意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「閻魔帳」とは?意味と使い方!例文!類語や英語を紹介!

「閻魔帳」とは「閻魔王が持つ死者の善悪について記された帳面。

教師が生徒の成績・出欠を記入した手帳の俗称」
です。

「閻魔帳」「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類語(シソーラス)や言い換え・英語と解釈・閻魔帳と鬼籍の意味」などについて、詳しく説明していきます。

Meaning-Book
「閻魔帳」とは?意味と使い方!例文!類語や英語を紹介!>


目次

  • 「閻魔帳」の意味とは?
  • 「閻魔帳」の読み方
  • 「閻魔帳」と「鬼籍」は同じ意味
  • 「閻魔帳」の言葉の使い方
  • 「閻魔帳」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「閻魔帳」の類語や言い換え(シソーラス)
  • 「閻魔帳」の英語(解釈)・例文など


「閻魔帳」の意味とは?

「閻魔帳」の言葉には、以下のような意味があります。

  • 「閻魔帳」の意味1:閻魔王が持つ帳面
  • 「閻魔帳」の意味2:教師が持つ手帳
  • 「閻魔帳」の意味3:警察が持つ手帳

「閻魔帳」の意味1:閻魔王が持つ帳面

「閻魔帳」の意味は、「閻魔王が死者の生前の名前・行為・罪悪を書きとめておくとされる帳簿」になります。

冥界・地獄の王である閻魔王は、この閻魔帳の善行・悪行の記載内容に基づいて、天国行きか地獄行きかを裁判・決定するとされています。

「閻魔帳」の意味2:教師が持つ手帳

「閻魔帳」の俗語的な意味は、「教師(先生)が受け持っている生徒の成績・出欠・行状・様子などを書き付けておく手帳」になります。

先生が生徒のことを「通知表・成績表・内申書」で最終的に評価する時の参考になるのが「閻魔帳」であり、閻魔帳に何が書かれているかで生徒の評価が影響されるのです。

「閻魔帳」の意味3:警察が持つ手帳

「閻魔帳」の俗語的な意味として、「警察・刑事が色々な人の前科前歴・指名手配・容疑などについて書き付けている手帳。警察手帳・刑事手帳」があります。

警察・刑事の俗語・隠語として、警察手帳(刑事手帳)のことを「閻魔帳」と呼ぶことがあるのです。



「閻魔帳」の読み方

「閻魔帳」の読み方は、「えんまちょう」になります。

「閻魔帳」と「鬼籍」は同じ意味

「鬼籍」というのは、地獄の閻魔大王の元で管理されているとされる「死者の氏名・死亡年月日などを記入している帳面。

過去帳と呼ばれるもの」
を意味しています。

特に、仏教・民間信仰で「鬼籍」の言葉が使われますが、「鬼籍」「鬼」とは「死者」を意味しています。

閻魔大王が所持・管理している「閻魔帳」「鬼籍」は同じ意味になりますが、「鬼籍」には「閻魔帳」のように「先生が生徒の成績・出欠・行状について記載している手帳」「刑事が人々の前科・前歴などを記録している手帳」といった俗語の意味合いがないという違いはあります。



「閻魔帳」の言葉の使い方

「閻魔帳」の言葉は、「閻魔王が持っているとされる死者の生前の氏名・善悪・行為を記載した手帳を指し示す時」に使えますが、現代では「閻魔帳の俗語的な意味合い」で使われることが多くなっています。

すなわち、「先生が生徒の成績・出欠・態度・素行について書き留めている手帳」「刑事(警察)が人々の前科前歴・手配などについてメモしている手帳」を指示して、「閻魔帳」という言葉を使えるのです。

例えば、「先生の閻魔帳に悪く書かれないように頑張りたいと思います」「刑事の閻魔帳に前科が記載されていれば職務質問は長くなりやすい」などの文章で使えます。

「閻魔帳」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「閻魔帳」を使った例文や短文などを紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「閻魔帳」を使った例文1
  • 「閻魔帳」を使った例文2

「閻魔帳」を使った例文1

「死後に閻魔帳に記載された過去の悪行によって、地獄に行くかもと考えたら悪いことはできません」

この「閻魔帳」を使った例文は、「死後に閻魔王の所有するノート(生前の善悪の行為が記された帳簿)に記載された過去の悪行によって、地獄に行くかもと考えたら悪いことはできない」ということを意味しています。

「閻魔帳」を使った例文2

「その先生の閻魔帳を見られる機会があれば、先生が各生徒のことを真剣に考えてくれていることがよく分かるでしょう」

この「閻魔帳」を使った例文は、「その先生が生徒の成績・態度・行状・出欠などについて書き留めている手帳を見る機会があれば、先生が各生徒のことを真剣に考えてくれていることがよく分かる」ということを意味しています。

「閻魔帳」の類語や言い換え(シソーラス)

「閻魔帳」の類語・言い換え(シソーラス)について、分かりやすく解説していきます。

  • 「鬼籍簿・点鬼簿」
  • 「成績表・通知表」
  • 「警察手帳・ブラックリスト」

「鬼籍簿・点鬼簿」

「閻魔帳」の類語(シソーラス)として、「鬼籍簿(きせきぼ)・点鬼簿(てんきぼ)」があります。

「鬼籍簿」の意味は、「死んで鬼籍に入った人の名前・善悪の行状を記録しておく帳面」のことです。

「点鬼簿」というのも、「亡くなって鬼籍となった人の名前・過去の善悪を記載しているノート」を意味しています。

閻魔大王が持っているとされる死者の名前・善悪の行為について記した帳簿である「閻魔帳」のシソーラスとして、「鬼籍簿・点鬼簿」が上げられます。

「成績表・通知表」

「閻魔帳」の類語・言い換えとして、「成績表・通知表」があります。

「成績表」というのは、「生徒の各科目・各学科の成績評価(3〜10段階評価など)を記載している帳簿」を意味しています。

「通知表」も成績表とほぼ同じ意味であり、「先生が生徒の成績・行動・態度などについて通知する書類・帳簿」を意味しています。

教師が生徒の成績・出欠・行状などを記録している帳簿を意味する「閻魔帳」は、「成績表・通知表・内申書・出欠表」などの言葉に言い換えることができます。

「警察手帳・ブラックリスト」

「閻魔帳」の類語(シソーラス)として、「警察手帳・ブラックリスト」があります。

「閻魔帳」の言葉の意味には、「警察・巡査が人の罪過・前歴を書き留めておく手帳の俗称」があります。

「ブラックリスト」の意味は、「問題行為・債務不履行・前科前歴などがある人をリストにした書類・データベース」になります。

警察が持つ前歴照会の手帳・問題ある人のリストを意味する「閻魔帳」の類語として、「警察手帳・ブラックリスト」を指摘できます。

「閻魔帳」の英語(解釈)・例文など

「閻魔帳」の英語・例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「閻魔帳」を使った英語の例文1
  • 「閻魔帳」を使った英語の例文2

「閻魔帳」を使った英語の例文1

“I'm worried about what he is writing in a teacher's grade book.”

この「閻魔帳」の英語の例文は、「私は先生が閻魔帳に書いている内容が心配です」を意味しています。

先生が生徒の成績・行状・出欠を記録している帳簿である「閻魔帳」は、“a teacher's grade book(a teacher's mark-book)”で表現できます。

閻魔王が持つとされる生前のその人の善悪の行為について記録した帳簿は、英語でも“enmacho”と表記できます。

「閻魔帳」を使った英語の例文2

“A blacklist that detectives have is useful for criminal investigations.”

この「閻魔帳」の英語の例文は、「刑事が持つ閻魔帳は、犯罪捜査に役立ちます」を意味します。

刑事・警察が持っている色々な人の前科・前歴について記載された手帳のことを、“a blacklist”で表すことができます。

icon まとめ

「閻魔帳」という言葉について徹底的に解説しましたが、閻魔帳には「教師が担当している生徒の成績・出欠などを密かに記入しておく手帳の俗称」などの意味があります。

「閻魔帳」の類語(シソーラス)・言い換えとしては、「鬼籍簿・点鬼簿」「成績表・通知表」「警察手帳・ブラックリスト」などがあります。

「閻魔帳」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。