意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「後光」とは?意味と使い方!例文!類語や英語を紹介!

「後光」という言葉の意味や使い方を紹介します。

また「後光」を使った言葉や例文を紹介して行きます。

さらに「後光」の類語や言い換えられる言葉、英語や例文を紹介して行きます。

Meaning-Book
「後光」とは?意味と使い方!例文!類語や英語を紹介!>


目次

  • 「後光」の意味とは?
  • 「後光」の読み方
  • 「後光」の言葉の使い方
  • 「後光」を使った言葉と意味を解釈
  • 「後光」を使った例文や短文など
  • 「後光」の類語や言い換え
  • 「後光」の英語・例文など


「後光」の意味とは?

「後光」という言葉を聞いた事があるでしょうか。

立派な人物を見た時などに、「後光が差している」などと言った事があるかもしれません。

一方で「後光」という言葉を、今回初めて知ったという人も少なくないでしょう。

そこで「後光」の意味を紹介して行きます。

「後光」には、「仏や菩薩から発する光」という意味があります。

国宝に指定されている仏像などを博物館で見た経験がある人は、仏像の背後に円形を、見た事があるかもしれません。

あれは「光背」と呼ばれる、「後光」の一種です。

仏や菩薩、神様のような存在からは、オーラのような光を感じる事ができ、それを「後光」「光背」などと言います。



「後光」の読み方

「後光」という言葉の読み方を紹介します。

「後光」「ごこう」と読みます。

「あとひかり」「あとこう」などと言い間違えないように気を付けましょう。

これを機会に、「後光」「ごこう」と読む事を覚えておきましょう。

「後光」の言葉の使い方

「後光」という言葉をどのように使えばいいでしょうか。

「後光」には、「仏や菩薩などの頭の後方から指している光」という意味があります。

そのため、神様や仏様などを拝んだ時などに、光が差していると感じた時、特別なオーラなどを感じた時に「後光」という言葉を使ってみましょう。

また、神様や仏様のような素晴らしい人物や、立派な人物と接していると、「後光」と言いたくなるようなオーラのようなものを感じる事があるかもしれません。

そのような人に対して「後光」という言葉を使ってみましょう。



「後光」を使った言葉と意味を解釈

続いて「後光」を使った言葉を紹介し、意味を解釈して行きます。

「後光」という言葉が使いやすくなる言い回しを紹介して行きます。

  • 「後光が見える」の意味
  • 「後光が差す」の意味
  • 「後光効果」の意味

「後光が見える」の意味

「後光が見える」という言葉があります。

例えば京都のお寺などに行き、素晴らしい仏像などを鑑賞していると、仏像の背後から聖なる光のようなものが見えるような気持ちになるかもしれません。

このような時に「後光が見える」という言い回しをします。

実際には見えていなくても、「見えるようだ」と言いたくなるような時にも、「後光が見えるようだ」と言います。

「後光が差す」の意味

「後光が差す」という言葉も良く使われます。

神様や仏様、また立派な人物の背後から、聖なる光が発せられている時の様子を、「後光が差す」と言います。

「後光効果」の意味

「後光効果」という言葉があります。

「後光効果」は、「人を評価する時に、その人がすでに持っている実績が影響を与える」という意味があります。

例えば、世界的に有名なシェフがいる時に、そのシェフが教育問題について語っても、「世界的なシェフ」という実績の影響を受けて、専門外の教育問題に関する発言も立派に感じるという種類のものです。

ノーベル賞の受賞者は、自分の専門外のジャンルに対する発言もすべて「素晴らしい」と受け取られがちですが、これは「後光効果」と言えます。

「後光」を使った例文や短文など

「後光」という言葉を使った例文や短文を紹介して行きます。

「後光」をどのように文章に組み込めばいいか、そのコツが見えてくるかもしれません。

  • 「後光」を使った例文1
  • 「後光」を使った例文2

「後光」を使った例文1

「私のミスをカバーしてくれた上司から『後光』が差して見える」

この例文には、ミスをしてしまった自分を助けてくれた上司の事を、神様のように感じている様子が表現されています。

「神様の様だ」という言葉を、「後光が差している」と言い換える事ができるためです。

手を合わせて感謝したいような素敵な事をしてくれた人からは、まるで「後光が差している」ように見えるものです。

「後光」を使った例文2

「素敵過ぎる彼の背後には、『後光』が差しているかのようだ」

この例文のようにビジュアル的に完璧な人は、まるで国宝級の仏像のように、立派で神秘的な印象を受けます。

そのため何もしなくても「後光が差している」ように見える事があります。

一流芸能人からはオーラを感じるなどと言いますが、「後光が差す」という表現も同じような意味があります。

「後光」の類語や言い換え

「後光」の類語や言い換えられる似た意味の言葉を紹介して行きます。

「後光」とよく似た言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「輝き」【かがやき】
  • 「オーラ」【おーら】

「輝き」【かがやき】

「輝き」には、「輝く光」「明るく強い光」という意味があります。

「彼には輝きがある」などという言い回しをする時には、その人物から明るく強い光のようなものを感じるという意味があります。

まるで「後光」のような光を発する、パワーのある存在と言えます。

「オーラ」【おーら】

「オーラ」には、「人の体から発せられると言われる、霊的なエネルギー」の事を「オーラ」と言います。

「あの人はオーラがある」などと言われ、「オーラ」の持ち主はパワーのある存在と言われます。

また「オーラ」は誰にでもあり、見る事ができる人には見られるという説もあります。

「後光」の英語・例文など

「後光」という言葉を英語にしたい時、どのような表現を選べばいいでしょうか。

そこで「後光」の英語や例文を紹介して行きます。

  • “A halo light is coming from behind him”
  • “An attractive person with a halo.”

“A halo light is coming from behind him”

この例文には「彼の背後から後光が差している」という意味があります。

この時の“halo”には「後光」という意味があります。

素晴らしい人格の持ち主を向き合うと、まるで「後光」が差しているような気持ちになります。

“An attractive person with a halo.”

この例文には、「後光が差しているような魅力的な人」という意味があります。

こちらの「後光」にも「halo」が使われています。

“attractive person”には「魅力的な人」という意味があります。

icon まとめ

「後光」という言葉の意味や使い方を見てきました。

みなさんの周囲にも、「後光が差している」ような立派な人物がいるかもしれません。

また誰かに助けてもらった時、素敵な事をしてもらった時に、「後光」を感じるかもしれません。