意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「生計を立てる」の意味とは・英語・類語【使い方や例文】

生計を立てるという言葉は誰にとっても大切なことですよね。

生きるためにお金を得て、そのお金でやりくりできる範囲で生活をする、という事は今や私たちにとって当たり前のスタイルとなりました。

それならば、生計を立てるという言葉はどのような意味を持つのでしょうか。

ここでは生計を立てるという言葉の意味を紹介します。

生計を立てる

Meaning-Book
「生計を立てる」の意味とは・英語・類語【使い方や例文】>


目次

  • 「生計を立てる」の意味とは?
  • 「生計」と「家計」違い
  • 「生計を立てる」の英語(解釈)
  • 「生計を立てる」を分解して解釈
  • 「生計を立てる」の言葉の使い方
  • 「生計を立てる」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「生計を立てる」の類語や類義表現(シソーラス)


「生計を立てる」の意味とは?

生計を立てるというのは稼いで生活を維持するように生計を立てること、という意味を持ちます。

仕事をして収入を得ると、人間はそこで得た収入から食費や光熱費、水道代、交友費、通信費等を賄っていかなければいけません。

さらに、今は定年したらすぐに年金がもらえるという時代ではなくなりました。

年金ももらっても貯蓄がなければ生きてはいけないという時代ですから、適度に貯蓄もしていかなければいけません。

生計を立てるのみならず、貯金をするということが大事だと考えられるようになってきました。



「生計」と「家計」違い

生計と家計とはどのように違うのでしょうか。

まず、家計というのは家族の生活設計に従って行われている経済活動を指します。

家計簿、という言葉がありますね。

その過程がどのように生活をしているか、それを貨幣面からとらえたものになります。

それに対して生計というのは暮らしを立てて行くための方法や手段を指しています。

つまり、家計というのはお金の生活設計に関わる経済のことを指しており、生計は暮らしていくための応報や手段を指すのです。

「生計を立てる」の英語(解釈)

生計を立てる meaning in english

生計を立てるという表現を英語にすると、“living”“Livelihood”“a living”“a means of livelihood”などの表現ができます。

ここでは具体的に2つ紹介します。

  • “Make a living”
  • “Earn one's bread and butter”

“Make a living”

“Make a living”という表現は生計を立てる、という言い回しをするにあたって有益な表現です。

“living”というのは明らかに生計という意味ですから、それを立てる、という意味で“make a living”という表現が可能です。

“Earn one's bread and butter”

“Earn one's bread and butter”もう生計を立てる、という意味で一般的な表現の1つです。

パンとバターを購入することを指しており、食費を成り立たせることを指しています。



「生計を立てる」を分解して解釈

ここでは生計を立てる、という表現を分解して紹介します。

  • 「生計」
  • 「立てる」

「生計」

生計は暮らしを立てて行くための方法や手段を表します。

例えば、ビジネスマンとして生計を立てる人もいますし、執筆活動で生計を立てる人もいます。

専業主婦という形で仕事をしているわけではなくても、ご主人が公務員で生計を立てる、ということもあるのではないでしょうか。

大学生の場合は自分でフルタイムで仕事をするわけにはいきませんから、アルバイトなどで生計を立てることがあるでしょう。

「立てる」

立てるというのは安定した収入を持つ、ということになります。

先程の整形という言葉は、毎月入ってくる安定した収入を指しています。

その収入を安定させるということで立てるという表現が使われます。

「生計を立てる」の言葉の使い方

生計を立てるという言葉は、お金に関して意識をしている人にとっては当たり前の表現です。

いくら収入があるのか、いくら支出があるのか、きちんと計算できている人はしっかりと生計を立てられていると言えるでしょう。

赤字になることがなく、また借金を作らず、自分たちの収入の中でやり取りする、ということが大切です。

ただし、適宜クレジットカードなどを利用することによって銀行でローンを借りることも可能になります。

そこからアパートなどを借りたり、家を買うためのローンを組んでもらったりすることが可能になります。

すべては信頼ですから、クレジットカードなどを利用することが大切です。

生計で得ている収入が安定していれば銀行でローンを組むことも可能です。

「生計を立てる」を使った例文や短文など(意味を解釈)

ここでは例文や短文をいくつか紹介します。

  • 「生計を立てる」を使った例文1
  • 「生計を立てる」を使った例文2

「生計を立てる」を使った例文1

「私は子供が生まれてすぐにシングルマザーになったけれど、自分で一生懸命生計を立てて、子供を育ててきた」

日本社会はシングルマザーに対してまだまだ冷たいところがありますよね。

シングルマザーだからと言って子供を保育園に預けられると決まっているわけではありませんし、シングルマザーは一家の主がいない状態で収入を得なければいけないわけですが、それでも男性と同等の仕事ができるというシングルマザーはあまり多くはありません。

むしろ、シングルマザーに対しての荒波はひどく、両親の力を借りなければ子育てができないという人も多いのではないでしょうか。

しかし、どんな時でも自分を大切にしてくれる大人がいる世界であれば、子供は楽しく大きくなります。

大切なことは、子供が「愛されている」と感じられるような状態で生活する事です。

「生計を立てる」を使った例文2

「大学生になって一人暮らしを始めたら、生計を立てる方法が本当に見つからなかった」

大学生で一人暮らしを始めれば、とにかくアルバイトをしてお金を稼がなければいけません。

しかし、一人暮らしだということで家族がそれなりに良い家具を揃えてくれると、そのような家具がお金をかけてくれます。

洗濯機であれば水道代や光熱費もかかりますし、料理をすればガス代もかかります。

そのため、そのようなガス代や水道代、光熱費等もしっかりと払わなければいけませんし、インターネットの代金も払わなければいけません。

そのため、どれだけアルバイトをしてもお小遣いができるほどの収入を手にするためにはなかなか苦労が必要です。

「生計を立てる」の類語や類義表現(シソーラス)

ここでは類義語をいくつか紹介します。

  • 日々生きる
  • 生活を維持する
  • 暮らしを立てる

日々生きる

日々生きるという考え方は生計を立てる、という表現と似た意味を持ちます。

毎日生きていくためには、しっかりと仕事をこなしていかなければいけません。

与えられた仕事をこなし、与えられた勉強をする、ということも大切ですね。

子供であれば学校に行って勉強をする、大人であれば仕事に行って収入を得る、ということをしなければいけません。

確かに、パートの人が仕事をすれば1時間働いても800円ほどしか稼げない、ということもあるでしょう。

しかしそのような収入を大切にし、必要なものを購入する、というように節約することで、日々生きるられるのです。

生活を維持する

生活を維持する、というのは今までの生活レベルを落とさないようにしていくという意味を持ちます。

例えば、いきなり夫がリストラされてしまえば、収入がなくなってしまいますから苦しい生活が強いられます。

そうではなく、普段から貯蓄にお金を回しておけば、仮にリストラされたとしても今すぐ生活が苦しくなる、というわけでは無いのではないでしょうか。

何かがあっても大丈夫なように、生活を維持できるように、貯金しておくことも大切です。

暮らしを立てる

暮らしを立てる、というのはその暮らしをきちんと賄い、成功させるということになります。

生計を成り立たせる、生活していけるようにする、という意味であり、やはりそこに収入は欠かせません。

仕事をすることによって収入を得て、その収入の中で生活に必要なものなどを購入していかなければいけないのです。

贅沢は禁物です。

icon まとめ

税金が上がり、年金が期待できない時代となり、今は自分の生活を維持するだけでも精一杯だという人が多いのではないでしょうか。

また、生計を立てるためにも様々な仕事が出回っています。

その一方で、大学院を出てしまうとなかなか仕事がない、という現実もあり、アメリカなどでは博士号を持つ人がマクドナルドで働いている、という悲しい事実があります。