

“rainy”「雨の」という意味が、“season”には「季節」という意味があります。

このように「梅雨」“rainy season”という英語にする事ができますので、英語でメールを送る時などに使ってみましょう。

「梅雨」に咲く花やおすすめの花

最後に「梅雨」の時期に咲く花を紹介します。

雨が多くて気持ちが滅入りがちな季節ですが、美しい花が咲き誇る季節でもあります。

  • 「あじさい」【あじさい】
  • 「バラ」【ばら】

「あじさい」【あじさい】

「梅雨」に咲く花の代名詞ともいえるが「あじさい」ではないでしょうか。

チアリーダーが持つ飾りのような、丸く小さな花が密集した姿は、雨の日の沈んだ気持ちを和らげてくれるような存在です。

「バラ」【ばら】

花の女王のような存在である「バラ」も、「梅雨」の季節に咲き誇る花のひとつです。

バラの愛好者は多く、家の軒先などにバラを一面に咲かせている家もあります。

そのような家の前を通りかかった時、美しいバラをめでて見てはいかがでしょうか。

icon まとめ

「梅雨」という言葉について見てきました。

毎日のように雨が降る季節は、気分を憂鬱にさせますが、あじさいやバラなどを鑑賞して、できるだけ気分良く過ごせるようにしましょう。