意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「穿ち過ぎ」の意味とは「うがった見方」の誤用もまとめて紹介・英語【使い方や例文】

「穿ち過ぎ」という言葉は耳にしたことがあるでしょう。

新聞や雑誌など、普段からよく目にする機会も多いのではないでしょうか。

ここでは「穿ち過ぎ」の意味・使い方や例文・解釈・英文表現など様々な方面にてご紹介するので参考にしてください。

Meaning-Book
「穿ち過ぎ」の意味とは「うがった見方」の誤用もまとめて紹介・英語【使い方や例文】>


目次

  • 「穿ち過ぎ」の意味とは?
  • 「穿ち過ぎ」の読み方?
  • 「穿ち過ぎ」の英語(解釈)
  • 「穿ち過ぎ」の「穿ち」とは?
  • 「穿ち過ぎ」の言葉の使い方
  • 「穿ち過ぎ」を使った言葉・慣用句や熟語・関連(意味・解釈)
  • 「穿ち過ぎ」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「穿ち過ぎ」の類語や言い換え(シソーラス)言い換え
  • 「うがった見方」の良くある誤用


「穿ち過ぎ」の意味とは?

「穿ち過ぎ」の意味は、物事の本質や人情の機微をとらえようと執着することで、逆に真実からかけ離れてしまうことです。

物事の本質や心情など、事細かくとらえようとして執着しすぎることで、逆に真実はなんだったのか、かなり離れてしまうことなので、表現として「穿ち過ぎ」を理解しておくと、ご自身で文章作成時に活用でき、とても上手に表現することができます。



「穿ち過ぎ」の読み方?

「穿ち過ぎ」の読み方は「うがちすぎ」です。

「穿ち過ぎ」の英語(解釈)

「穿ち過ぎ」の英語解釈は、“reading too much into things”です。

英語では熟語として用いる機会も多いので理解しておきましょう。

例文・解釈をご紹介するので参考にしてください。

  • “You are reading a bit too much into it.”

“You are reading a bit too much into it.”

それはいささか穿ち過ぎですという意味です。

それは、どう考えても執着しすぎているんじゃないの?という解釈ができ、本質を逆に見失ってしまう恐れもあるので、注意が必要になるとも読み取れます。

“reading too much into things”という表現はよく見かけるので、熟語として理解しておきましょう。



「穿ち過ぎ」の「穿ち」とは?

「穿ち過ぎ」「穿ち」とは何か、ご紹介します。

「穿ち」とは、人の気づかない真相を探り出してみせることや、人情の機微などを巧みに指摘してみせることなどを意味しています。

人が気づかない真相など、深く掘り下げることを表現しています。

「穿ち過ぎ」は、その「穿ち」部分の度が過ぎていることを表している文章になっているので理解しておきましょう。

「穿ち過ぎ」の言葉の使い方

「穿ち過ぎ」の言葉の使い方を理解するとご自身で文章作成する際に活用することができ、そして普段あまり活用しないような言葉を文中にて表現することで、ワンランク上の文章を作成することができます。

やはり語彙力を持っていると判断されますし、スマートな文章表現になるので、かなり注目度も高くなります。

「穿ち過ぎ」を使った言葉・慣用句や熟語・関連(意味・解釈)

「穿ち過ぎ」を使った言葉・慣用句や熟語・関連(意味・解釈)ご紹介します。

  • 「穿ち過ぎた説」

「穿ち過ぎた説」

「あなたが記載した論文は穿ち過ぎた説が多いです」

あなたが書いた論文は、物事の本質や人情の機微をとらえようと執着しすぎて、本質を見失っているように感じる説が多いですという意味です。

やはり本質を端的に見つけることが何より重要な部分ですが、執着しすぎてしまったことで、本質を逆に見失っている説を発表している様子を読み取れることができます。

「穿ち過ぎ」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「穿ち過ぎ」を使った例文や短文など(意味を解釈)ご紹介します。

  • 「穿ち過ぎ」を使った例文1
  • 「穿ち過ぎ」を使った例文2

「穿ち過ぎ」を使った例文1

「それは少し穿ち過ぎな発言になります」

それは少し本質や人情などに執着しすぎてしまい、本質を見失っているような発言になっていますという解釈です。

かなり発言した方が執着しすぎてしまい、逆に本質は何だったのか、忘れている様子がわかります。

きちんと本質は何だったのか見極めることが重要ですが、そこが忘れているようですし、「穿ち過ぎ」ている発言だとわかります。

「穿ち過ぎ」を使った例文2

「あなたが作成した文章は穿ち過ぎた部分があります」

あなたが作成した文章は、本質とはかなりズレた部分があり、深く追求しすぎてしまい、本質を見失っているような部分がありますという解釈です。

本質はなんだったのか、それを忘れているような文章に仕上げているのがわかります。

「穿ち過ぎ」た文章になり、ちょっと本質は何だったのか忘れている印象です。

「穿ち過ぎ」の類語や言い換え(シソーラス)言い換え

「穿ち過ぎ」の類語や言い換え(シソーラス)言い換えは、「勘ぐりすぎ」「深読みし過ぎ」をご紹介します。

  • 「それは勘ぐりすぎた発言になるので注意が必要です」
  • 「あなたの行動はどう見ても深読みしすぎた部分があります」

「それは勘ぐりすぎた発言になるので注意が必要です」

それは、相手のことを深く探ったような発言になるので注意が必要ですという表現になります。

「勘ぐりすぎ」た発言は、他の方から嫌がられるような発言になるため、やはりあまり好ましいことではないことを意味します。

なので、こうした「穿ち過ぎ」るような発言は注意した方がよいことを意味します。

「あなたの行動はどう見ても深読みしすぎた部分があります」

あなたの行動はどう見ても深く読み取ってしまいがちな部分がありますという解釈です。

あなたの行動は他の方がどう見ても「穿ち過ぎ」る部分があると指摘されている様子がわかります。

「深読みし過ぎ」た部分は、やはり本質を見失ってしまうおそれがありますし、余計なことも考慮してしまう場合があるので注意が必要です。

「うがった見方」の良くある誤用

「うがった見方」の良くある誤用についてご紹介します。

「うがった見方をする」という言葉を聞いたことがあるでしょう。

これは,「物事の本質を捉えようと鋭い視点で見る」という意味です。

「うがった見方」は、表面からは理解できない物事の真相を突いた見方ができることを評価しているものと考えることができます。

「あなたはうがった見方をするね」という表現をよく見かけますが、これは「疑ってかかるような見方をする」という解釈は誤用な捉え方です。

正しくは「物事の本質を捉えた見方をする」

という表現になるため、きちんと意味を理解することで印象の受け取り方など大きく変化します。

icon まとめ

「穿ち過ぎ」という言葉を使う場合、きちんと意味を理解することが重要になります。

あまり今まで使う機会がなかった方もここで「穿ち過ぎ」を理解することで、次回から文章を書く際には用いることができます。

例文・解釈など、詳しくご説明したことで文章作成もスムーズにできますし、正しい文章の意味を理解することが何より大切になるので、その部分をしっかり意識した上で文章を書くようにしましょう。