意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「満載」の意味とは?「満載」と「満点」の違い・英語・対義語・類語

「満載」とは、「人・荷物などをいっぱい載せること」などを示す言葉です。

「満載」「意味・読み方・英語と解釈・対義語・使い方・例文と解釈・類語や類義表現・満載と満点の違い」などについて、詳しく説明していきます。

満載

Meaning-Book
「満載」の意味とは?「満載」と「満点」の違い・英語・対義語・類語>


目次

  • 「満載」の意味とは?
  • 「満載」の読み方
  • 「満載」の英語(解釈)
  • 「満載」の対義語
  • 「満載」の言葉の使い方
  • 「満載」を使った言葉・慣用句や熟語・関連など(意味を解釈)
  • 「満載」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「満載」の類語や類義表現
  • 「満載」と「満点」の違い


「満載」の意味とは?

「満載」の言葉には、以下のような意味があります。

  • 「満載」の意味1:人・物をいっぱい載せる
  • 「満載」の意味2:書籍に記事をたくさん載せる
  • 「満載」の意味3:ある性質が強いこと

「満載」の意味1:人・物をいっぱい載せる

「満載」の意味は、「人・荷物などをいっぱいに載せること」「車・船舶に人・荷物をいっぱいに載せること」になります。

「満載」という言葉は、「乗客を満載したフェリーが港を出発しました」「黄金を満載した数え切れないくらいの荷馬車が通り過ぎて行きました」などの文章で意味を示せます。

「満載」の意味2:書籍に記事をたくさん載せる

「満載」の意味は、「新聞・雑誌などに記事(読み物)をいっぱい載せること」「読みきれないほどたくさんの記事を掲載すること」になります。

例えば、「社会評論の記事が満載のこの雑誌は、内容が堅いけれど読み応えがあります」などの文章で、「満載」の意味を示せます。

「満載」の意味3:ある性質が強いこと

「満載」の意味は、「特定の性質や状態がはなはだしいこと」になります。

例えば、「喜び満載の結婚式が執り行われました」「幸せ満載の新生活のスタートです」などの文章において、「満載」の意味を示せます。



「満載」の読み方

「満載」の読み方は、「まんさい」になります。

「満載」の英語(解釈)

満載 meaning in english

「満載」の英語とその意味の解釈は、以下のようになります。

  • 「満載」を使ったEnglishの例文
  • 「満載」を使ったEnglishの例文

「満載」を使ったEnglishの例文

“The sightseeing boat was packed with passenger.”

この「満載」を使った例文は、「観光船は、乗客を満載していました」を意味しています。

「乗客・人」ではなく、「荷物を満載している」といいたい場合には、“The ship carries a full cargo of baggage”で表現できます。

「満載」を使ったEnglishの例文

“This website is full of interesting articles.”

この「満載」を使った例文は、「このウェブサイトは面白い記事を満載しています」を意味しています。

「〜で満載」は、英語で“be full of〜”で表現できます。



「満載」の対義語

「満載」の対義語は、「皆無(かいむ)」になります。

「皆無」「モノがまったく何もないこと・何一つ無いこと」を意味する言葉です。

荷物や人がいっぱい載っていることを示す「満載」の対義語として「皆無」を指摘できます。

荷物が無いという意味だけであれば、「空荷(からに)・手ぶら」「満載」の対義語になります。

「満載」の言葉の使い方

「満載」の言葉の使い方は、「人・荷物などをいっぱいに載せている時」「雑誌などにたくさんの記事を掲載する時」などに使うという使い方になります。

例えば、「荷物を満載したSUVが走っていきました」「夏休みのレジャーを盛り上げてくれる記事が満載です」などの文章で、「満載」の言葉を使用できます。

また「この旅は楽しい出来事が満載でした」のように、「ある特徴・感情・状態が非常に強い場合」にも、「満載」の言葉を使えます。

「満載」を使った言葉・慣用句や熟語・関連など(意味を解釈)

「満載」を使った言葉・慣用句や熟語などを紹介して、その意味を解釈します。

  • 「気分満載」
  • 「今更感満載」
  • 「遊び心満載」
  • 「可愛さ満載」
  • 「イベント満載」

「気分満載」

「気分満載(きぶんまんさい)」の意味は、「嬉しい・楽しい・悲しいなどのある気分で心の中がいっぱいになっていること」になります。

ある特定の気分以外の他の気分がなくて、「嬉しい気分だけでいっぱい」というような状態を指して、「気分満載」というのです。

「今更感満載」

「今更感満載(いまさらかんまんさい)」の言葉の意味は、「いまさら言っても意味のないことを言うなんてという感じでいっぱい」「時代遅れなこと(古臭いこと)をまた繰り返すなんてという思いでいっぱい」になります。

例えば、「別れた後に一生懸命に謝って復縁を願い出ても、今更感満載です」「このニットのデザインは今更感満載で好きになれない」などの文章で使えます。

「遊び心満載」

「遊び心満載」の意味は、「堅苦しくなくて遊んで楽しもうとする感じでいっぱい」「遊び心を刺激してくれる要素・工夫がたくさん」になります。

例えば、「遊び心満載のユニークなデザインが気に入って、この車を買いました」などの文章で使うことができます。

「可愛さ満載」

「可愛さ満載」という言葉の意味は、「かわいいと思える要素・工夫がたくさんある」「これ以上ないくらいにかわいいと思えるポイントでいっぱい」になります。

例えば、「可愛さ満載の洋服に一目惚れしました」「テーマパークのパレードは可愛さ満載でした」などの文章で使えます。

「イベント満載」

「イベント満載」の言葉の意味は、「イベント(出し物・パフォーマンスなど)がたくさんあること」「イベントが十分に多くあること」になります。

例えば、「今年の夏休みはイベント満載だから楽しみです」「イベント満載で楽しくて充実した一日になりました」などの文章で使用できます。

「満載」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「満載」を使った例文や短文などを紹介して、その意味を解釈します。

  • 「満載」を使った例文1
  • 「満載」を使った例文2

「満載」を使った例文1

「離島と本土を行き来する定期船には、人が満載されていました」

この「満載」を使った例文は、「離島と本土を行き来する定期船に、人が溢れるほどいっぱい乗っていたこと」を意味しています。

「満載」を使った例文2

「時代の流行に合わせた記事が満載でないと読者は増えません」

「満載」を使った例文は、「時代の流行に合わせた記事がたくさん掲載されていないと、読者は増えない」ということを意味しています。

「満載」の類語や類義表現

「満載」の類語や類義表現について、分かりやすく解説します。

  • 「一杯・たくさん」
  • 「たっぷり・山ほど・嫌というほど」

「一杯・たくさん」

「満載」の類語・類義表現として、「一杯(いっぱい)・たくさん」があります。

「いっぱい」とは、「物が溢れんばかりに満ちているさま」を意味します。

「たくさん」の言葉の意味は、「数・分量が多いこと」です。

人や荷物をいっぱい載せる「満載」の類語として、「一杯・たくさん」が上げられます。

「たっぷり・山ほど・嫌というほど」

「満載」の類語・類義表現として、「たっぷり・山ほど・嫌というほど」があります。

「たっぷり」とは、「物が十分に満足できるほどたくさんあること・分量が多いこと」を意味します。

「山ほど」とは、「山盛りであること・とても沢山あること」を意味しています。

「嫌というほど」は、「これ以上は要らないというほどたくさんあること」です。

人・物・記事がいっぱいある「満載」の類義表現として、「たっぷり・山ほど・嫌というほど」を指摘できます。

「満載」と「満点」の違い

「満載」「満点(まんてん)」の違いは、「満点」「試験・査定などの評価基準で完璧な点数を取ること」を意味していますが、「満載」にはそういった「テストで完璧な点数(100点)を取る」という意味がないという違いがあります。

「満載」の意味は「人・物・記事などをたくさんのせていること」であり、「満点」のような「ミス・間違いがなくて完璧な点数を取ること」といった意味はないのです。

icon まとめ

「満載」という言葉について徹底的に解説しましたが、満載には「人・荷物などをいっぱいに載せること」「雑誌・新聞などに記事をたくさん掲載すること」などの意味があります。

「満載」の類語・類義表現としては、「一杯・たくさん」「たっぷり・山ほど・嫌というほど」などがあります。

「満載」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。