意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「総花的」意味とは?「総花的」と「網羅的」の違い・対義語・読み方・英語・類語

「総花的」とは、「関係する全員に満遍なく利益や恩恵などを与えること」「要点が絞れておらずただ事柄が並べているさま」です。

「総花的」「意味・読み方・英語と解釈・総花的と網羅的の違い・使い方・総花を使った言葉・例文と解釈・類語や類義表現」などについて、詳しく説明していきます。

総花的

Meaning-Book
「総花的」意味とは?「総花的」と「網羅的」の違い・対義語・読み方・英語・類語>


目次

  • 「総花的」の意味とは?
  • 「総花的」の読み方
  • 「総花的」の英語(解釈)
  • 「総花的」と「網羅的」の違い
  • 「総花的」の言葉の使い方
  • 「総花」を使った言葉・慣用句や熟語・サービスなど(意味を解釈)
  • 「総花的」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「総花的」の対義語はある?
  • 「総花的」の類語や類義表現
  • 「総花的」と「総体的」の違い


「総花的」の意味とは?

「総花的」の意味には、以下のような意味があります。

  • 「総花的」の意味1:みんなに分配・配慮する
  • 「総花的」の意味2:色々な事柄をただ並べる

「総花的」の意味1:みんなに分配・配慮する

「総花的」の意味は、「関係する全員に満遍なく利益・恩恵・メリットを与えること」「みんなに気を使って配慮(遠慮)すること」になります。

「総花」というのは元々、「花柳界(妓楼=ぎろう・茶屋)などで、お客から一同みんなに出すご祝儀」の意味でした。

例えば、「総花的な議会運営では政策を立案することができません」などの文章で、この意味を示せます。

「総花的」の意味2:色々な事柄をただ並べる

「総花的」の意味は、「要点を絞らずにすべての項目をただ並べているさま」になります。

「総花的」という言葉には、色々な種類の花が並んでいるだけのように、物事の要点を絞り込むことなく、ただ項目・事柄を羅列して並べているという意味合いがあります。

例えば、「総花的な解説では、問題の根本が分かりません」などの文章に、この意味で 使うことができます。



「総花的」の読み方

「総花的」の読み方は、「そうばなてき」になります。

「総花的」「そうかてき」と慣習的に読むことも増えていますが、辞書的な読み方としては誤読になります。

「総花的」の英語(解釈)

総花的 meaning in english

「総花的」の英語とその意味の解釈は、以下のようになります。

“all around”(「あたり一面に・みんなに」から、「総花的」を意味します。)

“An all‐around improvement in economics is impossible now. ”(今すぐに、総花的な経済の改善をすることは不可能です。)

“He helped all around. ”(彼は総花的にみんなを手助けしました。)

“everybody”(「みんなに・全体」から、「総花的」を意味します。)

“I attempted to please everybody. ”(私は総花的に気を遣おうとしました。)

“please-everyone policy”(慣用句で「総花主義」を意味しています。)



「総花的」と「網羅的」の違い

「総花的」「網羅的」の違いは、「総花的」「要点を絞り込まずに、あれもこれもと項目だけを並べること」ですが、「網羅的」の方は「物事が幅広い分野や範囲にまで及んでいること・物事のすべてをカバーしていること」を意味しているという違いがあります。

「総花的」には「ただ項目を並べているだけ」の否定的ニュアンスがありますが、「網羅的」の方は「すべての項目を覆っていて何でも分かる」といった肯定的ニュアンスがあるという違いがあるのです。

「総花的」の言葉の使い方

「総花的」の言葉の使い方は、「関係者みんなに満遍なく利益・恩恵を分け与えようとする時」「みんなに過度に気を遣っている時」に使うという使い方になります。

例えば、「総花的な気配りによって、私はストレスで疲れ切りました」などの文章で使えます。

また、「重要な部分を絞り込まずに、事項・事柄だけを並べる場合」にも「総花的」の言葉を使うことができます。

例えば、「総花的な主張に聞くべきところはない」などの文章で使用できます。

「総花」を使った言葉・慣用句や熟語・サービスなど(意味を解釈)

「総花」を使った言葉・慣用句や熟語・サービスなどを紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「総花的な経営」
  • 「総花主義」

「総花的な経営」

「総花的な経営」の言葉の意味は、「企業運営の目標やビジョンが絞り込めていない八方美人な経営」になります。

「総花的な経営」というのは、「役員・従業員・顧客・株主のみんなに良い顔をしようとして、目的が定まらなくなり決断力を発揮できなくなっている経営」を意味しています。

あるいは、「総花的な経営」に色々な事業分野に見境なく手を出していく「多角的な経営」のニュアンスもあります。

「総花主義」

「総花主義」の言葉の意味は、「誰に対しても愛嬌を振りまいて気を遣うやり方・考え方」「重要なポイントを絞り込まずにあれもこれもやろうとする考え方」になります。

「総花主義」というのは、「関係者みんなに過度に配慮したり恩恵を配分したりするやり方」を意味している言葉なのです。

「総花的」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「総花的」を使った例文や短文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「総花的」を使った例文1
  • 「総花的」を使った例文2

「総花的」を使った例文1

「みんなの顔を立てる総花的な政治のやり方では、思い切った政治改革はいつまで経ってもできません」

この「総花的」を使った例文は、「みんなの顔を立てて、自分の主張を通さずに遠慮ばかりする政治のやり方では、思い切った政治改革はいつまで経ってもできない」ということを意味しています。

「総花的」を使った例文2

「人に嫌われることを過度に恐れる人は、どうしても総花的な人間関係になってしまいやすいのです」

この「総花的」を使った例文は、「人に嫌われることを過度に恐れる人は、どうしてもみんなに良い顔をして気を遣う(利益を等しく配分する)人間関係になってしまいやすい」ということを意味しています。

「総花的」の対義語はある?

「総花的」の辞書的な対義語はありませんが、「全員に満遍なく利益・恩恵を与えるの反対の意味を持つ対義語」としては、「依怙贔屓(えこひいき)」「一極集中(一点集中)」「競争的」などを上げることができます。

「依怙贔屓」とは、「肩入れする特定の人だけに有利になるように図ったり、自分が好きな人だけに利益を与えたりすること」を意味しています。

「一極集中(一点集中)」とは「一人の人(一つの物事)だけに集中すること」「競争的」とは「競い合ってその優劣によって利益の配分を変えること」を意味する言葉になっています。

「総花的」の類語や類義表現

「総花的」の類語や類義表現には、どのようなものがあるでしょうか?「総花的」の類語・類義表現について、分かりやすく解説していきます。

  • 「八方美人・見境なく」
  • 「満遍なく・遺漏なく」

「八方美人・見境なく」

「総花的」の類語・類義表現として、「八方美人(はっぽうびじん)・見境なく(みさかいなく)」があります。

「八方美人」の言葉の意味は、「誰に対しても愛想と対応が良いこと」になります。

「見境なく」というのは、「相手を選ぶことなく誰にでも」「状況・条件を選ぶことなくいつでも」を意味しています。

みんなの利益になるように振る舞う「総花的」の類語として、「八方美人・見境なく」が上げられます。

「満遍なく・遺漏なく」

「総花的」の類語・類義表現として、「満遍なく(まんべんなく)・遺漏なく(いろうなく)」があります。

「満遍なく」というのは、「全体に行き渡るようにすること・平均的に分けて行き届かない所がないようにすること」を意味しています。

「遺漏なく」の言葉の意味は、「抜けているところがないようにすること・怠りやミスがないようにすること」になります。

みんなに等しく行き渡るようにする「総花的」の類義表現として、「満遍なく・遺漏なく」を指摘できます。

「総花的」と「総体的」の違い

「総花的」「総体的」の違いは、「総花的」「関係する人みんなに利益・恩恵を分け与えること」を意味しますが、「総体的」の方は「物事を全体的に見ること・全般的に(総じて)」を意味しているという違いがあります。

「総花的」には「みんなに利益を等しく分け与える」の意味がありますが、「総体的」という言葉には「利益・恩恵の万遍なき分配」というニュアンスはありません。

icon まとめ

「総花的」という言葉について徹底的に解説しましたが、総花的には「関係する全員に利益・恩恵・メリットを与えること」「要点を絞らずにすべての項目を並べているさま」などの意味があります。

「総花的」の類語・類義表現としては、「八方美人・見境なく」「満遍なく・遺漏なく」などがあります。

「総花的」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。