意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「秀逸」の意味とは?「秀逸」と「俊逸」の違い・読み方・対義語・英語【使い方や例文】

「秀逸」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「秀逸」の英語や対義語、「秀逸」を使った言葉、「秀逸」を使った例文を紹介していきます。

秀逸

Meaning-Book
「秀逸」の意味とは?「秀逸」と「俊逸」の違い・読み方・対義語・英語【使い方や例文】>


目次

  • 「秀逸」の意味とは?
  • 「秀逸」の読み方
  • 「秀逸」の英語
  • 「秀逸」の対義語
  • 「秀逸」の言葉の使い方
  • 「秀逸」を使った言葉と意味を解釈
  • 「秀逸」を使った例文や短文・意味を解釈
  • 「秀逸」と「俊逸」の違い


「秀逸」の意味とは?

みなさんは「秀逸」という言葉を聞いた事があるでしょうか。

誰かの作品を見た時に「秀逸」という言葉を使った経験があるかもしれません。

また誰かを話している時に、ワードセンスが「秀逸」だと感じた人もいるでしょう。

一方で、「秀逸」という言葉を今回初めて知る人もいるでしょう。

「秀逸」には、「同類の中で、抜きん出て優れている事」または「そのような作品」という意味があります。

例えば、書道の授業で生徒達が書いた書の中で、抜きん出て優れていると感じる作品に対して「秀逸な書」などという表現をします。



「秀逸」の読み方

「秀逸」「しゅういつ」と読みます。

「ひでいつ」などと読み間違えないように注意しましょう。

これを機会に「秀逸」「しゅういつ」と読む事を覚えておきましょう。

「秀逸」の英語

秀逸 meaning in english

「秀逸」という言葉を英語にすると、どのような表現になるでしょうか。

「秀逸」は英語で「excellent(エクセレント)」になります。

「excellent」には「秀逸」という意味があり、カタカナ語としても広く知られています。

また「superb(スーパーブ)」という言葉にも「秀逸」という意味があります。

「superb」には「見事」という意味があり、転じて「秀逸」になります。

さらには「splendid(スプレンディド)」という英語にも、「素晴らしい」「秀逸」という意味があります。

このように「秀逸」という言葉は、様々な英語に直す事ができますので覚えておきましょう。



「秀逸」の対義語

「秀逸」の対義語を紹介します。

「秀逸」と反対の意味を持つ言葉を知る事で、この言葉を立体的に理解できるようになるでしょう。

  • 「劣等」
  • 「出来損ない」

「劣等」

「劣等」には、「他より劣っている事」という意味があります。

他よりも特に優れているという意味がある「秀逸」と、反対の意味を持つ言葉です。

成績が悪い生徒に対して「劣等生」という言葉を使う事がありますが、もちろん良くない表現ですのであまり使わないようにしましょう。

「出来損ない」

「出来損ない」という言葉には、「不完全で変な出来である様子」という意味があります。

例えば料理の初心者は、不完全な料理や変な料理をたくさん作ってしまいます。

そのため「出来損ないの料理」を数多く作ってしまうでしょう。

「秀逸」の言葉の使い方

「秀逸」という言葉はどのような場面で使えばいいでしょうか。

「秀逸」には、同類の中で抜きんでて優れている事という意味がありますので、そのような物を目にした時に使ってみましょう。

例えばコンクールに参加した作品には、優劣があるでしょう。

中でも特選を受賞するような作品は、応募作の中で抜きんでて優れているため、「秀逸な応募作」と言われます。

また会議の席で同じようなレベルの発言が続く中、誰かの意見が抜きん出て素晴らしい時に、「秀逸な意見」と表現できます。

このように同類の中で抜きんでて優れている作品や言動に対して、「秀逸」という言葉を使ってみましょう。

「秀逸」を使った言葉と意味を解釈

続いて「秀逸」を使った言葉を紹介し、その意味を解釈して行きます。

「秀逸」を使った定型句のような言葉が登場しますので、覚えておくと便利でしょう。

  • 「秀逸な作品」
  • 「秀逸なスレ」

「秀逸な作品」

「秀逸な作品」は、たくさんの作品の中で、抜きん出てすぐれている作品に対して使われるフレーズです。

例えば同年に発表されたミステリー小説の中で特別優れた作品を「秀逸な作品」と言います。

「秀逸なスレ」

「秀逸なスレ」という言い回しは、インターネット上で見られる言葉です。

「スレ」「スレッド」の事で、かつての「2ちゃんねる」などで使われていた言葉です。

「スレッド」には、ネットの掲示板などにおいて、特定の話題やトピックを話し合うための集まりの事を言います。

「スレを立てる」という言い回しもあります。

そして、よいテーマや話題を提案した時、または充実した意見が飛びかったスレッドは、「秀逸なスレ」と呼ばれます。

「秀逸」を使った例文や短文・意味を解釈

「秀逸」という言葉を使った例文を紹介します。

様々な場面における「秀逸」を使った文章を見て、この言葉の使い方のコツを覚えましょう。

  • 例文1
  • 例文2

例文1

「彼の例えは『秀逸』だ」

人が会話をする時、何について話しているかを分かりやすくするため、「例え」を使います。

例えば赤くて丸い事を他の人に伝えたい時に、「りんごみたい」という例えを使います。

そのような例えの中でも、「ものすごく分かりやすい」「センスがある」例えに対して、この例文のように「例えが秀逸」というフレーズで褒め称える事があります。

例文2

「この作品は、A先生の作品の中でも『秀逸』な作品だ」

この例文のように、一人の小説家の作品は、過去の作品と比較されます。

新しい作品を発表する時に、いつも過去の作品と比較されてしまう宿命があります。

中でも抜きん出て優れている作品に対して「秀逸」な作品という称号がつきます。

小説家だけでなく映画監督や俳優は、過去の作品と比較された時に、定期的に「秀逸」と思われるような作品を提供しないと、「終わった」と思われてしまうかもしれません。

「秀逸」と「俊逸」の違い

「秀逸」と似たような雰囲気の言葉に「俊逸」があります。

二つの言葉にはどのような違いがあるでしょうか。

「俊逸」には、「学問や才能などが、人に抜きん出て優れている事」という意味があります。

一方の「秀逸」には、「同類の中で抜きんでて優れている事」という意味があります。

このように二つの言葉はとても似ている事が分かります。

「秀逸」の場合は「同類の中で」という縛りがありますので、その点が二つの言葉の違いと言えるかもしれません。

icon まとめ

「秀逸」という言葉の意味や使い方を見てきました。

この言葉を知る事で、抜きん出て優れた誰かの作品や、抜きん出て優れた誰かの事を思い出したかもしれません。

また会社勤めをしている人は、同期社員の中で「秀逸な社員」になりたいと思ったかもしれません。

日々精進している人は、いつか「秀逸」な存在になれるでしょう。