意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「間際」の意味とは?「間際」と「直前」の違い・間際らしいの意味・読み方・英語

「間際」とは、「物事がまさに行われようとする寸前」です。

「間際」「意味・読み方・英語と解釈・使い方・間際を使った言葉・例文と解釈・間際と直前の違い」などについて、詳しく説明していきます。

Meaning-Book
「間際」の意味とは?「間際」と「直前」の違い・間際らしいの意味・読み方・英語>


目次

  • 「間際」の意味とは?
  • 「間際」の読み方
  • 「間際」の英語(解釈)
  • 「間際」の言葉の使い方・間際らしいは間違い?
  • 「間際」を使った言葉や熟語・意味を解釈
  • 「間際」を使った例文や短文・意味を解釈
  • 「間際」と「直前」の違い


「間際」の意味とは?

「間際」という言葉には、以下のような意味があります。

  • 「間際」の意味1:実際に行われる寸前
  • 「間際」の意味2:境界にぎりぎりの部分

「間際」の意味1:実際に行われる寸前

「間際」の意味は、「物事がまさに行われようとする寸前」「実際に行動しようとする直前」になります。

「間際」という言葉は、何かの物事が実際に行われようとしているほんの少し前の時間のことを意味しているのです。

例えば、「死の間際に、父は孫たちの顔を見ることができました」「出かける間際に、友人からメールが届きました」などの文章でその意味を示すことができます。

「間際」の意味2:境界にぎりぎりの部分

「間際」の意味は、「境界にぎりぎりで接している直前の部分」になります。

「間際」という言葉は、何かと何かの境界に接している直前の物理的な場所・部分のことも意味しているのです。

例えば、「事故現場の間際で急ブレーキをかけました」「海岸線の間際まで高波が押し寄せています」などの文章でその意味を表すことができるのです。



「間際」の読み方

「間際」の読み方は、「まぎわ」になります。

「間際」の英語(解釈)

「間際」の英語とその意味の解釈は、以下のようになります。

“just before”(「〜する直前」から、「〜する間際」を意味しています。)

“She caught a cold just before a fun travel. ”(彼女は、楽しみにしていた旅行の間際に風邪を引きました。)

“right before”(「〜する直前」から、「〜する間際」を意味します。)

“right before the closing time”(「閉店時間の間際」を意味する言葉です。)

“just as”(「ちょうど〜する時」から、「〜する間際」を意味します。)

“Just as my father was dead, my shoelaces were out. ”(父が臨終する間際に、私の靴ひもが切れました。)

“at the last moment、at the eleventh hour”(「最後の瞬間に」「11時に」から、「間際に」を意味する慣用句です。)

“on the eve of one's graduation”(「卒業間際に」を意味する慣用句になります。)

be about to〜(「今〜しようとしている」から、「〜する間際」を意味します。

“When the bus is about to leave, I got it. ”(バスが出発する間際に、飛び乗りました。)

“on the point of〜”(「今〜しようとしている時」から、「〜する間際」を意味します。“on the point of death”「死の間際」になります。)



「間際」の言葉の使い方・間際らしいは間違い?

「間際」の言葉の使い方は、「物事がまさに(実際に)行われようとする寸前の時間」を指し示すために使うという使い方になります。

例えば、「家に帰り着く間際に交通事故に遭ってしまいました」「年が明ける間際に祖母が亡くなりました」などの文章で使われます。

また、「境界に接している直前の部分」を指示する時にも使うことができます。

「山の間際に建てられている実家が心配です」などの文章で使えます。

時々、「まぎらわしい」「間際らしい」と表記する人がいますが、「まぎらわしい(混同しやすいの意味)」の正しい漢字表記は「紛らわしい」であり「間際らしい」というのは間違った言葉になります。

ただし、「死の間際らしい」であれば「死の直前のようです」という文章として解釈できます。

「間際」を使った言葉や熟語・意味を解釈

「間際」を使った言葉や熟語を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「間際の連絡」
  • 「年末間際」
  • 「終了間際」

「間際の連絡」

「間際の連絡」とは、「何かが行われようとしている寸前の連絡」「何かをしようとしている直前のお知らせ」などを意味する言葉です。

「時間のない間際の連絡では遅すぎたのです」「間に合わないかもしれない間際の連絡をしてくるというのは非常識です」などの文章で使うことができます。

「年末間際」

「年末間際」の言葉の意味は、「年末が訪れる寸前の時期」「もう少しで年末に至ろうとしている時期」になります。

「大掃除で忙しい年末間際に、人の家を訪れるのは迷惑です」「年末間際まで仕事をしなくてもいいでしょう」などの文章で使用することができます。

「終了間際」

「終了間際」の言葉の意味は、「終了する寸前の時期」「物事が終わろうとしている少し前の時期」になります。

「終了間際に駆け込んできたお客さんがいました」「終了間際になって慌てても間に合わないでしょう」などの文章で使えます。

「間際」を使った例文や短文・意味を解釈

「間際」を使った例文や短文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「間際」の例文1
  • 「間際」の例文2
  • 「間際」の例文3

「間際」の例文1

「電車が出発する間際に、ぎりぎりで間に合いました」

この「間際」を使った例文は、「電車が出発する直前の時間に駆け込んできて、ぎりぎりで間に合った(電車に乗り遅れずに済んだ)」ということを意味しています。

「間際」の例文2

「海外線の間際にまで、鬱蒼とした森の樹木が迫っていました」

この「間際」を使った例文は、「海外線の境界に接しているぎりぎりの場所にまで、鬱蒼とした森の樹木がせり出してきていたこと」を意味しています。

「間際」の例文3

「試合の終了間際まで、選手たちは諦めずに全力を尽くしていました」

この「間際」を使った例文は、「試合がまさに終了しようとしている寸前まで、選手たちは諦めずに全力を尽くして頑張っていた」ということを意味しています。

「間際」と「直前」の違い

「間際」「直前」は、実際の言葉の意味やそれぞれの使い方ではほとんど違いがありません。

「間際」というのは「物事がまさに行われようとする寸前」を意味していますが、直前もまた「物事が起こったり行われたりするすぐ前・寸前」を意味していて、ほぼ同じ意味合いを持つ言葉として使うことができます。

また、「直前」の持つ「すぐ前・目の前・物理的にものすごく近い距離にある」というニュアンスも、「間際」には備わっています。

例えば、「倒れる間際(直前)に、心臓に違和感がありました」「山の間際(直前)にたくさんの家が建ち並んでいます」という文章では、「間際」でも「直前」でもどちらも同じ意味になっています。

icon まとめ

「間際」という言葉について徹底的に解説しましたが、間際には「物事がまさに行われようとする寸前」「境界にぎりぎりで接している直前の部分」などの意味があります。

「間際」「直前」の意味の違い、「間際を使った言葉・熟語」の意味も分かりやすく解説しています。

「間際」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。