意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「特徴」の意味とは?「特徴」と「特長」「特性」「特色」の違い・英語・対義語・類語

「特徴」とは、「他のものと比べた場合に、特に違っていて目立つ点」です。

「特徴」「意味・読み方・英語と解釈・使い方・例文と解釈・類語や類義表現・特徴と特長の違い」などについて、詳しく説明していきます。

特徴

Meaning-Book
「特徴」の意味とは?「特徴」と「特長」「特性」「特色」の違い・英語・対義語・類語>


目次

  • 「特徴」の意味とは?
  • 「特徴」の読み方
  • 「特徴」の英語(解釈)
  • 「特徴的」の意味
  • 「特徴」の言葉の使い方
  • 「特徴」を使った言葉・慣用句や熟語・関連など(意味を解釈)
  • 「特徴」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「特徴」の類語や類義表現
  • 「特徴」と「特長」の違い
  • 「特徴」と「特性」の違い
  • 「特徴」と「特色」の違い


「特徴」の意味とは?

「特徴」の意味は、「他のものと比べた場合に、特に違っていて目立つ点」「他と比べた時に区別することができる分かりやすい目印・トレードマーク」になります。

「特徴」というのは、「その人(その物)がその人(その物)であることがすぐに分かるような目立つ点(ポイント)・性質のこと」を意味する言葉なのです。

例えば、「彼女の性格の特徴は、誰に対しても優しくて思いやりがあるということです」「現代社会の特徴は、科学技術の進歩で極端に生活が便利になったことです」などの文章において、「特徴」の意味を示せます。



「特徴」の読み方

「特徴」の読み方は、「とくちょう」になります。

「特徴」の英語(解釈)

特徴 meaning in english

「特徴」の英語の例文とその意味の解釈は、以下のようになります。

  • 「特徴」を使ったEnglishの例
  • 「特徴」を使ったEnglishの例

「特徴」を使ったEnglishの例

“Black hair and eyes are a characteristic of Asian people.”

この特徴を使った英文は、「黒い髪と瞳は、アジアの人たちの特徴です」を意味しています。

「外見的・性格的な人の特徴」は、英語で“characteristic”という単語で表現することができます。

「特徴」を使ったEnglishの例

“The features of this flute are made of total silver.”

この特徴を使った英文は、「このフルートの特徴は、すべて銀で作られているということです」を意味しています。

「一般的なものの特徴」は、英語で“feature”という単語で表すことができます。



「特徴的」の意味

「特徴的」の意味は、「他と比べた時に異なっていて特に目立つさま」「特に目立っていて明らかなしるし・ポイントがあること」などになります。

例えば、「特徴的なファッションを見れば彼であることは一目瞭然です」「それは専門家の特徴的な思考様式です」などの文章で、「特徴的」という言葉を使えます。

「特徴」の言葉の使い方

「特徴」の言葉の使い方は、「他のものと比べた場合に、特に違っていて目立つ点(ポイント)について言及する場合」に使うという使い方になります。

例えば、「その人の特徴を正確に知るためには、一定の付き合いの長さが必要です」「このスマホの特徴は有機ELを画面に使っていることです」などの文章で、「特徴」という言葉を正しく使用できます。

「特徴」を使った言葉・慣用句や熟語・関連など(意味を解釈)

「特徴」を使った言葉・慣用句や熟語などを紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「特徴を捉える」
  • 「特徴を活かす」

「特徴を捉える」

「特徴を捉える」の言葉の意味は、「他と比べた時に目立つポイントを認識する」「他とは違う目立つ点に気づいて理解する」になります。

例えば、「その人物の特徴を捉えて報告してください」「動物の特徴を捉えることができれば捕獲しやすくなります」などの文章で使うことができます。

「特徴を活かす」

「特徴を活かす」の言葉の意味は、「他のものと比べた時に目立つポイントを活用する」「自分にしかない性質・傾向などをプラスになるように使う」になります。

例えば、「自分の性格や価値観の特徴を活かした仕事に就くのが一番です」「メンバーの特徴をそれぞれ活かすようにしなさい」などの文章で使われます。

「特徴」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「特徴」を使った例文や短文などを紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「特徴」を使った例文1
  • 「特徴」を使った例文2

「特徴」を使った例文1

「彼女の声の特徴を活かした楽曲を作曲したいと思っています」

この「特徴」を使った例文は、「他の人とは異なる彼女の声の性質を活かした楽曲を作曲したいと思っていること」を意味しています。

「特徴」を使った例文2

「自分の持っている外見・能力・性格の特徴を、できるだけポジティブにとらえるようにしましょう」

この「特徴」を使った例文は、「自分の持っている外見・能力・性格の特徴を、できるだけポジティブにとらえるようにしよう」という前向きな提言を意味しています。

「特徴」の類語や類義表現

「特徴」の類語や類義表現について、分かりやすく解説していきます。

  • 「特色・性質」
  • 「フィーチャー・プロパティー・特性」

「特色・性質」

「特徴」の類語・類義表現として、「特色・性質」があります。

「特色」の言葉の意味は、「他のものと比べて特に異なっているところ」になります。

「性質」というのは、「生まれつき備わっている気質・人となりの特徴」を意味しています。

それらの意味から、他と比べて特に目立つ点である「特徴」の類語として、「特色・性質」を上げられます。

「フィーチャー・プロパティー・特性」

「特徴」の類語・類義表現として、「フィーチャー・プロパティー・特性」があります。

「フィーチャー“feature”とは、英語でそのまま「特徴」を意味しています。

「プロパティー“property”とは、「物体の持つ特性・特質のこと」を意味する英語です。

「特性」というのは、「そのものに特有の性質・特徴」を意味しています。

その意味から、他のものとの差異を示す点である「特徴」の類語として、「フィーチャー・プロパティー・特性」を指摘できます。

「特徴」と「特長」の違い

「特徴」「特長」の違いは、「特徴」「他と比較した場合に、特に目立っている点」を意味しますが、「特長」の方は「長所・利点になり得る優れた特徴」を意味しているという違いがあります。

「特徴」には「目立つ点が優れているか劣っているかの意味合い」はありませんが、「特長」には「他よりも優れている点」のニュアンスが明確にあります。

「特徴」と「特性」の違い

「特徴」「特性」の違いは、「特徴」「他と比較して特に目立っている点」を意味しますが、「特性」の方は「そのものだけが持つ固有の性質・特有の優れた性質」を意味しているという違いがあります。

「特徴」よりも「特性」の方が、「そのものだけが持っている目立つ点」「特有の優れた性質」といった意味合いが強くなっているのです。

「特徴」と「特色」の違い

「特徴」「特色(とくしょく)」の違いは、「特徴」「他と比較して区別できるポイント」を意味しますが、「特色」の方は「他と比較した時に優れていて目立っているポイント」を意味するという違いがあります。

「特色」には「他よりも優れている所」の意味合いがありますが、「特徴」には優れているというニュアンスはありません。

icon まとめ

「特徴」という言葉について徹底的に解説しましたが、特徴には「他のものと比べた場合に、特別に違っていて目立つ点」などの意味があります。

「特徴」の類語・類義表現としては、「特色・特質・性質」「フィーチャー・プロパティー・特性」などがあります。

「特徴」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。