意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「使命」の意味とは・「使命」と「役割」の違い・類語・英語【使い方や例文】

「使命」という言葉を耳にする機会も多いはずです。

この「使命」の意味、使い方などきちんと理解しておくと文章作成時に役立つことも多いので、把握しておきましょう。

例文・解釈・英語表現などいくつか詳しい内容をご紹介するので、参考にしてください。

使命

Meaning-Book
「使命」の意味とは・「使命」と「役割」の違い・類語・英語【使い方や例文】>


目次

  • 「使命」の意味とは?
  • 「使命」の読み方?
  • 「使命」の英語(解釈)
  • 「使命」と「役割」の違い
  • 「使命」の言葉の使い方
  • 「使命」を使った言葉・慣用句や熟語・関連(意味・解釈)
  • 「使命」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「使命」の類語や言い換え(シソーラス)言い換え


「使命」の意味とは?

「使命」の意味は、使者として受けた命令・使者としての務め・与えられた重大な務め・責任をもって果たさなければならない任務などです。

責任を持って任された業務など行うことを意味しているので、かなり責任が発生することは想像つくはずです。

そのことをきちんと理解した上で「使命」という言葉を活用するようにしましょう。



「使命」の読み方?

「使命」の読み方は「しめい」となります。

「使命」の英語(解釈)

使命 meaning in english

「使命」の英語解釈は、“mission”です。

英語では熟語として活用することも多いので、きちんと利用方法など理解しておきましょう。

そうすることで上手に英作文を書くことができ、かなりスマートな文章になっています。

例文・解釈をご紹介します。

  • “perform one's mission”
  • “They left Japan on this mission.”
  • “He was moved by a firm sense of mission.”

“perform one's mission”

ミッションを果たすという意味です。

この“perform one's mission”は、よく使う熟語なので理解しておくとよいでしょう。

ミッションを果たすことで、かなり実績をあげることもできますし、大きな「使命」を解決することができます。

“They left Japan on this mission.”

彼らはこの使命を帯びて日本を出発しましたという意味です。

彼らは大きな「使命」を帯びて日本から出発したことがわかります。

“mission”はよく活用する英単語なので、用い方などしっかりと理解しておくと良いでしょう。

“He was moved by a firm sense of mission.”

彼の行動は強い使命感に基づくものであったという意味です。

彼には何か果たすものがあり、かなり強い「使命感」を持っていることを読み取ることができます。

よく「使命感」という言葉は活用しますし、ビジネスにおいても利用する機会が多いので、用い方など理解しておくと便利です。



「使命」と「役割」の違い

「使命」「役割」の違いについてご説明します。

「役割」とは、役目をそれぞれの人に割り当て、割り当てられた役目のことなど意味しています。

「使命」に関しては、与えられた重大な務め・責任をもって果たさなければならない任務などを実行すること、果たすことを意味しています。

「使命」「役割」の大きな違いは、責任感に関して言えば、かなりの差があるのを実感できるでしょう。

そこは大きな違いになるため理解しておきましょう。

「使命」の言葉の使い方

「使命」の言葉の使い方について理解しておきましょう。

ただなんとなく意味を理解しているようでしたら、正しい「使命」の使い方ができないため、ここではきちんと意味を理解した上で文章を作成することが何より重要になります。

また、ご自身で資料や文章作成する際に用いるとワンランク上の文章になります。

「使命」を使った言葉・慣用句や熟語・関連(意味・解釈)

「使命」を使った言葉・慣用句や熟語・関連(意味・解釈)ご紹介します。

  • 「使命の下」
  • 「自分の使命」
  • 「使命感」
  • 「使命を帯びる」

「使命の下」

「社長からの使命の下で行動すべきです」

社長からの指示の元で責任を持って行動すべきですという解釈になります。

社長からの「使命」が下り、その指示に従って行動することは何より重要になるといった意味を含んでいます。

きちんと責任ある行動を行うことが重要なポイントになります。

「自分の使命」

「自分の使命は、世の中を改善していくために政治に参加することだ」

自分に与えられた任命は、世の中を改善していくために政治に参加することだという解釈です。

自分に与えられた「使命」として、責任ある行動をとるために世の中を改善するためにも政治に参加することは大切だと意味しているのを読み取ることができるでしょう。

「使命感」

「あなたは使命感を持って行動すべきです」

あなたは、責任感を持って行動すべきですという解釈になります。

何か大きな「使命感」を感じるような任命を受けたのかもしれませんし、責任感を持った行動をとるべきだと指摘されている様子を読み取ることができます。

やはり恥じることがなく、きちんとした行動をとるべきだと分かるはずです。

「使命を帯びる」

「使命を帯びるて出国することになった」

与えられた重大な務め・責任を帯びて出国することになったという解釈です。

何かとても重要な責任感あることを依頼されて出国することになったのを読み取ることができます。

「使命を帯びる」ことで、この任務を果たす責任感も生じてくることを読み取れます。

「使命」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「使命」を使った例文や短文など(意味を解釈)ご紹介。

  • 「使命」を使った例文1
  • 「使命」を使った例文2

「使命」を使った例文1

「彼は入試をパスし、合格することで使命を果たしました」

彼は入試をパスし、合格することで責任感を果たすことができましたという解釈です。

入試に合格したことで、責任を果たした様子を読み取ることができます。

かなりのプレッシャーだったに違いないでしょう。

「使命」を使った例文2

「国家の使命により海外駐在しました」

国家から与えられた重大な勤めにより、海外駐在しましたという解釈です。

このことから国家の「使命」がかなり責任があり、重い行動だと感じとれるはずです。

海外駐在して日本の代表としての責任感も発生します。

「使命」の類語や言い換え(シソーラス)言い換え

「使命」の類語や言い換え(シソーラス)は「任命」「責務」「義務」言い換えご紹介します。

  • 「国家の任命を果たすことでプロジェクトは成功した」
  • 「自分の責務を無事に果たすことができました」
  • 「義務を果たしたことでホッとしました」

「国家の任命を果たすことでプロジェクトは成功した」

国家の「使命」を果たすことでプロジェクトは成功したという解釈です。

国家からの大きな役割を与えられ、それを果たすことで、プロジェクトを成功することができた様子を読み取ることができます。

「自分の責務を無事に果たすことができました」

自分の与えられた重大な勤めは、無事に終了することができましたという解釈になります。

自分に与えられたミッションを無事に終えて、責任を果たした様子が伝わるような文章になっています。

「義務を果たしたことでホッとしました」

大きな役割を果たしたことで、ホッとしましたという解釈です。

何か大きな「使命」があり、それを終えたことでホッとしている様子が伝わります。

icon まとめ

「使命」という言葉はよく活用するので、意味を理解しておき上手に自分なりに文章作成する際に活用すると良いでしょう。

かなりスマートな表現で利用できます。