意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「優位」の意味とは「優位」と「優勢」の違い・類語・読み方・英語・対義語【使い方や例文】

「優位」とは、「位置・地位などが他よりもまさっていること」です。

「優位」「意味・読み方・英語と解釈・対義語・使い方・例文と解釈・類語や類義表現・優位と優勢の違い」などについて、詳しく説明していきます。

Meaning-Book
「優位」の意味とは「優位」と「優勢」の違い・類語・読み方・英語・対義語【使い方や例文】>


目次

  • 「優位」の意味とは?
  • 「優位」の読み方?
  • 「優位」の英語(解釈)
  • 「優位」の対義語
  • 「優位」の言葉の使い方
  • 「優位」を使った言葉・慣用句や熟語・関連(意味・解釈)
  • 「優位」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「優位」の類語や類義表現(シソーラス)
  • 「優位」と「優勢」の違い


「優位」の意味とは?

「優位」の意味は、「位置・地位・能力などが他よりもまさっていること、他よりも優れていること」になります。

「優位」という言葉は、「位が優っている(まさっている)・優れている(すぐれている)」ということから、「他よりも地位・立場・位置づけがまさっていること」を意味しているのです。

例えば、「自軍が優位になるこの好機を活かすしかない」「自分の優位性が何かを明らかにしなさい」などの文章で、その意味を示すことができます。



「優位」の読み方?

「優位」の読み方は、「ゆうい」になります。

「優位」の英語(解釈)

「優位」の英語とその意味の解釈は、以下のようになります。

  • 「優位」を使ったEnglishの例文1
  • 「優位」を使ったEnglishの例文2

「優位」を使ったEnglishの例文1

“We are predominant over the other team.”

この「優位」を使った英語の例文は、「私たちは、他のチームよりも優位に立っています」を意味しています。

「〜よりも優位・優勢にある」という言葉は、“be predominant over〜”で表現することができます。

「優位」を使ったEnglishの例文2

“Our company had a competitive superiority for several years.”

この「優位」を使った英語の例文は、「私たちの会社は、数年間にわたって競争優位性(比較優位性)を持っていました」ということを意味しています。

他と比べて地位・位置・能力がすぐれているという意味の「優位」を示す英語として、“competitive superiority”(比較優位性)を上げることができます。



「優位」の対義語

「優位」の対義語は、「劣位(れつい)」になります。

「劣位」の言葉の意味は、「位置・地位・能力などが他よりも劣っていること」になります。

「位置・地位・能力などが他よりも優れていること」を示す「優位」とは反対の意味を持つ対義語として、「劣位」を上げることができます。

「優位」の言葉の使い方

「優位」の言葉の使い方は、「位置・地位・能力などが他よりもまさっている場合」に使うという使い方になります。

「優位」というのは、「他よりも自分のほうが地位・位置づけがすぐれていると感じる時」に使うことのできる言葉です。

例えば、「ライバルよりも優位に立てて嬉しいです」「優位にある時こそ、気を引き締めていかなければなりません」などの文章で、「優位」の言葉を正しく使うことができます。

「優位」を使った言葉・慣用句や熟語・関連(意味・解釈)

「優位」を使った言葉・慣用句・熟語を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「優位性」
  • 「優位に働く」
  • 「優位を占める」
  • 「優位な立場」

「優位性」

「優位性」というのは、「他のもの・人物よりも上の位置・地位にいること」「他の人よりも優れた部分や秀でた性質があること」を意味しています。

「優位性」という言葉は、「他と比較した時に、他よりもまさっている部分・地位やすぐれている性質・能力があること」を意味しているのです。

例えば、「自分自身の優位性を最大限に発揮すれば難関を乗り越えられるでしょう」「優位性を磨き上げることで今まで以上の成果が上げられます」などの文章で、使うことができるのです。

「優位に働く」

「優位に働く」の言葉の意味は、「ある行動・発言の影響として、自分が相手よりもすぐれた地位・位置を占めやすくなること」になります。

例えば、「あの時の何気ない発言が優位に働いて、ビジネスを思い通りに進めることができました」などの文章において、この「優位に働く」を使うことができます。

「優位を占める」

「優位を占める」の言葉の意味は、「他よりもすぐれたポジションを占めること」「他者よりも上位の立場に位置づけること」になります。

例えば、「優位を占めている相手に反論することは難しいです」などの文章で、使用することができます。

「優位な立場」

「優位な立場」というのは、「相手よりもすぐれたポジション」「他よりも上位で指示しやすい立場」を意味しています。

「優位な立場」を占めることができれば、他者からの支配や攻撃を受けにくくなります。

例えば、「優位な立場を濫用して、人を苦しめてはいけません」などの文章で使えます。

「優位」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「優位」を使った例文や短文などを紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「優位」を使った例文1
  • 「優位」を使った例文2

「優位」を使った例文1

「相手よりも優位にあるからといって油断をすれば、現在の地位を脅かされることもあります」

この「優位」を使った例文は、「相手よりも上の地位(すぐれた地位)にいるからといって気を抜いて油断をすれば、現在の地位を脅かされること(=現在の地位から落ちて相手に抜かれること)もある」ということを意味しています。

「優位」を使った例文2

「優位な立場を悪用して、その上司は部下にパワハラやセクハラを行っていました」

この「優位」を使った例文は、「相手よりもすぐれた上の地位にあるという立場を悪用して、その上司は部下にパワハラやセクハラを行っていた」ということを意味しています。

「優位」の類語や類義表現(シソーラス)

「優位」の類語・類義表現(シソーラス)について、分かりやすく解説していきます。

  • 「優越・上位」
  • 「優勢・有利」

「優越・上位」

「優位」の類語・類義表現として、「優越(ゆうえつ)・上位(じょうい)」があります。

「優越」の言葉の意味は、「他よりも優れていて、大きな権限を持つこと」になります。

「上位」というのは、「相手よりも地位・順位などが上で優れていること」を意味しています。

他よりも位置・地位などが優れていることを示す「優位」の類語として、「優越・上位」を指摘できます。

「優勢・有利」

「優位」の類語・類義表現として、「優勢(ゆうせい)・有利(ゆうり)」があります。

「優勢」の言葉の意味は、「相手よりも勢い・形勢などが優れていること」になります。

「有利」の意味は、「他よりも条件や状態が良くて、利益を望めること」になります。

位置・地位などが他よりもまさっている「優位」の類義表現として、「優勢・有利」が上げられます。

「優位」と「優勢」の違い

「優位」という言葉は、「他よりも地位・位置づけにおいてまさっていること」を意味していますが、「優勢」の方は「勝負・競争をしている相手よりも勢い・形勢においてすぐれていること」を意味しているという違いがあります。

「優位」というのは「すでに勝負・競争が終わって位置づけ(順位)が決まっていること」を意味しますが、「優勢」の方は「現時点で勝負・競争が行われていて勢いでまさっている状態にあること」を意味しているのです。

icon まとめ

「優位」という言葉について徹底的に解説しましたが、優位には「位置・地位などが他よりもまさっていること」などの意味があります。

「優位」の類語・類義表現としては、「優越・上位」「優勢・有利」などがあります。

「優位」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。