意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「見て学ぶ」とは?意味と使い方!例文!類語や英語を紹介!

「見て学ぶ」とは、「実際に目で見たものをお手本にして理解したり習得したりすること」です。

「見て学ぶ」「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類語(シソーラス)や言い換え・英語と解釈」などについて、詳しく説明していきます。

見て学ぶ

Meaning-Book
「見て学ぶ」とは?意味と使い方!例文!類語や英語を紹介!>


目次

  • 「見て学ぶ」の意味とは?
  • 「見て学ぶ」の読み方
  • 「見て学ぶ」の言葉の使い方
  • 「見て学ぶ」を使った言葉と意味を解釈
  • 「見て学ぶ」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「見て学ぶ」の類語や言い換え(シソーラス)
  • 「見て学ぶ」の英語(解釈)・例文など


「見て学ぶ」の意味とは?

「見て学ぶ」の意味は、「実際に目で見たものをお手本にして、物事を理解したり技術を習得したりすること」になります。

「見て学ぶ」というのは、「観察学習をすること・経験(体験)から学習すること」を意味していて、「お手本となる人物・作品・モノなどを見て学ぶこと」になります。

「見て学ぶ」とは、実際に目の前で師匠・先生・先輩などの模範(手本)や立派な作品を観察して真似することによって、理解を深めたり技術を習得したりする学習方法のことなのです。

例えば、「私は手芸の技術を祖母から見て学びました」などの文章で、「見て学ぶ」の意味を示せます。



「見て学ぶ」の読み方

「見て学ぶ」の読み方は、「みてまなぶ」になります。

「見て学ぶ」の言葉の使い方

「見て学ぶ」の言葉の使い方は、「実際に目で見たものをお手本にしながら、理解を深めたり技術を上達させたりする場合」に使うという使い方になります。

先生と生徒の関係、親子関係、師弟関係(特に職人・技術者の師弟関係)などがあって、実際に目で見ながら何かを学習していく時にも、「見て学ぶ」という言葉が使われます。

例えば、「大工の仕事の多くは、見て学ぶことによって技術を向上させていくものです」「何から何まで説明を求めるのではなく、見て学ぶ姿勢を忘れないようにしてください」などの文章で、「見て学ぶ」の言葉を正しく使用することができます。



「見て学ぶ」を使った言葉と意味を解釈

「見て学ぶ」を使った言葉とその意味を解釈していきます。

  • 「背中を見て学ぶ」の意味
  • 「手本を見て学ぶ」の意味

「背中を見て学ぶ」の意味

「背中を見て学ぶ」の意味は、一から十まで言葉で細かく説明するのではなく、見本となるような人物の後ろ姿(実際に働いたり作業をしたりしている姿)を見て、そこから生き様・働き方・考え方などを学び取っていくということです。

「背中を見て学ぶ」という時には、「父親(母親)の背中を見て学ぶ」「師匠・先生(先輩)の背中を見て学ぶ」という表現をすることが多くなります。

「手本を見て学ぶ」の意味

「手本を見て学ぶ」の意味は、模範的なやり方・作品・技術などの「お手本」を実際に見ることによって学習することになります。

特に、「書道・裁縫・武道・絵画・手作業(工芸品製作)」などの分野においては、「手本を見て学ぶ機会」が多くなってきます。

「模範的・理想的なお手本」を見て学習することによって、「自分の不十分な部分」に気づくことができ、自分の能力・技術・知識などを向上させるヒントを得ることができるのです。

「見て学ぶ」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「見て学ぶ」を使った例文や短文などを紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「見て学ぶ」を使った例文1
  • 「見て学ぶ」を使った例文2

「見て学ぶ」を使った例文1

「彼の卓越した金属加工の技術は、師匠のお手本を見て学ぶことで手に入れたものです」

この「見て学ぶ」を使った例文は、「彼の卓越した金属加工の技術は、師匠のお手本を実際に見て真似しながら学ぶことで手に入れたものである」ということを意味しています。

「見て学ぶ」を使った例文2

「現代では親子間・師弟間でも、背中を見て学ぶという貴重な機会が無くなってきています」

この「見て学ぶ」を使った例文は、「現代では親子間・師弟間でも、先生となる人が実際に活動している姿(=先生となる人がどのような信念・覚悟を持って生きているか)を見ることによって、自分の生き方の参考にするという貴重な機会が無くなってきている」ということを意味しています。

「見て学ぶ」の類語や言い換え(シソーラス)

「見て学ぶ」の類語や言い換え(シソーラス)について、分かりやすく解説していきます。

  • 「見学する・見聞きする」
  • 「観察学習する・体験して学ぶ」
  • 「フィールドワークをする」

「見学する・見聞きする」

「見て学ぶ」の類語(シソーラス)として、「見学する・見聞きする」があります。

「見学する」の意味は、「実際に見ることによって学ぶ・実物を見ることで学習に役立てる」になります。

「見て学ぶ」という言葉の意味の本質は、「手本(見本)となるような対象を見ること」「実際に見て経験することで理解を深めること」にあります。

その意味から、実際に見て真似するを意味する「見て学ぶ」のシソーラスとして、「見学する・見聞きする」が上げられます。

「観察学習する・体験して学ぶ」

「見て学ぶ」の類語・言い換えとして、「観察学習する・体験して学ぶ」があります。

「見て学ぶ」という言葉の意味は、「手本・見本・参考になるものを見て観察学習すること」「実際に見て体験することで理解を深めること」です。

その意味から、「見て学ぶ」という言葉は、「観察学習する・体験して学ぶ」に言い換えることができるのです。

「フィールドワークをする」

「見て学ぶ」の類語(シソーラス)として、「フィールドワークをする」があります。

「フィールドワークをする」の言葉の意味は、「実際に現地にまで行って、実際に見たり聞いたりしながら実地研究をすること」になります。

実際に対象を見ることによって学習を進める「見て学ぶ」の類語として、「フィールドワークをする」という言葉を指摘することができます。

「見て学ぶ」の英語(解釈)・例文など

見て学ぶ meaning in english

「見て学ぶ」の英語・例文とその意味を、分かりやすく解釈していきます。

  • 「見て学ぶ」の英語の例文1
  • 「見て学ぶ」の英語の例文2

「見て学ぶ」の英語の例文1

“I learned to look at its manufacturing technology.”

この「見て学ぶ」の英語の例文は、「私はその製造技術を、見て学びました」ということを意味しています。

「〜を見て学ぶ」という言葉は、“learn to look at〜”というシンプルな英語で表現できます。

「見て学ぶ」の英語の例文2

“She learned from her parents example.”

この「見て学ぶ」の英語の例文は、「彼女は親の背中を見て学びました」を意味しています。

「〜の背中を見て学ぶ」という見て学ぶを使った慣用句は、“learn from〜example”(〜の事例・見本から学ぶ)という英語で表すことができるのです。

icon まとめ

「見て学ぶ」という言葉について徹底的に解説しましたが、見て学ぶには「実際に目で見たものをお手本にして理解したり習得したりすること」などの意味があります。

「見て学ぶ」の類語(シソーラス)・言い換えとしては、「見学する・見聞きする」「観察学習する・体験して学ぶ」「フィールドワークをする」などがあります。

「見て学ぶ」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。