意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「精を出す」の意味とは語源・類語・読み方・英語【使い方や例文】

「精を出す」という言葉の意味や読み方、語源を紹介します。

また「精を出す」の英語や熟語を紹介して行きます。

さらに「精を出す」を使った言葉や例文を紹介して行きます。

精を出す

Meaning-Book
「精を出す」の意味とは語源・類語・読み方・英語【使い方や例文】>


目次

  • 「精を出す」の意味とは?
  • 「精を出す」の読み方?
  • 「精を出す」の英語
  • 「精を出す」の語源
  • 「精を出す」の言葉の使い方
  • 「精を出す」を使った言葉・慣用句や熟語・関連
  • 「精を出す」を使った例文や短文など
  • 「精を出す」の類語や類義表現
  • 「精を出す」の対義語


「精を出す」の意味とは?

「精を出す」という言葉を知っているでしょうか。

「精を出して働く」などという、誰かの言葉を思い出した人もいるかもしれません。

一方で、「精を出す」という言葉を、今回初めて知ったという人もいるでしょう。

「精を出す」という言葉には、「精一杯頑張る」または「コツコツと努力する」という意味があります。

「精を出して働く」には、精一杯仕事をする、コツコツと仕事を努力するなどの意味があります。

様々な場面で、精一杯頑張る時に、「精を出す」という言葉を使います。



「精を出す」の読み方?

「精を出す」という言葉の読み方を知っているでしょうか。

「精を出す」「せいをだす」と言います。

この場合の「精」「せい」と読みます。

これを機会に「精を出す」「せいをだす」と読む事を覚えておきましょう。

「精を出す」の英語

精を出す meaning in english

「精を出す」という言葉を英語にしたいと思った時、どのような表現をすればいいでしょうか。

「精を出す」を英語にすると、“work hard”(ワークハード)になります。

“work hard”には「頑張って働く」「精を出す」という意味があります。

仕事を頑張る事などを、英語の文章にしようと思ったら、「精を出す」“work hard”という英語にする事を覚えておきましょう。



「精を出す」の語源

「精を出す」という言葉には、どのような語源があるでしょう。

そもそも「精を出す」「精」には、「心身が持っている力のもと」という意味があります。

そのため「精を出す」には、心身が持っている力を出すという意味があります。

「精」という言葉の意味が分かれば、なぜ「精を出す」が精一杯頑張る、コツコツと努力するという意味があるか、理解できるのではないでしょうか。

「精を出す」の言葉の使い方

「精を出す」という言葉を、どのように使えばいいでしょうか。

「精を出す」には、精一杯頑張る、コツコツと努力するなどの意味があるため、誰かがそのような様子を見せた時、または自分がそのような立場になった時に使ってみましょう。

例えば同僚が夜遅くまで仕事を頑張っている時、「精が出るね」などと声を掛けてみましょう。

またあなたが趣味に対してコツコツ努力している時、他の人に「くだらない趣味に精を出してます」などと、謙遜する事もできます。

このように、人よりも努力している人や、コツコツと頑張っている人を見た時に、「精を出す」という言葉を使ってみましょう。

「精を出す」を使った言葉・慣用句や熟語・関連

「精を出す」を使った言葉を紹介します。

「精を出す」を使いやすくなるような言葉がいくつも登場します。

  • 「仕事に精を出す」
  • 「精を出して働く」

「仕事に精を出す」

「仕事に精を出す」という言葉は、ビジネスシーンで使う言葉です。

特に自分以外の人が、仕事に対して一生懸命取り組んでいる時に、「仕事に精が出ますね」などと評価します。

「精を出して働く」

「精を出して働く」は、一生懸命仕事をする、コツコツと仕事を続けるなどの意味があります。

仕事の大切さを理解していない人に対して、「精を出して働く」事の大切さを教える事ができます。

「精を出す」を使った例文や短文など

「精を出す」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「精を出す」を文章の中に入れるコツを、例文を読んで知りましょう。

  • 「精を出す」を使った例文1
  • 「精を出す」を使った例文2

「精を出す」を使った例文1

「納期が近づいてきたの、仕事に『精を出す』事にした」

この例文のように、納期が近づいた時、または繁忙期を迎えた時、一生懸命仕事をする人が多いのではないでしょうか。

他の事はいったん置いておき、仕事に集中しようと覚悟する時に、「精を出す」という言葉を使います。

これから仕事に集中する事を宣言するように、「精を出す」という言葉を使います。

「精を出す」を使った例文2

「A君は、いつみても『精を出して』働く立派な人だ」

この例文に登場するA君のように、いつでもコツコツと仕事を頑張れる人がいます。

そのような人は、周囲の人から評価され、高い信頼を得る事ができます。

また年上の人や、仲の良い人は「精が出るね」などと、声を掛けたくなるでしょう。

この例文のような言い方で、知らない人にA君の素晴らしさを伝えたくなるかもしれません。

「精を出す」の類語や類義表現

「精を出す」の類語や類義表現を見て行きましょう。

「精を出す」と似た言葉を知り、語彙を豊富にしましょう。

  • 「力を発揮する」
  • 「馬力を出す」

「力を発揮する」

「力を発揮する」という言葉は、「自分の持っている能力を出す」という意味があります。

普段はのんびり暮らしている人も、必要に応じて「力を発揮する」事があるでしょう。

特に緊急事態になると、人は「力を発揮する」傾向があります。

「馬力を出す」

「馬力を出す」「馬力」には、「仕事につぎこむ活動力」という意味があります。

馬が力を出した時くらい、仕事を猛烈にする時、「馬力を出す」と言います。

「締め切りが近づいたので、『馬力を出す』」という時は、いつもにもまして、自分の持てる能力を発揮するという意味があります。

「精を出す」の対義語

最後に「精を出す」の対義語を紹介します。

「精を出す」という力強い言葉と反対の意味を持つ言葉にはどのような言葉があるでしょうか。

  • 「怠る」
  • 「無力」

「怠る」

「怠る」「おこたる」と読みます。

「怠る」「さぼる」「なまけてすべき事をしない」などの意味があります。

「仕事を怠る」という場合、「仕事に精を出す」の反対の意味になるでしょう。

「無力」

「無力」という言葉には、「勢力や資金力などがない」という意味があります。

「無力な自分を恥じる」という言葉には、周囲の人を幸せにするための力を持たない事を恥ずかしく思うという意味があります。

icon まとめ

「精を出す」という言葉の意味や使い方を見てきました。

みなさんも「精を出す」経験があるかもしれません。

学生時代なら試験前に、仕事なら納期前に「精を出す」経験をしたのではないでしょうか。

自分以外の人が頑張っている時に、「精が出ますね」などと声を掛けると喜ばれるかもしれません。