意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「忘れなさい」の意味とは?読み方・英語・対義語・類語【使い方や例文】

誰しも、忘れなさいと言われた経験を持つのではないでしょうか。

学校などでは勉強しなさい、覚えなさい、と言われることがあるのに、何に関して忘れなさいと言われるのかよくわからない、と思う人もいるかもしれませんね。

ここでは忘れなさい、という表現について詳しく紹介します。

忘れなさい

Meaning-Book
「忘れなさい」の意味とは?読み方・英語・対義語・類語【使い方や例文】>


目次

  • 「忘れなさい」の意味とは?
  • 「忘れなさい」の読み方?
  • 「忘れなさい」の英語(解釈)
  • 「忘れなさい」の対義語
  • 「忘れなさい」の言葉の使い方
  • 「忘れなさい」を使った言葉・慣用句や熟語・関連(意味・解釈)
  • 「忘れなさい」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「忘れなさい」の類語や類義表現
  • 「忘れなさい」と「忘れたほうがいい」の違い


「忘れなさい」の意味とは?

忘れなさい、というのは忘れないようにメールしていることになります。

忘れるというのは覚えていたことが思い出せなくなる、記憶がなくなる、ということであり、例えば学校に持っていかなければいけない調理実習の野菜を忘れる、テストがあることを忘れる、などと表現します。

調理実習がある時は先生から「材料を忘れてはいけない」と言われますよね。

テストがあるなら「勉強しなさい」と言われます。

しかし同時に、場合によっては「忘れなさい」と、忘れるように促される場合もあります。



「忘れなさい」の読み方?

忘れなさい、というのは「わすれなさい」と読みます。

忘れるという表現は「わすれる」と読みますので、しっかり覚えておきましょう。

「忘れなさい」の英語(解釈)

忘れなさい meaning in english

忘れなさい、という言葉を英語にすると“Forget it”になります。

“Forget”というのが忘れる、という意味ですから、これを命令のように表現すれば忘れなさい、という意味になります。

もしも嫌なことをされ、周りから「そんな事は早く忘れなよ」と言われる場合、それは“you should forget what happened、you better forget what they have done to you”などと表現できます。



「忘れなさい」の対義語

忘れなさい、という言葉の対義語は覚えなさい、になります。

忘れるという言葉の対義語が覚えるという言葉になりますから、忘れなさいと言われたのであれば、その対義語は覚えなさい、になるのです。

勉強する時、色々と覚えなければいけないことがありますよね。

例えば歴史の授業等はいつ、何が起こったのか、誰が何をしたのか、などと暗記しなければいけません。

このような科目は暗記科目とも言われています。

これらを覚えなければそもそも試験に対応できません。

「忘れなさい」の言葉の使い方

学校では覚えなければいけないことがたくさんあるのにもかかわらず、どんな時に忘れなさい、と言われるのでしょうか。

例えば誰かから何か嫌なことを言われた、何か嫌なことをされた、という場合、とても辛い気持ちになりますよね。

しかし、そのような事は早く忘れるべきです。

確かに嫌なことをされた人はなかなか忘れられません。

それでも、いつまでも嫌な気持ちを持ち続けていれば、気持ちが落ち込んでしまいます。

また、日常生活にも良い影響をもたらしません。

嫌なことはさっさと忘れるに越した事は無いのです。

必要に応じておいしいものを食べたり、しっかり睡眠を取ったりして気分転換する必要もあります。

「忘れなさい」を使った言葉・慣用句や熟語・関連(意味・解釈)

ここでは忘れなさい、という言葉を使った言い回しを紹介します。

  • 「嫌な記憶は忘れなさい」
  • 「ミスは忘れなさい」

「嫌な記憶は忘れなさい」

誰かから嫌なことを言われた、嫌なことをされた、などという場合、その記憶はいつまでたっても消えないものです。

しかし、そのような事は早く忘れなければいつまでも気持ちが明るくなりません。

そのため、「嫌な記憶は忘れなさい」ということがあります。

忘れなさいという言い方は極めて威圧的な表現でもありますから、友達同士の場合などでは「嫌な記憶は早く忘れた方がいいよ」「そんな事は忘れるべきだよ」などと言い変えられることもあります。

「ミスは忘れなさい」

仕事などでミスをしてしまった場合、とてもショックですよね。

注意を受けた、怒られた、などということもあるでしょう。

周りに迷惑をかけてしまい、申し訳ない気持ちでいっぱいになることもあるかもしれません。

確かにミスをしたらそこから学ぶ事は重要です。

二度と同じミスを繰り返さないように、ミスをしたということ自体をなかったことにしてはいけません。

しかし、だからといっていつまでも落ち込んでいてはいけません。

ミスはさっさと忘れ、次の仕事に打ち込んでいく必要があるのです。

ミスから学び、ミスしたこと自体は忘れるように心がけなければいけません。

「忘れなさい」を使った例文や短文など(意味を解釈)

ここでは例文をいくつか紹介します。

  • 「忘れなさい」を使った例文1
  • 「忘れなさい」を使った例文2

「忘れなさい」を使った例文1

「いじめられた経験は早く忘れなさい」

子供の時、同級生からいじめられた、嫌がらせを受けた、などという経験を持つ人もいるのではないでしょうか。

やった側はすぐに忘れてしまったとしても、やられた側はいつまでたっても覚えているものですよね。

しかし、幼い頃の嫌な経験はトラウマになってしまうこともあります。

それがきっかけで人を信じられない、信用できない、などという問題を抱えている人も珍しくありません。

辛い経験を忘れる事は難しいですが、嫌な経験はさっさと忘れる必要があります。

「忘れなさい」を使った例文2

「人の失敗は早く忘れなさい」

自分の失敗などはそこから学ぶ必要がありますが、いつまでも失敗したこと自体を覚えておく必要はありません。

同様に、人の失敗も、いつまでたっても覚えておく必要はありません。

誰かが失敗したら、フォローする優しさも大切ですし、いつまでもその失敗を指摘しない配慮も大切です。

むしろ、いつまでも誰かが失敗したということを覚えていれば、それはあなたの性格を嫌なものにしてしまいます。

人の失敗はいつまでも指摘しない、早く忘れる、ということが大切です。

「忘れなさい」の類語や類義表現

ここでは忘れなさい、という表現の類義語を紹介します。

  • 忘れるべきです
  • 忘れてください

忘れるべきです

忘れるべきです、というのはその人に対し、忘れる方が良い、と助言している状態になります。

忘れなさい、というのはあくまでも忘れるように命令している状態ですが、忘れるべきです、というのは忘れる方があなたのためです、という意味になります。

忘れてください

忘れてください、というのは早く忘れるようにお願いしている状態になります。

例えば間違った内容のメールを送信してしまったときなど、「先程のメールは忘れてください」などと表現できます。

「忘れなさい」と「忘れたほうがいい」の違い

忘れたほうがいい、というのはどちらかというと忘れた方があなたのためになります、という意味になります。

忘れなさい、という言葉は強い言葉になりますが、忘れたほうがいい、という表現であれば友達同士でも使える言葉になります。

「そんな事は忘れた方がいいよ」「そんな失敗は忘れた方がいいよ」と言えるのです。

icon まとめ

物事によっては覚えておくことも大切ですが、必要でないこと等は忘れた方が良い場合もあります。

もしも誰かが忘れるべき記憶を抱えていたのであれば、早く忘れるように促してあげる優しさも大切です。