意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「精読」の意味とは・「精読」と「多読」の違い・対義語・類語・英語【使い方や例文】

「精読」という言葉は普段からよく耳にする機会も多いはずです。

お子さんから年配の方まで、様々な場面で「精読」という言葉は耳にすることが多いので、ここでは意味をきちんと理解しておきましょう。

「精読」について理解しておくと、スムーズに文章作成することができます。

ここでは例文・解釈などご説明するので参考にしてください。

精読

Meaning-Book
「精読」の意味とは・「精読」と「多読」の違い・対義語・類語・英語【使い方や例文】>


目次

  • 「精読」の意味とは?
  • 「精読」の読み方?
  • 「精読」の英語(解釈)
  • 「精読」の対義語
  • 「精読」の言葉の使い方
  • 「精読」を使った言葉・慣用句や熟語・関連(意味・解釈)
  • 「精読」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「精読」の類語や言い換え(シソーラス)言い換え
  • 「精読」と「多読」の違い


「精読」の意味とは?

「精読」の意味は、細かいところまで隅々きちんと読むことです。

なので、大雑把に読むのではなく、きちんとじっくり読むことを「精読」するといいます。

「精読」に関しては、学校でもよく出てきますし、お子さん方へ「精読」しましょうなど話すこともあり、色々と活用する場面が多いので、言葉の意味を理解した上で利用するようにしましょう。



「精読」の読み方?

「精読」の読み方は「せいどく」となります。

「精読」の英語(解釈)

精読 meaning in english

「精読」の英語解釈は、“careful reading”です。

英語では熟語として活用する機会も多いため、熟語として活用方法を理解しておくのも良いでしょう。

例文や解釈などご紹介するので英文を参考にしてください。

  • “read something carefully”
  • “The book is worthy of a perusal―worth reading with care.”

“read something carefully”

精読するという意味です。

これは熟語として“read something carefully”は身近に活用する方法なので、理解しておくと上手に用いることができます。

英語では、こうした熟語を用いて表現することが多いので“read something carefully”の活用はしっかり理解しておきましょう。

“The book is worthy of a perusal―worth reading with care.”

この本は精読の価値があるという意味です。

この本は、しっかりと隅々まで細かく部分も読む価値があることがわかります。

なかなか充実した文章になっているので、しっかりと読み込むこと「精読」することで、得られるものがあることがわかります。



「精読」の対義語

「精読」の対義語は、「速読」「濫読」です。

例文や解釈をご紹介します。

  • 「私は速読することで本を沢山読むことができます」
  • 「濫読したことで記載されている意味が理解できない」

「私は速読することで本を沢山読むことができます」

私は本をじっくり読まないことで、沢山読むことができますという解釈です。

本をじっくり読まず「精読」しないことで、「速読」になっており、これは対義語であることがわかります。

「濫読したことで記載されている意味が理解できない」

じっくり読まなかったことで、記載されている意味が理解できないという解釈です。

ただ何も考えず、系統立てずに本を読むことで、頭に残らず記載されている内容が理解できない様子を読み取ることができます。

「精読」の言葉の使い方

「精読」の言葉の使い方を理解することで、上手にご自身で文章作成する際には用いることができます。

ワンランク上の文章を記載することができるので、「精読」の意味を理解し、使い方など把握しておくと語彙力アップへとつながります。

「精読」を使った言葉・慣用句や熟語・関連(意味・解釈)

「精読」を使った言葉・慣用句や熟語・関連(意味・解釈)ご紹介します。

  • 「精読を行う」

「精読を行う」

「精読を行うことで自身がレベルアップすることができます」

隅々まで本を読むことで自身がレベルアップすることができますという解釈です。

隅々まで本を読むこと「精読」することにより、発見すること・得るものなど多々あります。

なので、しっかりと自身のレベルアップすることができることを意味しているのが読み取れます。

「精読」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「精読」を使った例文や短文など(意味を解釈)ご紹介。

  • 「精読」を使った例文1
  • 「精読」を使った例文2

「精読」を使った例文1

「この本を精読することで、先生が仰っている意味がわかるようになります」

この本を隅々までしっかり読むことで、先生が仰っている意味がわかるようになりますという解釈です。

先生が仰っている意味を理解するためにも、この本を「精読」することが必要になるといった解釈ができます。

「精読」を使った例文2

「精読することで様々なことを理解できるようになります」

本を隅々までじっくり読むことで、様々なことを理解できるようになりますという解釈です。

隅々までできちんと読む機会はなかなかないので、それだけでも色んなことを理解できるようになり、得られることも多くなるのがわかります。

「精読」の類語や言い換え(シソーラス)言い換え

「精読」の類語や言い換え(シソーラス)言い換えは、「熟読」「味読」です。

例文や解釈をご紹介します。

  • 「この本を熟読することで作者が伝えたいことが理解できた」
  • 「文学作品を味読したことで、知識が増えました」

「この本を熟読することで作者が伝えたいことが理解できた」

この本をじっくり読むことで作者が伝えたいことを理解することができたという意味です。

この本を「熟読」することは「精読」するのとほぼ同じ意味なので、じっくりと本を読むことで作者の考え・気持ちを考えながら読書している様子がわかりますし、このような「精読」ができると読書が楽しくなります。

「文学作品を味読したことで、知識が増えました」

文学作品をじっくり味わいながら読んだことで、知識が増えましたという解釈です。

じっくりと本を読むことにより、「味読」「精読」したことになります。

そうすることで、隅々まで細かく読み、作者の考えや気持ちが把握できるようになり、知識も増えるので充実した読書になることがわかります。

「精読」と「多読」の違い

「精読」「多読」の違いをご紹介します。

「多読」とは、よく目にする機会も多いですが、沢山本を読むことを意味します。

なので、内容をじっくり読むのではなく、ただ単に沢山読むことを示しているため、「多読」とは沢山本を読むことです。

「精読」は、隅々まで細かい部分もじっくり読むので、多読とは違います。

「精読」することは、作者の考え・気持ちなどわかりますし、「精読」「多読」の違いを理解しておきましょう。

icon まとめ

「精読」という言葉は、よく目にすることも多いですし、日常的に活用する言葉なので意味を理解しておきましょう。

学習の場面やビジネスなど、幅広く「精読」という言葉は出てきます。

「この資料を精読しておいてください」

などビジネスの場面でも活用しますし、日常的によく使うことばなので、理解しておくとご自身でも用いることがスムーズにできるようになります。