意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「茶化す」の意味とは・天気との関係・読み方・英語【使い方や例文】

茶化す、という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

茶化されて嫌だった、という記憶を持つ人もいるかもしれませんね。

ここでは茶化す、という言葉について紹介します。

茶化す、という言葉にはそもそもどのような意味があるのでしょうか。

茶化す

Meaning-Book
「茶化す」の意味とは・天気との関係・読み方・英語【使い方や例文】>


目次

  • 「茶化す」の意味とは?
  • 「茶化す」の読み方?
  • 「茶化す」の英語(解釈)
  • 「茶化す」の語源
  • 「茶化す」の言葉の使い方
  • 「茶化す」を使った言葉・慣用句や熟語・関連(意味・解釈)
  • 「茶化す」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「茶化す」の類語や類義表現(シソーラス)


「茶化す」の意味とは?

茶化す、という言葉には相手を怒らせたり、困らせたり、恥ずかしがらせるようなことを言ったりしてから買う、真面目な話を冗談めかしてしまう、という意味があります。

お茶にする、と表現することもできます。

「茶殻」という漢字からできあがりました。

相手を不快な気分にさせて喜ぶ事からはやし立てる、などという意味もあります。

馬鹿にしたり困らせたり、恥ずかしがらせたり、という、あまり相手も良い気持ちにさせる行為ではありません。



「茶化す」の読み方?

茶化す、という表現は「ちゃかす」と読みます。

なんとなく日本人には読みやすい表現かも知れませんね。

「茶化す」の英語(解釈)

茶化す meaning in english

茶化す、という表現はからかう、という意味になりますので、“make fun of、poking fun at”、或いは“tease”と表現することができます。

例えば、「私が真面目に話をしているんだから茶化さないで」というのであれば“don’t start falling around when I am talking seriously”と表現できますし、「彼女が真剣に話をしているんだから茶化してはいけない」というならば“don’t make fun of her when she has some serious problems”と表現できます。

“tease”というのは比較的軽い意味でからかうという意味を持ちます。

しかし、からかわれている側にしてみるととにかく不愉快になる場合もありますから、とにかくやり過ぎには注意です。



「茶化す」の語源

茶化す、という表現はお茶にする、休憩する、という意味から「はぐらかして相手にしない」という意味が作られました。

お茶の作法では、きちんとお茶を入れられない人間がわざとすまして見せたことを「茶化場(ちゃげは)」と呼ぶようになり、そんな彼らが「お茶さえ出しておけば大丈夫」とごまかすようになったことから茶化す、という表現ができたと考えられています。

「茶化す」の言葉の使い方

茶化す、という言葉は本人たちは相手を傷つけているつもりがない時に使われる表現です。

相手を怒らせるとなどというつもりではなく、ただ単にからかう、といった感じで酒されます。

ただし、そのからかいが過ぎてしまうとだいたい相手を傷つけることになりますので、一定のところで止めなければいけません。

また、相手が真剣に話をしている場合はちゃかさない方が良い場合もあります。

人間関係に傷を入れてしまう可能性がありますので適度なところで止めておきましょう。

「茶化す」を使った言葉・慣用句や熟語・関連(意味・解釈)

ここでは茶化す、という言葉を使った言い回しを紹介します。

  • 「茶化される」
  • 「茶化す人」
  • 「周りが茶化す」

「茶化される」

茶化されるというのは誰かが自分を茶化す、ということになります。

誰かが自分に対してからかってくる、困惑させるようなことを言ってくる、という場合、まさに茶化されていると言えます。

人によってはそもそも茶化されること自体が好きではない場合もありますので、茶化す側は茶化される側の表情をしっかりと見定める必要があります。

そして「この辺でやめておこう」と見極める力も重要です。

「茶化す人」

茶化す人は、他の人をからかう人です。

茶化すことが多い人はそもそも誰に対しても茶化すでしょう。

茶化す人の中には、茶化されている人の気持ちを考えられない人もいます。

茶化されている側が起こり始めたら、それ以上からかわないようにしなければいけません。

あまりにも人を茶化し続けてしまうと、人間関係を壊す可能性があるということも覚えておく必要があります。

「周りが茶化す」

本人は真剣でも、周りが茶化す、ということもあるかも知れませんね。

例えば学校などで発言をした時、うっかり間違えてしまったとしましょう。

自分は「あ、しまった」と思っていたにも関わらず、周りの人たちが大笑いしたり、その後もいつまでたっても間違いを指摘されたりしたら嫌になってしまうのではないでしょうか。

「茶化す」を使った例文や短文など(意味を解釈)

ここでは例文をいくつか紹介します。

  • 「茶化す」を使った例文1
  • 「茶化す」を使った例文2

「茶化す」を使った例文1

「あの人はいつも人のことを茶化すから嫌なんだよね」

周りの人の中には、何かがあったらすぐに他の人たちのことを茶化す、という人がいるのではないでしょうか。

確かに、簡単なジョークなどであれば人を茶化しても問題はありません。

また、茶化される側がそれを楽しんでいるのであれば、トラブルになることもないでしょう。

しかし、人によってはとにかく茶化されることを嫌がる場合もありますので、時と場合によっては茶化さない努力も必要です。

「茶化す」を使った例文2

「彼はガールフレンドを茶化しすぎて、振られてしまったらしい」

恋人の間ではよくお互いを茶化す行為が行われます。

それは愛情表現の1つですが、場合によっては嫌がられることもあります。

恋人はお互いのことをよく知っていますから、愛情表現の1つとして間違いを辛かったり、寝癖をからかったり、ということもあるでしょう。

しかし、いくら恋人同士であったとしてもやり過ぎは禁物です。

茶化しすぎてしまったために振られてしまった、という人は少なくありません。

「茶化す」の類語や類義表現(シソーラス)

ここでは類義語をいくつか紹介します。

  • からかう
  • 囃し立てる

からかう

からかうというのは冗談を言ったりいたずらをしたりして人を殴りもて遊ぶ、という意味を持ちます。

相手が困ったり怒ったりするようなことを押しその相手の表情を面白がることを指します。

囃し立てる

囃し立てるというのは盛んに相手を囃す男という意味になります。

囃すという表現はもともと音楽などで賑やかに演奏することを指していました。

そこから、特定の人などに対して野次を飛ばしたり、褒め称えたりと、騒がしくすることが囃すという言葉になったのです。

icon まとめ

茶化す、という表現は若い人たちの中では使われないとも言われています。

しかし日本文化を反映した言い回しでもありますので、知識として覚えておくことも大切です。